ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 人権 > 浜松市人権啓発センター > 平成30年度 人権に関する意識調査報告書

ここから本文です。

更新日:2019年3月17日

平成30年度 人権に関する意識調査報告書

1 調査目的

 本市では、人権尊重の意識を高めるために、人権に関するさまざまな施策に取り組んでいます。市民の人権についての意識を把握し、より適切かつ効果的な啓発活動や施策の推進を図るための基礎資料を得ることを目的として本調査を実施しました。

印刷される場合は平成30年度人権に関する意識調査報告書(PDF:5,710KB)をご利用ください。
※容量が大きいため、ダウンロードされる際はご注意ください。

2 調査事項

  1. 人権意識について
  2. 女性の人権について
  3. 子どもの人権について
  4. 高齢者の人権について
  5. 障がいのある人の人権について
  6. 外国人の人権について
  7. 同和問題について
  8. 性的少数者の人権について
  9. その他の人権について
  10. オリンピック・パラリンピックと人権について
  11. 人権に関する取り組みについて
  12. 効果的な啓発活動について
  13. 市民一人ひとりが心がけることについて
  14. 人権について

3 調査実施概要

(1)調査地域 浜松市全域

(2)調査対象 浜松市内に居住する満18歳以上の男女3,000人

(3)抽出方法 住民基本台帳から無作為抽出

(4)調査方法 質問紙郵送法

(5)調査期間 平成30年10月15日~10月31日

(6)実施機関 浜松市人権啓発センター(浜松市健康福祉部福祉総務課)

4 回収状況

発送数

3,000件

回収数

1,256件

有効回収数

1,255件

有効回収率

41.8%

5 報告書内のデータ記述について

(1)比率はすべて百分率で表し、小数点以下第2位を四捨五入して算出しています。そのため、比率の合計が100%にならないことがあります。

(2)回答は各質問の回答数を基数とした百分率(%)で示してあります。

(3)質問の選択肢から複数回答を認めている場合、比率の合計は通常100%を超えます。

(4)図表中の回答選択肢が長文の場合、コンピューターの処理の都合上、省略している箇所があります。

(5)クロス集計の図表については、表側となる設問に「無回答」がある場合、これを表示しません。ただし、全体の件数には含めているので、各分析項目の件数の合計が、全体の件数と一致しないことがあります。

6 回答者の属性

(1)性別
(1)性別

(2)年齢
(2)年齢 

(3)性別・年齢別構成
(3)性別・年齢別構成
(単位:%)

(4)居住区
(4)居住区 

(5)国籍
(5)国籍
その他内訳=ウガンダ1、タイ1、ペルー1

1. 人権意識について へ進む»

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部福祉総務課 人権啓発センター

〒430-0916 浜松市中区早馬町2-1

電話番号:053-457-2031

ファクス番号:053-450-7702

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?