ホーム > 産業・ビジネス > 産業振興 > 林業 > 浜松市の林業 > FSC森林認証 主な活動経過(2)

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

FSC森林認証 主な活動経過(2)

はままつのFSC森林認証
FSCメニュー1 FSCメニューバー FSCメニュー2 FSCメニューバー FSCメニュー3 FSCメニューバー FSCメニュー4s FSCメニューバー FSCメニュー5

 

“山の日”制定記念イベント「山で遊ぶ休日」を開催しました

 平成28年から国民の祝日「山の日」になった8月11日、浜松市では、みなさんが天竜の山に親しみ、森林・林業を学べるようなイベント「山で遊ぶ休日」を開催しました。

 当日は、親子参加を中心に46人のみなさまが、森を歩きながらの森林教室や間伐体験、木工体験(ヒノキのお箸づくり)などを楽しみました。
 午後の森林レクリエーションでは、ヨーロッパの林業関係者が発案した「LEAFプログラム」を基に行われ、講師の指導の基、目で見えない袋の中の植物を探したり、間伐の意味を学んだり、立っている木の高さを測るなど、森林・林業を楽しみながら学べるプログラムを行いました。

 参加者からは、「自然の中で楽しく過ごせた」「間伐は工夫して伐っていてすごいと思った」などの感想が聞かれました。初めての「山の日」が、素敵な思い出になったのではないかと思います。

山の日3 山の日2
山の日4 山の日1

山の日5

FSC店舗「浜松信用金庫於呂支店」が全国林業改良普及協会から取材を受けました

 平成28年7月13日、FSCの店舗「浜松信用金庫於呂支店」が全国林業改良普及協会から取材を受けました。
 これは、林野庁「合法木材利用促進事業」の一環として、全国林業改良普及協会が行う「合法木材に関する知識の取得、理解を助ける映像教材」の中で、全国の優良施設として選定されたためです。

 浜松信用金庫於呂支店は、金融機関の建築物としては全国初の「FSCの店舗」と認められた店舗で、昨年10月にオープンしました。当日は、浜松信用金庫の職員のみなさんが、地元・天竜材を使用した理由や木質化を行ったことによる職場環境の変化、お客様の反応等を説明しました。

 取材の結果は、年内に全国木材組合連合会のホームページ(別ウィンドウが開きます)で紹介される予定です。ご期待ください。

取材の様子1 取材の様子2

北浜東小学校での木育講座の様子をご紹介します

木育講座1

木育講座2

木育講座3

 浜松市では、環境に配慮された地元の天竜材(FSC認証材)使用の啓発のため、FSC製品の学童机と椅子を市内の小学校にモデル的に導入するとともに、児童たち向けに「木育講座」を開いています。今回は新しい机・椅子となった浜北区・北浜東小学校1年生の講座の様子を取材しました。

 森と木のことを教えてくれる先生は、天竜森林組合の職員・松下さんと、浜松市林業振興課の藤江主任です。
森の大切なはたらきや、浜松の森林・林業のコトをクイズ形式でひとつひとつ紹介するほか、「サンちゃんと森の妖精」という絵本では、違法伐採の現状や、適切に管理された森の木を使うことの大切さを説明しました。

 『木は酸素を出してくれてるんだよね。』『森って山をくずれないようにしてくれてるんだ。』『それじゃあ動物の居場所がなくなっちゃうの?』『えー、このマークそういうマークなのー。』などなど、元気いっぱいに講座を受けてくれた児童のみんなは、新しく気づいてくれたこともたくさんあったようです。

 2人の先生からは最後に、「今から30年後の社会を支えているのはここにいるみんなです。環境のこと、森や木のことをしっかりと知って、正しい選択ができるようになって欲しい。」という話がありました。

 6年間の学校生活の中でFSC認証材の机と椅子を大切に使ってもらいながら、地域のこと、環境のことを知ってもらうきっかけになればいいですね。

※浜松市ホームページ「はままつのFSC森林認証

木育講座4

木育講座5

木育講座6

“天竜の森×デザインプロジェクト”パンフレット製作が決定しました

 専門学校「浜松デザインカレッジ」グラフィックデザイン科と浜松市のコラボレーション企画“天竜の森×デザインプロジェクト”では、学生さんたちに、山のことや環境のこと、林業のことを現場で学んでいただきながら、環境にやさしい『浜松産木質ペレット』の普及啓発のため、子ども向けの絵本や企業向けの冊子などを企画していただきました。

 こちらのプロジェクトでは、10チームに分かれて学校での授業やプレゼンテーションなどに取り組んできてもらいましたが、このたび、伊藤さん・小池さん・只野さんによるB-3チームのデザイン案が採用され、浜松市のパンフレットとして発行されることになりました。
 内容は、新たに家を建てようと考える人に木質ペレットストーブの魅力を伝え、購入を検討していただくもので、他のチームの皆さんの良いアイデアも取り入れながら、最終的な形にまとめて発行が予定されています。半年をかけて、浜松デザインカレッジの学生さんたちが練り上げた素敵な冊子です。完成が楽しみですね。発行の際には、こちら新着ニュースでもお知らせいたしますので、ぜひ楽しみにお待ちください!

※ホームページはこちら→「天竜の森×デザインプロジェクト

パンフレット制作決定

浜松信用金庫於呂支店でFSCのPR展示実施中!

はましん於呂支店展示1

はましん於呂支店展示2

 昨年10月に新店舗が完成した浜松信用金庫於呂支店は、金融機関の建築物として全国で初めて「FSCの店舗」と認められました。
 今回、この取組を紹介するとともに、地元天竜材(FSC認証材)やFSC森林認証等をPRする展示を2月5日(金曜日)まで開催しています。
 会場には、天竜材やFSC森林認証のPRパネルをはじめ、実際の柱・桁(FSC認証材)や子どもさんが遊べる木製ジャングルジムも設置されています。
 また、1月26日(火曜日)には、店舗の建設に関わった地元工務店(三立木材(株))による「住宅相談会」が開催されます。
みなさん、ぜひお越しください。

【展示期間】
 平成28年1月12日(月曜日)~2月5日(金曜日)
 午前9時から午後5時

 

「Japan Home & Building Show 2015」に浜松市ブースが出展します

 平成27年11月18日(水曜日)から20日(金曜日)、東京ビッグサイトで「Japan Home & Building Show 2015」が開催され、その中で、浜松市ブースを出展します。 「Japan Home & Building Show 」は、日本最大の住宅・建築関連専門展示会で、約35,000人の来場者が見込まれています。

 浜松市ブースでは、『天竜の森は、FSC認証林。』をテーマに、画像で天竜美林を紹介するとともに、天竜材(FSC認証材)の製材品(ラミナ材)等を展示します。
 また、ブースにお越しいただいた方に、今年度製作した「浜松マグネット」を無料配布することなどで、天竜材のプロモーションを行い、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会関連施設での天竜材使用や天竜材(FSC認証材)の販路拡大を目指したPRを行います。

 浜松市ブースの場所は『東5ホールコマ番号5D-019』です。ぜひお越しください。


「ジャパンホームショー2015」の概要
日時:平成27年11月18日(水曜日)~20日(金曜日)
場所:東京ビックサイト(有明・東京国際展示場)

公式ホームページ
Japan Home & Building Show 2015(別ウィンドウが開きます)

ジャパンホームショー1
ジャパンホームショー2

ジャパンホームショー3

全国の金融機関では初の「FSCの店舗」が完成しました

はましん於呂支店

はましん於呂支店2

 平成27年10月19日(月曜日)、「FSCの店舗」として認められた浜松信用金庫於呂支店の新築移転オープニングセレモニーが行われました。本店舗は、「FSCプロジェクト認証制度(※)」を活用し、全国の金融機関として初めて「FSCの店舗」と認められた施設で、式典では、審査を行ったアミタ株式会社から浜松信用金庫の御室健一郎理事長にFSC証明書が贈呈されました。

 浜松市の森林は、約4割がFSC認証林と認められており、現在、市町村別認証取得面積は全国1位です(約43千ha)。
 浜松市では、この広大な認証面積や全国屈指のFSC認証材供給能力を基に、現在、2020年東京オリンピック・パラリンピックでの天竜材(FSC認証材)使用を目指しており、本店舗が「FSCの店舗」と認められたことは、この取組の大きな追い風となるでしょう。

FSCプロジェクト認証制度とは(アミタ株式会社)(別ウィンドウが開きます)

はましん於呂支店3
はましん御室理事長のあいさつ

はましん於呂支店4
FSC認証贈呈式

はましん於呂支店5
店舗内の様子

「第29回もくもくまつり2015」が開催されました

平成27年9月13日(日曜日)、浜松市ギャラリーモール・ソラモにおいて、「第29回もくもくまつり2015」が開催されました。

「もくもくまつり」は、今回で29回目となる伝統のあるイベント。今年は、場所を例年の遠州鉄道「第一通り駅」高架下からソラモに変え、木工キット工作やワークショップ、チェンソー体験のほか、こども大工さんによるミニチュアハウスの棟上げと模擬上棟式を行い、浜松市長とこどもたちとのお餅投げ、お菓子投げも行いました。

浜松市もブース出展のほか、「東京五輪での天竜材使用を目指した取組」の紹介を行い、天竜美林や天竜材、木質ペレットのPRを行いました。また、FSC認証材のPRのため新たに作製したノベルティ「浜松マグネット」も大人気。多くの方に森林・林業の大切さをお伝えすることのできた1日となりました。

もくもくまつり151

もくもくまつり152

もくもくまつり153 もくもくまつり154 もくもくまつり155
もくもくまつり156 もくもくまつり157 もくもくまつり158

FSC認証材PRグッズ「浜松マグネット」が完成!!

天竜材を、FSC認証材を、もっとみなさんに紹介したい…。

この思いが形になりました。FSC認証材PRグッズ「浜松マグネット」は、天竜材(FSC認証材)の流通促進を目的に、市内の企業、団体が連携して製作しました。デザインは株式会社キシル、製造は天竜森林組合、加工は作業所せきれい、コーディネートは浜松市の4者連携です。

マグネットは、天竜ヒノキで作られており、もちろんFSC認証材で作ったFSC認証製品。デザインは、浜松の特産品である鰻、みかん、お茶。どれも、すごくかわいい出来になっています。

今回、9月13日(日曜日)に開催される「第29回もくもくまつり2015」の浜松市ブースのクイズの景品として初登場します(数量限定)。
お楽しみに!!

デザイン

株式会社キシル(浜松市中区佐鳴台)

製造 天竜森林組合(浜松市天竜区船明)
加工 特定非営利法人せきれい(浜松市天竜区二俣町)
コーディネート 浜松市

【第29回 もくもくまつり2015】
日時:平成27年月13日(日曜日)9時30分開会
場所:浜松市ギャラリーモール・ソラモ

天竜の森ノベルティ1

天竜の森ノベルティ2

(クリックすると拡大表示されます)

天竜の森×デザインプロジェクト”特設サイトを開設しました

天竜の森×デザインプロジェクト1

今年度、専門学校「浜松デザインカレッジ」グラフィックデザイン科3年生のみなさんと協働して進める“天竜の森×デザインプロジェクト”特設サイトがOPENしました。
 こちらは、浜松市のFSC認証材から生まれる木質ペレットの普及啓発を目的としたパンフレット等について、学生のみなさんに企画・提案していただく産官学協働のプロジェクトです。学生のみなさんの自由な発想で、どんなアイデアが出てくるのか楽しみですね!
 なお、各チームのプレゼンテーションは、今年の9月に行われる予定です。浜松市フェイスブック「いいら!」(別ウィンドウが開きます)では、定期的に進捗状況をリポートし、その内容は特設ホームページへも随時更新していく予定です。ぜひご覧ください。

 →特設サイト“天竜の森×デザインプロジェクト”

 天竜の森×デザインプロジェクト2 天竜の森×デザインプロジェクト4 天竜の森×デザインプロジェクト3

 

1ページ / 2ページ / 3ページ / 4ページ

 

 

FSC森林サミット
「はままつの農林水産業」に戻る

浜松市のFSC取得業者


このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部林業振興課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2159

ファクス番号:053-457-2214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?