防災  警戒宣言

トップページ  >>  防災  >>  警戒宣言

東海地震に関する情報

気象庁では東海地震が前もってわかるように地震や地盤の観測データを24時間みています。東海地震に関する情報は三種類あり、危険度が低い情報から順に「東海地震に関連する調査情報」→「東海地震注意情報」→「東海地震予知情報」となります。

東海地震観測情報

東海地震に関連する調査情報(定例)

毎月の定例の判定会で評価した調査結果が発表されます。日ごろから、東海地震への備えをしておきましょう。

東海地震に関連する調査情報(臨時)

観測データに通常とは異なる変化が観測された場合、その変化の原因についての調査の状況が発表されます。テレビ・ラジオ等の最新の情報に注意して、平常通りお過ごしください。

東海地震注意情報

東海地震の前触れである可能性が高まった時は、「東海地震注意情報」を発表します。この段階で、学校の生徒などが家に帰る準備を始めます。
判定会の開催

判定会の開催

東海地震予知情報の発表の検討が必要になった時は、「地震防災対策強化地域判定会」を開きます。判定会の地震学者が、東海地震が起こるかを決めます。
警戒宣言発令

警戒宣言発令(東海地震予知情報)

判定の結果、東海地震の発生のおそれがあると判断したら、「東海地震予知情報」が発表されます。気象庁長官が内閣総理大臣に報告します。内閣総理大臣は閣議で決定した後、「地震防災対策強化地域(静岡県など)」に「警戒宣言」を発令します。

「警戒宣言」ここがポイント

「警告」と「指示」の2つの意味があります。「警戒宣言」とは「2~3日のうち(または数時間のうち)にマグ ニチュード8くらいの大地震(東海地震)が起こって、静岡県に震度6弱より上の地震が来る」という警告です。そして「大きな地震が起こることに備えて、準備をしてください」という指示です。

警戒宣言発令の伝え方

テレビ・ラジオ
テレビ・ラジオ
広報用スピーカー
広報用スピーカー・サイレン
サイレン 広報車
広報車
サイレンの鳴り方 45秒鳴らして15秒休むのくりかえし
注) 間違えやすいサイレン(火災警報発令信号)30秒鳴らして6秒休む
電気・ガス

電気・ガス

使えますが、使わないようにしましょう。
水道

水道

使えますが、普段から水をためておきましょう。
電話

電話

使えますが、使わないようにしましょう。
鉄道

鉄道

近くの駅までゆっくり走って止まります。
バス

バス

走るのをやめます。
道路

道路

避難する道を空けておくために協力します。入ってはいけない所があります。車に乗っているときは ゆっくり走って、カーラジオで聞いた通りにしてください。車を置いて逃げるときは、道路の外に車をとめてください。道路に置いて逃げるときは、左側に寄せて、キーをつけて、窓を閉めてください。
学校

学校

幼稚園や学校は終わります。子どもはすぐに帰ります。父や母に渡します。
病院

病院

診てもらえません。
銀行

銀行

営業しません。ATMは使える所があります。
デパート・スーパー

デパート・スーパーなど

営業しません。
コンビニ

コンビニ

できるかぎり営業します。

私たちの行動は?チャートでチェック

チャートでチェック
★警戒宣言が出ているときは家の外安全な場所に逃げてください。
★逃げる所(避難地)へは車で行かないでください。

私たちがすること

1.正しい情報をつかむ

テレビやラジオをよく聞いてください。

2.火の始末

ガスの元栓を閉めます。プロパンガスはボンベのバルブをしめてください。
コンセントを抜いて、ブレーカーを切ります。
火を使うときは、そばにいて注意してください。

3.動きやすい服にする

動きやすい服にします。
防災ずきんやヘルメットをかぶります。
靴を履いてください。

4.水と消火の準備

バケツや風呂に水をためます。 消火器の使い方を確認してください。

5.家の中の整理

棚の上から物をおろします。 窓ガラスにガムテープをはります。 出入口を確認してください。

6. 非常持出し品を確認する

必要なものが入っているか確認してください。 毛布や寝袋も入れてください。