トップ > 【第1期】令和元年度採択プロジェクト紹介

ここから本文です。

【第1期】令和元年度採択プロジェクト紹介

浜松市実証実験サポート事業では、令和元年度に、次の5社を第1期の支援先として採択し、実証実験の支援を継続して行っています。

 

 

 

実証実験の場所等の詳細が決定し、リリースできる準備が整った実証実験プロジェクトから、順次詳細情報を掲載していきます。

 

株式会社ムジカル「音楽文化プラットフォーム実証プロジェクト」

概要

ムジカルロゴ

株式会社ムジカル(別ウィンドウが開きます)

 

音楽の都浜はままつで、演奏家と演奏を聴きたい人を結びつける地域限定の生演奏マッチングプラットフォームを構築することにより、音楽文化醸成を促進する。

取組状況

浜松市版「Musicalu」がリリースされました!(別ウィンドウが開きます)

ムジカルイメージ同社が立ち上げた、演奏家と個人や企業をマッチングするプラットフォーム

「Musicalu」の浜松市版ブラウザサイトがローンチしました。

 

 

 

 


ムジカル大山氏同社の浜松市での実証実験がライフハッカー(日本版)の記事になりました。大山代表の取り組みにかける思いが大変よく伝わる内容ですので、是非ご覧ください。

 

 

 

 

株式会社FromTo「お試し移住プラットフォーム「flato」実証プロジェクト」

概要

FromToロゴ 株式会社FromTo(別ウィンドウが開きます)

 

フリーランサーを主なターゲットとするお試し移住サービス「ふらっと住」を浜松市を舞台に展開し、移住に関する情報等が集うプラットフォームを形成する。

取組状況

FromToイメージ令和2年2月~3月にかけて、同社のお試し移住サービス「ふらっと住」体験キャンペーン第1弾が浜松市で行われました。このキャンペーンを通じ、2名の方が、浜松市で「ふらっと住」を体験しました。

 

 

 

 

本実証実験サポート事業により、立ち上げを支援しているオンライン移住相談サービス「flato」(別ウィンドウが開きます)の一部の機能がリリースされました!

 

 

PerceptIn Japan合同会社「自動運転システム実証プロジェクト」

概要

PerceptIn JapanロゴPerceptIn Japan合同会社(別ウィンドウが開きます)

 

独自の自立走行制御システム(GPSとコンピュータビジョンと様々なセンサー等を複合的に活用)を用い、LSEV(低速電動車両)による公道での自動走行の実証実験を実施する。

取組状況

令和2年11月、浜松市天竜区水窪町にて自動運転の実証実験を実施します!

詳細は、自動運転の公道実証のご紹介ページ(別ウィンドウが開きます)をご覧ください。

 

 

株式会社Z-Works「IoTセンサーによる健康寿命延伸プロジェクト」

概要

Z-Works株式会社Z-Works(別ウィンドウが開きます)

 

 

非接触のIoTセンサーで要介護者の状態・行動を把握できるシステム「LiveConnect」を在宅等で活用し、健康状態の悪化を予防できるか検証を行う。

 

 

 

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社「排泄予測デバイス「DFree」を活用した医療・介護の質向上プロジェクト」

概要

トリプル・ダブリュー・ジャパンロゴ トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社(別ウィンドウが開きます)

 

医療機関もしくは老健施設において、超音波センサーにより排尿リズムを見える化するデバイス「DFree」を用いた排泄ケアを実施し、対象者のQOLの維持・向上の効果を検証する。

 

 

お問い合わせ

浜松市役所産業部産業振興課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2044

ファクス番号:053-457-2283

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • HAMACT
  • はままつ起業家カフェ
  • SOU
  • ハマライフ
  • 浜松だいすきネット
  • マリンスポーツ
  • イノベ機構