ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > デジタル・スマートシティの推進 > 浜松市モビリティサービス推進コンソーシアム

ここから本文です。

更新日:2020年5月22日

浜松市モビリティサービス推進コンソーシアム

モビリティサービス推進コンソーシアム


設立の目的

人口減少・超高齢化社会において官民連携及び異業種連携によりモビリティサービスを推進し、地域の移動手段の確立や移動とサービスの連携による地域の活性化を通じ、持続可能な都市づくりを目指すため「浜松市モビリティサービス推進コンソーシアム」を設立しました。

(令和2年4月1日設立)

取組内容

  • 会員主導のプロジェクトの募集や創出支援
  • 会員による実証実験や実装に向けた取組への支援(フィールドの提供等)
  • 先進事例や会員の取組の共有
  • 研究会の開催
  • その他設立の目的に資する取組

体制・会員種別

共同幹事 浜松市、遠州鉄道株式会社、スズキ株式会社
アドバイザリー会員 MONET Technologies株式会社
一般会員 設立目的に賛同し、共にモビリティサービスの社会実装を目指す会員

一般会員(5月20日現在)

 SBテクノロジー株式会社、遠州トラック株式会社、株式会社オルトア、株式会社杏林堂薬局、株式会社KYOWAエンジニアリングラボラトリー、株式会社JTB浜松支店、ジョルダン株式会社、鈴木ソフトラボラトリー合同会社、ソフトバンク株式会社、損害保険ジャパン株式会社、中部電力株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、常盤工業株式会社、凸版印刷株式会社浜松営業所、株式会社トラジェクトリー、株式会社中村組、浜松鋼板加工株式会社、一般社団法人浜松全力応援団、株式会社日立ソリューションズ、不二総合コンサルタント株式会社、株式会社フジヤマ、丸紅株式会社、三井住友海上火災保険株式会社浜松支店、一般社団法人ヤマトグループ総合研究所、ヤマハ発動機株式会社、株式会社レンティック中部(50音順)

会員の募集

募集する会員

一般会員(設立の趣旨に賛同し、共にモビリティサービスの社会実装を目指す会員)

入会金・会費

無料(一部の活動において参加負担金を徴収することがあります。)

会員申込

次の入会申込フォームより申込ください。

 

要綱

 

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所デジタル・スマートシティ推進事業本部 

〒430-0929 浜松市中区中央一丁目12-7

電話番号:053-457-2454

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?