ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > デジタルファースト宣言

ここから本文です。

更新日:2019年10月31日

デジタルファースト宣言

人口減少・少子高齢化社会の到来やインフラの老朽化をはじめとした社会課題が深刻化するなか、AI・ICT等先端技術やデータ活用などデジタルの力を最大限に活かし、都市づくりや市民サービスの提供、自治体運営に“デジタルファースト”で取り組み、持続可能な都市づくりを推進することを宣言します。

令和元年10月31日

浜松市長 鈴木康友

 

デジタルファーストで目指す方向性

データ活用や地域課題解決を通じたイノベーションの活性化

  • データを資源と捉え、新たなビジネスのイノベーションを活性化
  • 地域課題の解決を通じた新たなサービスモデル構築の促進

デジタル化による生産性向上

  • デジタル対応による稼ぐ力の強化
  • 人口減少下における持続可能な地域産業の基盤づくり

デジタル技術やデータの活用による市民生活の快適化

  • 必要なサービスを時間や場所を問わず、最適な形で利用できる市民生活の構築
  • デジタル技術を活用した地域課題の解決

 

3つの戦略

1 「都市づくり」のデジタルファースト【都市の最適化】

  • データや先端技術を最大限に活かし、産業の活性化や都市機能の高度化を目指す“デジタル・スマートシティ”政策を推進し、都市の最適化を図ります。

2 「市民サービス」のデジタルファースト【市民サービス向上】

  • AI・ICT等先端技術を活用し、市民サービスを最適なかたちで提供することで、市民の利便性の向上を目指します。

3 「自治体運営」のデジタルファースト【自治体の生産性向上】

  • AI・ICT等先端技術を活用し業務の効率化や高度化を図るとともに、データ活用による自治体運営により、生産性の向上を目指します。

 

3つの戦略の取組

都市づくりのデジタルファースト【都市の最適化】

  • 官民の分野横断的なデータ連携による都市の最適化
  • 医療・福祉・健康分野のデータ活用による健康寿命延伸
  • ICT活用による交通の最適化
  • ICT活用による中小企業の生産性向上
  • 農林業等各産業分野におけるAI等先端技術の活用
  • プロモーションのデジタルファースト(伝える戦略「3(制作):6(伝達):1(検証)」)

市民サービスのデジタルファースト【市民サービス向上】

  • 行政手続きのオンライン化
  • デジタル技術を活用した問合せ対応
  • 教育分野におけるICT活用
  • 多様な市民ニーズに合わせた行政情報の提供
  • ICT活用による多言語対応
  • 電子決済の推進

自治体運営のデジタルファースト【自治体の生産性向上】

  • AI・ICT活用による業務効率化
  • オープンデータの推進
  • クラウド利用の推進
  • データ活用による自治体経営
  • デジタル人材の育成
  • 働き方改革の推進

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所総務部秘書課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2008

ファクス番号:053-457-2235

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?