防災  台風や大雨について

トップページ  >>  防災  >>  台風や大雨について

台風や集中豪雨が近づいてきたら

台風は、毎年必ず日本にやってきて、いろいろな所に被害が出ます。備えは十分ですか。
台風や大雨が近づいたときの、チェック項目と備えについて、次にまとめました。家のまわりは普段から気をつけてください。壊れているところは早く修理しましょう。

家の外のチェックポイント

屋根

  • 瓦のひび割れ・ズレ・はがれはありませんか。
  • トタンのめくれ・はがれはありませんか。

雨どい・雨戸

  • 雨どいに落ち葉や土砂がつまっていませんか。継ぎ目のはずれや、塗装のはがれ、腐りはありませんか。
  • 雨戸に、がたつきやゆるみはありませんか。

外壁

  • モルタルの壁に亀裂はありませんか。
  • 板壁に腐りや浮きはありませんか。
  • プロパンガスのボンベは固定されていますか。

ベランダ

  • 鉢植えや物干しざおなど、飛んでいきそうなものは家の中へ入れます。

窓ガラス

  • ひび割れ・窓枠のがたつきはありませんか。また、強い風で物が飛んでくることに備えて、外側から板でふさぎましょう。

ブロックの塀

  • ひび割れや壊れている所はありませんか。

家の中での備え

  • 停電に備えて、懐中電灯や携帯ラジオを準備します。
  • 水が止まることに備えて、飲み水を確保します。
  • 避難に備えて、非常持出し品(貴重品など)を準備します。
  • 台風や雨・風の気象情報を注意して聞きます。
  • 外出しない。外出したら早く帰ります。
  • 水が家の中に入ってくるかもしれない所は、家の中のものを高い所へ移します。
  • 老人、赤ちゃんや子ども、病人、障害者は安全な所(部屋)にいましょう。
  • 家族で避難場所や、離れたときに連絡する方法を確認します。

洪水のときの避難のポイント

  • ヘルメットや防災ずきんをかぶる。くつは、長靴より、ヒモで締められる運動靴を履きます。
  • はぐれないようにお互いの体をロープで結んで避難する。子どもから目を離さないでください。
  • 水につかった所を歩くときは、長い棒を杖として使い、水の中の安全を確認しながら歩きます。
  • 老人や病人は背負う。子どもには浮輪をつけさせて安全を確保します。
  • 歩ける深さは男の人で約70cm、女の人で約50cmまでです。水の深さが腰まであるなら、無理をしないで高い所で救援を待ちましょう。

風水害の基礎知識

台風と熱帯低気圧の違いは

熱帯地方で発生した低気圧が熱帯低気圧です。台風は、そのうち最大風速が毎秒約17mより速く(風力8=17.2m/s)になったものです。熱帯低気圧でも雨は広い範囲に大きな被害を残すことがあります。台風と同じように警戒してください。

集中豪雨とは

集中豪雨とは、短い時間で狭い地域に集中してたくさんの雨が降ることです。梅雨や台風の時期に起こることが多いです。狭い地域に限定して起こるので、予測が難しいです。山沿い、河川敷、扇状地、造成地に住む人は特に警戒してください。また都市に起こるような水害も増えています。都市の周りに住む人も充分気をつけてください。

高潮とは

高潮とは、台風や熱帯性低気圧が通るとき海面が高くなる現象です。満潮や大潮のときに台風が近づくととても危険です。海の近くに住む人は充分警戒してください。

注意報と警報の違いは

注意報は災害の起こるおそれのあるときに、発表されます。警報は重大な災害が起こるおそれのあるときに、発表されます。「警報ではなく注意報だから平気」ということはありません。いつもテレビ・ラジオで正しい情報を集めましょう。そして、適切な対応ができるように備えましょう。

キャンプでの注意

夏に、家族でキャンプをすることも多いです。しかし、突然変わる自然の恐さをわかっていないといけません。取り返しのつかない事故になります。次の心得を参考に、安全にキャンプを楽しんでください。

1)自然の中では、自分の身は自分で守ります。
2)自然を甘く見ないでください。最悪の事態に備えて行動しましょう。
3)出発前はもちろん、現地でも気象情報を必ずチェックします。
4)テントは川や海から離れた高い所に張りましょう。がけ下や中洲には絶対に張ってはいけません。
5)雷が鳴ったり雨が降り始めたら、急いで安全な所に移動します。
6)市役所、消防、警察の指示に従います。地元の人の話もよく聞きましょう。

土砂災害への備え

台風、集中豪雨によって、土砂災害が起こりやすくなります。土砂災害が起きるときには、次のような前ぶれ現象が見られることがあります。危険な所に住む人は見逃さないでください。

土砂災害の種類と前ぶれ現象

がけ崩れ

がけ崩れは、地面にしみ込んだ雨水で柔らかくなった土砂が、斜面から突然崩れ落ちる現象です。あっという間に崩れ落ちるので、被害が大きくなります。1時間に20mmより多く雨が降ったときや、100mmより多い雨が降り続いたときは危ないです。雨が上がった後も警戒しましょう。

前ぶれ現象
  • がけからの水が濁ります。
  • がけに亀裂が入ったり、小石が落ちてきます。
  • がけから音がします。

土石流

土石流は、谷や斜面にたまった土・石・砂が、大雨と一緒に一気に流れ出す現象です。 スピードが速く、破壊する力が大きいので、広い範囲に大きな被害が出ます。

前ぶれ現象
  • 山鳴りがします。
  • 雨が降り続いているのに、川の水が減ります。
  • 川が濁ったり、木が流れてきます。

地すべり

地すべりは、ゆるやかな斜面で地中の粘土層がゆっくりと動く現象です。一度に広い範囲で起きるので、大きな被害が出ます。

前ぶれ現象
  • 地面にひび割れができます。
  • 井戸や沢の水が濁ります。
  • がけや斜面から水が吹き出します。