カナルはままつ やさしい日本語

カナル・ハママツ > 防災 > 地震とは?

ここから本文です。

ふりがなを振る / 戻す(PC)

更新日:2021年2月15日

地震とは?

東海地震の仕組み

大きな地震はこうして起こります。

地震の仕組み地球の表面は、プレートと呼ばれる10数枚のブロックで出来ています。それが地球の中のマントルの動きで少しずつ動いています。そのため、プレート同士がぶつかったり下に入ったりして山脈・海溝の形を作ります。そして火山や地震を起こします。
静岡県の南の海の底では、南の方から来たフィリピン海プレートが、陸の方のユーラシアプレートを引きずりながら、下に入っています。その時のひずみが限界になったとき、ユーラシアプレートが跳ね上がって地震が起きます。これが予想されている東海地震です。
東海地震のことが発表されたのは1976年です。安政という時代に東海地震が起こったのは1854年です。同じ所で100年から150年の間で大きな地震が起こっています。「その時」は近づいています。

気象庁震度階級関連解説表(気象庁で出されている震度の階級を表しているものです)

震度階級 人間の感じ方 家の中の様子 外の様子
 0 人は揺れを感じない。地震計には記録される。    
 1 家の中にいる少しの人が、少し揺れを感じる。    
 2 家の中にいるたくさんの人が、少し揺れを感じる。眠っている少しの人が目を覚ます。 家の中につり下がっている物が少し揺れる。  
 3 家の中にいるほとんどの人が、揺れを感じる。歩いている人の中には、揺れを感じる人もいる。眠っている人の半分以上が、目を覚ます。 棚にある食器が音を立てることがある。 電線が少し揺れる。
 4 ほとんどの人が驚く。歩いている人のほとんどが、揺れを感じる。眠っている人のほとんどが、目を覚ます。 家の中につり下がっている物が大きく揺れる。棚にある食器が音を立てる。
置物が倒れることがある。
電線が大きく揺れる。自動車を運転していて、揺れに気付く人がいる。
5 弱 半分以上の人が怖いと感じ、物につかまりたいと感じる。 家の中につり下がっている物がすごく揺れる。食器や本が落ちることがある。
置物がたくさん倒れる。固定していない家具が動くことがある。 不安定なものは倒れることがある。
窓ガラスが割れて落ちることがある。
電柱が揺れるのがわかる。
道路が壊れることがある。
5 強 半分以上の人が物につかまらないと歩けなくなる。 食器や本が落ちる。
テレビがテレビ台から落ちることがある。
固定していない家具が倒れることがある。
窓ガラスが割れて落ちることがある。
補強されていないブロックの塀が壊れることがある。
自動販売機が倒れることがある。
車の運転が難しくて、たくさんの車が止まる。
6 弱 立っているのが難しくなる。 固定していない家具の半分以上が動いたり、倒れる。ドアが開かなくなることがある。 たくさんの建物で、壁のタイルや窓ガラスが壊れて落ちる。
6 強 立っていることができない。はわないと動くことができない。飛ばされることもある。 固定していない家具のほとんどが動いたり、倒れる。 たくさんの建物で、壁のタイルや窓ガラスが壊れて落ちる。
補強されていないブロックの塀のほとんどが壊れる。
 7 立っていることができない。はわないと動くことができない。飛ばされることもある。 固定していない家具のほとんどが動いたり、倒れる。飛ぶこともある。 建物の壁のタイルや窓ガラスが壊れて落ちる建物が、さらに多くなる。
補強されているブロックの塀も壊れる。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?