ホーム > 防災・消防 > 防災 > 浜松市の防災対策 > 自主防災隊のページ

ここから本文です。

更新日:2018年8月31日

自主防災隊のページ

平成29年度津波避難訓練実施について

 静岡県では、東日本大震災が発生した3月11日を含む10日間(3月6日から3月15日)を、津波対策推進旬間と定めており、本年度は3月11日(日曜日)を統一実施日として、本市及び自主防災隊においても沿岸地域及び津波浸水区域での津波避難訓練を実施し、津波に対する正しい知識の普及を図るとともに、緊急避難場所・避難経路の点検等を通じて津波避難における課題を再確認し、解決を図る契機としています。

平成29年度地域防災訓練実施予定一覧

 1944年(昭和19年)12月7日に、紀伊半島の南東沖を震源とする東南海地震が発生しました。この地震は、県内各地にも大きな被害をもたらし295人の犠牲者を出しました。また、1983年(昭和58年)には、日本海中部地震が発生し、約3000戸の住家被害や死者100名に及ぶ津波被害が生じました。
 これらの教訓を活かす訓練として、地域防災訓練は1983年(昭和58年)に始まり、また、1986年(昭和61年)からは12月の第1日曜日を「地域防災の日」と定め、各地域の自主防災組織が中心となった訓練を行っており、今年で35回目となります。積極的に地域の訓練に参加し、防災力を高めていきましょう。

※ 訓練開催日時や場所については各地区ごと異なりますので、回覧や各自治会へご確認ください。

※ 情報をいただけた地域に関しましては、下のPDFファイルに格納してありますので、ご確認ください。

 各地域別訓練実施日(PDF:571KB)(更新日11月28日)

平成30年度総合防災訓練実施予定一覧

 平成30年8月30日(木曜日)から9月5日(水曜日)まで「防災週刊」となっています。9月の第一日曜日(今年は9月2日)は「防災の日」です。突発地震を想定し、各地域で防災訓練が行われます。
 防災について考える良い機会ですので、訓練に参加したり、我が家の防災対策を見直したりしましょう。

 各地域別訓練実施日()(PDF:308KB)(更新日8月31日)

自主防災隊とは

防災関連資料

防災訓練計画、回覧の作成例や防災に関する情報を掲載しています。

訓練・活動事例紹介

避難所運営訓練

泉自主防災隊(中区)(PDF:1,015KB)

津波避難訓練

村櫛町自主防災隊(西区)(PDF:2,748KB)

要援護者避難支援訓練

米津町自主防災隊(南区)(PDF:671KB)

防災隣組の編成

小松八幡自主防災隊(浜北区)(PDF:218KB)

救済井戸の共同利用

小松尾島自主防災隊(浜北区)(PDF:226KB)

地域で取組む継続した防災

大久保町自主防災隊(西区)(PDF:164KB)

タオルで迅速な安否確認

広沢自主防災隊(中区)(PDF:295KB)


このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所危機管理監危機管理課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2537

ファクス番号:053-457-2530

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?