緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2021年12月22日

自主防災組織活動費補助金

自主防災組織とは

南海トラフ巨大地震等の災害や大規模な風水害から自分の命はもちろん、家族の命や財産を守るためには、普段から十分な対策をしておくことが必要です。しかし、ひとたび大地震が発生すると災害の拡大を防ぐには、個人や家族だけでは限界があり、危険や困難を伴います。
このような時、毎日顔を合わせている隣近所の人たちが集まって、互いに協力しあいながら、防災活動に組織的に取り組むことが必要です。
災害発生時はもちろん、日頃から地域の皆さんが一緒になって防災活動に取り組むための組織、これが「自主防災隊」です。
浜松市では、おおむね自治会ごとに結成されています。平常時には地域の危険箇所の確認や各種の防災訓練を通じて大規模災害に備え、災害が発生したときには地域のみんなで人命を守り、災害の拡大を防ぐよう活動します。また、開設された市の避難所の運営に避難民や市の職員と協力してあたります。

自主防災隊資機材等整備費補助金とは

浜松市内の自主防災組織(浜松市自主防災隊連合会に届出されている単位自主防災隊)が防災活動のための事業を行うにあたって、その事業に要する経費の一部を補助する制度です。補助の対象事業は、自主防災組織が行う資機材の購入や整備、及び防災活動上必要な事業の経費と、防災資機材を格納する防災倉庫の整備に要する経費です。

 

1.活動事業費

2.倉庫整備費

補助対象

  • 防災資機材購入費
  • その他消耗品費
  • 印刷製本費
  • 防災倉庫・防災資機材の修繕費
  • 使用料・手数料
  • 防災倉庫整備(新設・更新・移設)
  • 修繕は活動事業費を超える経費を要する場合は、倉庫整備事業とすることができる。

補助金額

当該補助事業にかかる経費の3分の2以内の金額(千円未満切捨て)。ただし定額(5万円)+自主防災組織活動費補助金算出世帯数基準に定める算出世帯数×70円を上限とする。

当該補助事業にかかる経費の2分の1以内の金額(千円未満切捨て)。ただし20万円を上限とする。

急激な人口増加等に伴い、新しく新設された自主防災隊の初期段階の育成を図るため、防災倉庫や防災資機材の整備に係る事業費に対する補助制度があります。ただし既存の隊からの分割等で結成された自主防災隊は対象外です。詳しくは浜松市役所危機管理課までお問い合わせください。

補助金交付要綱及び申請書等(様式集)​​​​​​

浜松市自主防災隊資機材等整備費補助金交付要綱(PDF:331KB)

様式集(申請書等)(Word:367KB)

​​持参する場合

最寄りの区役所の区振興課又は協働センターの地域振興課

送・FAXの場合

下記お問合せ先(提出先)までご提出ください。

※申請等に関しては提出期限や提出方法等、各区で決められている運用ルールに従ってください。

お問い合わせ先(提出先)

  • お住まいの区役所の区振興課
  • お住まいの協働センターの地域振興課

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所危機管理監危機管理課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2537

ファクス番号:053-457-2530

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?