緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 子育て・教育 > 子育て・青少年・若者 > 子どもの未来サポート事業(子どもの貧困対策の取り組み)

ここから本文です。

更新日:2021年7月12日

子どもの未来サポート事業(子どもの貧困対策の取り組み)

令和元年に厚生労働省から発表された「国民生活基礎調査」によると、一定の所得水準以下で生活する子どもの割合を示す「子どもの貧困率」は13.5%と、およそ7人に1人が困窮していることが分かりました。とりわけ、ひとり親世帯では、子どもの貧困率が48.1%となり、2人に1人が経済的な困難さを抱えています。

家庭の生活困窮がもたらす生活環境の悪化や教育機会の制限、体験機会の喪失などは、子どもの意欲や社会的なつながりを弱め、学力、生活習慣、社会性などの将来を切り開く力の習得に影響を及ぼし、子どもの将来の自立を難しくしてしまいます。これらは子ども自身や家庭の力のみで解決することが難しいため、行政はもちろんですが、子どもに関わる様々な主体が連携して、困難な状況にある子どもとその家庭を支援する必要があります。

浜松市では、子どもの将来が生まれ育った環境に左右されず、貧困が世代を超えて連鎖することがないよう、必要な環境整備や教育の機会均等などの対策に取り組んでいます。

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所こども家庭部子育て支援課

〒430-0933 浜松市中区鍛冶町100-1 ザザシティ浜松中央館5階

電話番号:053-457-2792

ファクス番号:053-457-3011

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?