緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 行政区の再編について

ここから本文です。

更新日:2022年5月25日

行政区の再編について

区再編(案)の決定

令和3年5月の市議会行財政改革・大都市制度調査特別委員会において、区再編(案)における市民サービス、住民自治の基本的な考え方が決定しました。

令和5年2月に区設置等条例の議決を得て、令和6年1月1日に新区への移行を予定しています。
今後とも、区再編に対するご理解とご協力をお願いいたします。

浜松市区再編(案)パブリック・コメント実施結果

令和3年12月の市議会行財政改革・大都市制度調査特別委員会において区割り案が内定されたことから、再編後のサービス提供体制、住民自治の姿とあわせ、区再編(案)として令和4年1月17日から2月15日にかけて皆様からご意見を募集しました。
その結果、市民等327人・5団体から792件のご意見が寄せられましたので、それらのご意見とご意見に対する市の考え方及び区再編(案)の修正版を公表いたします。

目次

1_区割り案

2_再編後のサービス提供体制・住民自治の姿
(1)地域拠点の名称、位置、業務内容等
(2)主要組織(福祉)の基本的な方向性
(3)主要組織(土木)の基本的な方向性
(4)主要組織(防災)の基本的な方向性
(5)デジタル化の基本的な方向性
(6)協働センターのコミュニティ支援の充実
(7)住民自治(協議会の体制)

参考資料_目次

(1)特別委員会の主な協議経過
(2)区割り案内定までの工程
(3)区割り案の選定理由

区再編の意義・目的

人口減少や少子高齢化などにより激変する社会経済状況や市民ニーズにあわせ、市の裁量で臨機応変にサービス提供体制や職員配置を最適化できる仕組みを構築することが区再編の目的です。
区再編により、単に現状のサービスを維持するだけでなく、協働センター等の機能を充実させることにより、サービスをより一層向上させるような取組をあわせて推進してまいります。


再編に関する協議の経緯について、区役所の区振興課、協働センター、ふれあいセンター、図書館に「区制度の検討について(閲覧用)」ファイルを配架しています。

区再編の検討の主な経緯

区再編の今後のスケジュール

令和4年度の検討の状況

令和元年度~3年度の検討の状況

浜松市区の再編に関する住民投票について

平成30年度(住民投票)以前の検討の経緯

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所区再編推進事業本部 

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2123

ファクス番号:050-3730-1867

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?