緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 市長の部屋

ここから本文です。

市長の部屋

  • 2021年7月差し替え2
  • 2021年7月差し替え1

ご挨拶

本年は、「未来へつなぐ持続可能な社会への挑戦」をテーマとし、三つの「まちづくり」を中心とした市政運営に取り組んでまいります。

一つ目は、「若者がチャレンジできるまち」です。
地元産業力の強化を図り、誰もが働きやすい環境づくりを促進することにより、子育て世代などの生活基盤を安定させ、若者世代の転入促進などによる社会移動の均衡を目指してまいります。

二つ目は、「子育て世代を全力で応援するまち」です。
結婚・妊娠・出産・子育てに関する施策を総合的に推進し、次代の浜松を担う子供たちを安心して産み・育てられるまちを目指し、デジタルを活用した情報提供および相談体制の充実や放課後児童会の待機児童解消など、よりよい子育て・教育環境づくりを進めてまいります。

三つ目は、「持続可能で創造性あふれるまち」です。
AIの活用による交通事故対策、行政サービスのデジタル化推進など、デジタルの力により、安全・安心で利便性の高い市民生活の実現に向けて取り組んでまいります。さらに、2050年CO2排出実質ゼロの実現に向けて、再生可能エネルギーの導入促進や省エネルギーの推進を図るなど脱炭素の取り組みを推進してまいります。

以上のように、前例にとらわれず、失敗を恐れずにチャレンジし、デジタルを最大限に活用して、多くの市民の皆さまが参加し支え合う持続可能な共助型社会をあらゆる分野で構築してまいりますので、本年もご理解とご協力をお願い申し上げます。

浜松市長 鈴木康友

新着情報

市長について

浜松の前身、東照宮の「二公像」

浜松城の前身、引間城の跡地に建つ東照宮に「二公像(家康公・秀吉公)」が設置されています。

幼少期の豊臣秀吉も引馬城を訪れたという記録も残ることから、天下人となった家康公と秀吉公の2人の武将が訪れた場所ということで、パワースポットとして話題になっています。 2人の間に立ち写真を撮ると、出世運がうなぎのぼり!