閉じる

見方を変えると、発想が変わる、仕事が変わる。

ものづくりの集積地 脈々と受け継がれるものづくり技術 産業都市、はままつ

豊富な人材 未来をリードする人材の宝庫 人口80万人都市はままつ

自然と都市の共存 日本の「国土縮図型都市」実証実験の最適地

良好な交通アクセス 日本のどまんなか、楽々アクセス ビジネスを支える豊富な交通網

一流に遊び、一流に働く 本州最後の楽園と呼ばれる所以が、ここにある

見方を変えると、発想が変わる、仕事が変わる。

ものづくりの集積地 脈々と受け継がれるものづくり技術 産業都市、はままつ

豊富な人材 未来をリードする人材の宝庫 人口80万人都市はままつ

自然と都市の共存 日本の「国土縮図型都市」実証実験の最適地

良好な交通アクセス 日本のどまんなか、楽々アクセス ビジネスを支える豊富な交通網

一流に遊び、一流に働く 本州最後の楽園と呼ばれる所以が、ここにある

ここから本文です。

NEWS

新着情報

FACEBOOK

INTERVIEW

インタビュー記事

30代以上で起業するメリットとは?
浜松市が「R30ベンチャー」に適している理由

浜松を舞台に30代で「起業」や「第二創業」に挑戦した経営者3人に、30代で起業するメリットや浜松という土地の魅力について、本音で語ってもらいました。

記事を見る
kenkou

「健康寿命」も「幸福度」も1位!浜松市が暮らしやすい理由とは?

これからの人生100年時代には、「健康」も見過ごせません。
「快適な暮らし」と「健康」、この両方で高い満足度を実現しているのが浜松市です。
「大都市の健康寿命」では、 2010年、2013年に続き、2016年も浜松市が1位。
いったいなぜ、浜松市では健康で快適に暮らせるのでしょうか?

記事を見る
bizreach

ビズリーチ代表・南壮一郎氏と鈴木康友浜松市長が語る。地方ビジネスの可能性と、浜松でならできること

浜松をベンチャーの聖地にしようと奮闘する鈴木市長と、浜松で青春時代を過ごし、今地方にも目を向ける株式会社ビズリーチの南社長が対談。
浜松がベンチャーの聖地になるために必要なことや、地方が持つ可能性、地方自治体ができることなど、多岐にわたって語り合ってもらいました。

記事を見る
photo

チャンスは浜松にある?日本で「ものづくりベンチャー」が成功するために必要なこと

ものづくりベンチャーの支援を行う株式会社リバネスの佐野卓郎氏と、浜松市に本社を構える大企業、ヤマハ株式会社の畑紀行氏、スズキ株式会社の熊瀧潤也氏の3人が、「ものづくりベンチャー」をテーマに鼎談を実施。
前編ではものづくりベンチャーの課題や現状、起業のためのサポートなどを中心に話が進みました。

記事を見る
photo2

「ものづくりベンチャー」が浜松市で創業するメリットとは?

第4次ベンチャーブームともいわれる現在、起業しやすい環境が整ってきています。そんななか、ベンチャーキャピタルなどが特に注目しているのが「ものづくりベンチャー」。
浜松の特徴や風土から、ものづくりベンチャーがこの地で起業するメリット、大企業や行政のバックアップまで、さまざまな話題で盛り上がりました。

記事を見る

RELATED LINKS

関連リンク

写真提供:株式会社こころ、株式会社NOKIOO、株式会社filments

浜松市のベンチャー支援制度に関して、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ窓口はこちら

ページの先頭へ