環境、医療、防災の魅力

ふれあい支え合う 暮らしやすさにハマる

静岡県西部に位置する浜松市は、東京・名古屋・大阪からのアクセスが良く、年間を通じて温暖な気候に恵まれています。
海の幸と大地の幸にあふれた暮らしや、質量ともにトップクラスの救急医療体制による24時間安心な暮らしなど、抜群の暮らしやすさを誇ります。

ここから本文です。

日本のど真ん中、楽々アクセス

環境、医療、防災の魅力1

浜松駅からは、毎時概ね2本の新幹線が発車(うち1本はひかり)、東京・大阪へは約90分、名古屋へは約30分で行くことができます。

それに、新東名高速と東名高速の8つのインターチェンジ、無料の三遠南信道により、車でのアクセスも良好です。

近隣には中部国際空港や静岡空港も立地するなど、新幹線・高速道路・空港の3拍子が揃っている浜松からは、日本のどこに行くにも便利です。

また、市内には、鉄道(JR東海道本線、JR飯田線、遠州鉄道、天竜浜名湖鉄道)、路線バス(遠鉄バス、浜松バス、秋葉バス)の運行もあり、車を使わない生活が可能な地域も多くあります。

日当たり良好!太陽の恵み日本一

環境、医療、防災の魅力2

浜松の年間の日照時間は、全国第2位を誇ります。
(気象庁発表の全国気候表の直近10年間の平均)

東京と比べて約16%も多いことからも、浜松の日当たりの良さが分かります。

太陽いっぱいの暮らしは、大人も子どもも元気いっぱい、みんなの前向きな気持ちや笑顔の源になっています。

地域医療の見本となる先進の医療体制

環境、医療、防災の魅力3

浜松では、1次救急(入院や手術を必要としない軽症者)に対応する夜間救急室から、医師が自宅待機する1.5次救急、7つの総合病院が輪番制で対応する2次救急、3病院の救命救急センターによる3次救急までが緊密に連携しています。

医師会、病院、救急隊、行政の協働により全国に先駆けて整備されたこの救急医療体制は「浜松方式」と呼ばれ、365日・休日なしの救急医療システムを実現しています。

いつまでも元気でいきいき

環境、医療、防災の魅力4

浜松市は、厚生労働省の研究班が調査した大都市別の健康寿命が2010年、2013年に引き続き2016年も男女とも第1位になりました。

健康寿命の長さの要因は、気候が温暖で日照時間が長いこと、豊富な旬食材を手に入れやすいこと、仕事や地域活動で社会参加がしやすこと、医療体制が充実していることなどが考えられています。

これらは、浜松がとても暮らしやすい都市であることを、示してくれています。

備えは万全!災害に強いまち

環境、医療、防災の魅力5

浜松市では、津波による甚大な被害を防ぐため、遠州灘海岸に高さ13メートル、総延長17.5キロメートルの防潮堤を建設中のほか、各所に津波避難マウンド・タワーを設置しています。

被災時の緊急情報などを携帯電話に配信するサービス「浜松市防災ホッっとメール」や、いざというときに避難所を検索できる、スマートフォン用の「浜松市防災アプリ」も用意しています。

また、7つの消防署、19の出張所、消防ヘリコプターを備え、常時の消防体制も万全です。