ホーム > 産業・ビジネス > 産業振興 > 林業 > 浜松市の林業 > FSC森林認証 主な活動経過

ここから本文です。

更新日:2017年9月12日

FSC森林認証 主な活動経過

はままつのFSC森林認証
FSCメニュー1 FSCメニューバー FSCメニュー2 FSCメニューバー FSCメニュー3 FSCメニューバー FSCメニュー4s FSCメニューバー FSCメニュー5

天竜ヒノキで集成材を製作 
~積水ハウスが初めて天竜材を使用~

 平成29年9月6日、株式会社フジイチ(FSC(COC)取得業者)及び積水ハウス株式会社、静岡県森林・林業研究センターの関係者が浜松市長を訪問し、天竜ヒノキを使用した構造用集成材の製作やこの集成材を積水ハウスの住宅に使用する取組を報告しました。積水ハウスが天竜材を使用するのは、今回が初めてです。
 当日は、フジイチの石野秀一代表取締役社長や積水ハウスの細田嘉一郎静岡支店長、早川淳浜松支店長、静岡県森林・林業研究センターの白鳥隆司センター長ら、6名が来庁しました。
 細田静岡支店長からは、「きっかけは地元の木材を使用したいという思いから」という地産地消への思いや「この集成材は強度があり、品質も安心」という天竜材に関する感想が、フジイチの石野社長からは「天竜材を広くPRできるチャンス」という意気込みが聞かれました。
 今後、多くの天竜材が、様々な場所で使用されることを期待します。

報告の様子1

報告の様子2

 浜松市長への報告の様子

報告の様子3

天竜ヒノキで製作した集成材

 集合写真と天竜ヒノキで製作した集成材

浜名中学校でFSCプロジェクト認証現地審査が行われました
~ 学校施設としては全国最大のFSC認証材使用量 ~

 浜松市は、現在建設中の浜名中学校において、「FSC認証材を一部に使用した校舎、体育館」としてのPRを可能にするFSCプロジェクト認証の取得を目指しています。
 平成29年8月7日、FSCプロジェクト認証取得のための現地審査が行われました。
 当日は、建築現場や市内の加工施設等において「FSC認証材が適切に管理、使用されているか」などが審査されましたが、重大な指摘事項はありませんでした。
 今回のプロジェクトが実現すれば、学校施設としては全国最大のFSC認証材を使用する予定です。
 今後、浜松市では、建物完成と同時に認証が取得されるようなスケジュールを目指し、最終書類審査の準備を進めていきます。

審査1

審査2

 浜名中学校建築現場での審査の様子

審査3

審査4

 加工工場等での審査の様子

イベントでFSC森林認証を紹介しました

 7月29日(土曜日)に開催された「鹿島木材 第5回大感謝祭」において、FSC森林認証のPRを目的に、ポスター・パネル展示やパンフレットの配布等を行いました。
 会場におけるPR場所は、冷房の効いた休憩所の一角。当日は天候に恵まれ、非常に暑い日ということもあり、多くの方に御覧いただきました。
 浜松市は、市町村別のFSC森林認証取得面積が日本一であり、FSCの先進都市ですが、市民のみなさまのFSCに対する認知度はまだまだ低いのが現状です。
 今後も浜松市では、様々な場所でFSC森林認証のPRや本市の取組を紹介していきます。

浜松市PRブースの様子1

浜松市PRブースの様子2

 浜松市のFSC森林認証PRブースの様子

イベントの様子1

イベントの様子2

 イベントの様子。本イベントは「このような会社があることを地元の方に知ってほしい」という高林社長の思いから。

浜松木材組合森林認証グループが、井伊谷小学校に『直虎ちゃん絵馬(FSC認証製)』を贈呈するとともに森林講座を開催しました

 浜松木材組合森林認証グループ(注1)が、木に触れることで地元木材や森林に興味をもってもらうことを目的に、井伊谷小学校の児童に『直虎ちゃん絵馬(注2)』を贈呈するとともに森林講座を行いました。
 7月19日、井伊谷小学校を永田木材株式会社 永田琢也取締役と株式会社フジセン 伊藤善一代表取締役、伊藤英二取締役の3名が訪問。5年生を対象に、前半は永田琢也氏が森林を守る間伐の役割やFSC森林認証を説明し、後半は伊藤英二氏が木材の活用方法に関するワークショップを行いました(翌日20日は6年生対象)。
 授業のまとめとして、地元のFSC認証材でつくられている『直虎ちゃん絵馬』を子どもたちに贈呈し、願い事を書いてもらいました。
 なお、この絵馬の一部は、21日に伊藤善一氏が龍潭寺に奉納しました。
 浜松木材組合森林認証グループでは、今年4月にも森林・林業やFSC森林認証のPRを兼ねたジャズライブを行っており、今後も積極的な活動が期待されます。

注1/浜松木材組合森林認証グループは、浜松木材商同業協同組合の有志組織で製材・加工業者が参加しており、グループ認証でFSC森林認証を取得しています。
注2/本グループが龍潭寺様向けに制作・販売している商品。浜松市産FSC認証材使用。 

森林講座を行う永田氏

講座を行う永田氏

鋼材の様子

講座の様子

ワークショップで木に触れる児童

ワークショップで木に触れる児童

絵馬に願いを書く児童1

絵馬に願い事を書く児童

絵馬に願いを書く児童2

絵馬に願い事を書く児童

龍潭寺への奉納の様子

龍潭寺への奉納の様子

「グリーンレジリエンスサロン 浜松市×三井住友海上」~クリーンウッド法時代におけるFSC認証“天竜材”の価値~を開催しました

グリーンレジリエンスサロン1

 クリーンウッド社会の実現や天竜材(FSC認証材)の販路拡大を目的に「グリーンレジリエンスサロン浜松市×三井住友海上」を開催しました。

 グリーンレジリエンスとは、次世代型社会資本整備における新たな社会的概念であり、「自然資本を有効に活用して、防災・減災対策、いわゆる国土強靭化と地方創生につながるビジネス創出を並行的に進めていく事業や活動」のことを指します。
 浜松市と三井住友海上火災保険(株)は、全国の市町村に先駆けて、「自然資源を活用した産業振興及び都市の強靭化に向けた連携と協力に関する協定(グリーンレジリエンス連携・協力協定)」を平成28年10月31日に締結しました。

 当日は、FSCジャパン様の講演をはじめ、(株)竹中工務店様・スターバックス コーヒージャパン(株)様・(株)ワイス・ワイス様による事例報告、市内FSC取得者(天竜林業研究会鈴木将之会長、(株)フジイチ小峰裕美氏)による取組紹介、意見交換等を行いました。
 終了後行われた交流会には、浜松市長も参加し、活発な意見交換が行われました。

 浜松市では、今後も三井住友海上火災保険(株)と連携し、グリーンレジリエンス活動を進めていくとともに、今回参加いただいた様々な業種のみなさまとの出会いをきっかけに、更なる天竜材の活用を推進していきます。

浜松中部学園がFSC(R)プロジェクト認証を取得しました!~学校施設としては全国初の事例~

中部学園の様子1

 浜松市は、「浜松市公共部門における地域材利用促進に関する基本方針(第3期:平成28~32年度)」に基づき、浜松中部学園(平成29年4月8日開校)において、「FSC認証材を一部に使用した校舎、体育館」としてのPRを可能にするFSCプロジェクト認証(FSC-P001667、2017年取得)(注1)を取得しました。
 学校施設におけるFSCプロジェクト認証の実施(FSC認証材の使用)は、全国初の事例です。
 なお、浜松中部学園には、本プロジェクト認証対象部分以外にも天竜材を使用したFSC認証製品の木製机・椅子を導入しています。

注1:FSCプロジェクト認証とは
 ・FSC-COC認証を取得していない事業者が、物件ごとにFSC認証を受ける制度
 ・認証されることにより、FSC物件として対外的に公表することが可能
 ・ロンドンオリンピックのオリンピックパーク(競輪場、水泳センター、選手村等)での認証材使用の主張も本制度を活用

中部学園の様子2 中部学園の様子3
中部学園の様子4 中部学園の様子5

<使用部分及び使用量>

使用部分

使用木材

使用量(立方メートル)

校舎の一部(南棟2階の教室と廊下の仕切り)

スギ羽目板、ヒノキ集成材

2.8497

体育館の一部(1階アリーナ及び2階格技場の腰羽目板、造作材、構造材、下地材等)

スギ・ヒノキ材、ヒノキ集成材

48.8415

合計

51.6912

< 実施したメンバー(プロジェクトグループメンバー) >

No

担当業務

会社名

1

管理責任者

浜松市林業振興課

2

副管理責任者

(COC管理責任者:間仕切担当)

須山・中村組・杉浦組特定建設工事共同企業体

3

副管理責任者

(COC管理責任者:体育館の一部担当)

(株)水野組

4

間仕切の製作

阿部興業(株)浜松支店 

5

間仕切の製作

(株)オギノ

6

間仕切の製作

アベ・マテリアル(株)

7

体育館の一部

(有)山口工務店

8

体育館の一部

(株)原川

9

体育館の一部

(有)天竜平野材木店

10

体育館の一部

天龍木材加工(株)

11

体育館の一部

(株)中部メンテナンス

12

体育館の一部

佐藤木材加工(有)

13

オブザーバー

浜松市学校施設課

14

オブザーバー

浜松市公共建築課

15

事務局

浜松市林業振興課

ジャパン・レジリエンス・アワード2017 第1回グリーンレジリエンス大賞『グランプリ』受賞!!

 一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会(会長:NTT株式会社三浦惺取締役会長)(注1)が主催するジャパン・レジリエンス・アワード2017「第1回グリーンレジリエンス大賞」(注2)の表彰式が有楽町朝日ホール(東京都千代田区)で行われ、全国の自治体や企業、NPO法人など21社・団体の取り組みの中から、本市の「浜松版グリーンレジリエンス」が最高賞のグランプリを受賞しました。
 表彰式には市長が参加し、山本公一環境大臣と三浦惺会長から賞状とトロフィーを受領しました。

浜松版グリーンレジリエンスの概要(PDF:236KB)
 『浜松版グリーンレジリエンス』とは、FSC森林認証制度に基づく持続可能かつ適切な森林管理と、天竜材(FSC認証材)を活用した新事業創出や木材利用の拡大などを通じて、森林の多面的機能の維持・拡大と産業振興を同時に達成し、地方創生を実現する取り組み。


グリーンレジリエンス受賞1 グリーンレジリエンス受賞2

注1:産学官民のオールジャパンでレジリエンス(国土強靭化)立国を構築することを目的に平成26年7月に設立。協議会には、業界団体約70団体、企業約160社が参画。
注2:『グリーンレジリエンス』とは、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が提唱している新しい社会的概念であり、自然資本を活用して地域の防災・減災と産業振興を同時に進めていく活動のことを言う。グリーンレジリエンス大賞は、今年度創設された制度で、官民を問わず先駆的なグリーンレジリエンスの取組みを表彰するもの。


【受賞内容】

タイトル・取組内容 受賞団体

グランプリ

浜松版グリーンレジリエンス 浜松市

金賞

上西郷川における民⁻官⁻学の協働による地域に根ざした里川づくりの実践 福津市、九州大学、福間南市学校、上西郷川日本一の郷川をめざす会

最優秀賞

ベーテル麻機活動 麻機遊水地保全活用推進協議会ベーテル部会

最優秀賞

農地石積みの技術継承と修復 石積み学校

最優秀賞

津波に被災した田んぼの生物文化多様性を活用した復興 特定非営利活動法人田んぼ

最優秀賞

流水型ダムの特性を活用した西之谷ダムの貯水池全面ビオトープ化によるレジリエンス向上 鹿児島県、九州大学、熊本大学大学院

【浜松市長コメント】
・「浜松版グリーンレジリエンス」の取り組みが高く評価され大変光栄に思います。
・今回の受賞は、今後の本市の林業・木材産業の振興政策の大きな励みになります。
・本市としては、今回の受賞を機に、グリーンレジリエンスの先進都市として、我が国のグリー
ンレジリエンスの取り組みをリードしてまいります。

新春企画・浜松市役所本庁1階フロアで、展示「身近に感じる、てんりゅうの森」を開催中です!

林業パネル展1

 平成29年1月5日(木曜日)から19日(木曜日)の2週間、浜松市役所 本庁1階フロアで、林業の魅力を様々な形でお伝えする展示「身近に感じる、てんりゅうの森」を実施しています。

 浜松市の北部地域には、良質なスギ・ヒノキを育む産地として「天竜美林」が形成されています。恵まれた温暖な気候と風土が育む樹木は、樹高の成長が良く、艶も良いとされ、天竜杉・天竜檜と呼ばれて全国に広く知られてきました。また、国際認証であるFSC森林認証の市町村別取得面積は全国一位であり、オリンピック関連施設での使用においても現在注目を浴びています。

 今回の展示会では、一般にはあまり馴染みのない木材伐採、搬出、加工現場の写真を複数展示するほか、天竜材を使った家具・ペレットストーブなどを設置し、身近な生活とのつながりをテーマに行います。

 展示会の主な内容は、以下の4つです。

(1)「林業現場」「加工場現場」の写真パネル展示
(2)スペイン大使館の展覧会で使われた天竜材ベンチ展示
(3)木質ペレットストーブの展示
(4)FSC森林認証材学童机・椅子の展示

展示の期間は1月19日(木曜日)までになりますので、みなさん、是非お越しください。

林業パネル展2 林業パネル展3

林業パネル展4 林業パネル展5

『グリーンレジリエンス連携・協力協定』締結式が行われました

グリーンレジリエンス1

 平成28年10月31日、浜松市役所において、「グリーンレジリエンス」の推進に関わる連携・協力協定の協定書締結式を行いました。
 式には、三井住友海上保険株式会社・執行役員神奈川静岡本部長の大内章生氏が出席し、浜松市長と協定を交わしました。

 グリーンレジリエンスとは、自然資本を有効に活用して、防災・減災対策、いわゆる国土強靭化と地方創生につながるビジネスの創出を並行的に進めていく事業や活動を指すものです。

 本協定は、浜松市域の約7割を占める森林資源を活用した産業振興を通じて、都市の強靭化と地方創生を実現することを目的としたもので、グリーンレジリエンスの推進を目的とした地方自治体と民間企業による連携協定は、市町村では全国初の事例になります。
 
【協定による連携事業】
 ・持続可能な森林管理(FSC)に関すること
 ・都市の木造・木質化に関すること
 ・林業・木材産業の振興に関すること
 ・木質バイオマス発電の導入推進に関すること
 ・その他、自然資源を活用した都市の強靭化及び地方創生に関すること

≪市長のコメント≫

 グリーンレジリエンスという言葉にはまだ馴染みがないが、今後非常に重要な役割を果たす取組である。浜松市が有するFSC認証林を適正に管理し、土砂崩れ等の災害防止に努めるとともに、三井住友海上火災保険株式会社のネットワークを最大限に活用して天竜材の販路拡大に繋げていきたい。本協定を通じて、今後は、国土強靭化や地方創生に向けて、相互に有益となるような事業に取り組んでいく。

「Japan Home & Building Show(ジャパンホームショー) 2016」で天竜材をPRします

ジャパンホームショー出展ブースの様子1

ジャパンホームショー出展ブースの様子2 ジャパンホームショー出展ブースの様子3

 平成28年10月26日(水曜日)から28日(金曜日)、東京ビッグサイトで開催される「ジャパンホームショー2016」に浜松市ブースが出展します。

 こちらの展示会は、毎年3万人を超える来場者がある日本最大の住宅・建築関連専門展示会です。
 浜松市ブースでは、『天竜の森は、FSC認証林』をテーマに、市町村別取得面積日本一であるFSC認証林の取得状況の紹介や天竜材のプロモーションを行い、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会関連施設での天竜材使用や天竜材の販路拡大を目指します。

 なお、今回ブースにお越しいただいた方には、うなぎ、みかん、お茶をモチーフにしたかわいい天竜材のマグネット「浜松マグネット」を無料配布いたします。
 浜松市ブースの場所は『東3ホールコマ番号3-N17』です。たくさんのみなさまのご来場をお待ちしています!(ブースの写真は、昨年度出展の様子です)

日時

平成28年10月26日(水曜日)~28日(金曜日) 午前10時から午後5時

場所 東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)

【浜松市ブース/東3ホールコマ番号3-N17】

展示内容 天竜材(板材、FSC認証材)の展示
・天竜材使用施設「このはなアリーナ」の構造模型の展示

各種パンフレット、木製ノベルティ(浜松マグネット)の配布 等

浜松マグネット

いよいよ『ペレットストーブの時期』がやってきます!!

ペレットイメージ

 夏の暑さも落ち着き、秋の気配を感じるようになってきました。もうすぐ、暖房器具の必要な冬がやってきますね。浜松市では、今年度も木質ペレットストーブ購入、設置に対する助成事業を行っています。ご興味のある方は、ぜひ下記までお問い合わせください。

補助対象者

次のすべてを満たすもの

  1. 浜松市内の住居又は店舗等に木質ペレットストーブを設置する個人、法人、団体等
  2. 市内で生産された木質ペレットを使用する
補助対象 木質ペレットストーブ購入、設置
補助対象経費 木質ペレットストーブの購入費用等(設置費を含む。)
補助率 3分の1以内(上限50,000円)

 

 なお、こちらのペレットストーブを実際に体感いただけるイベントが以下のとおり行われます。詳細は下記の開催案内をご覧ください。ぜひ、地元の燃料「浜松産ペレットてんりゅう」の暖かさを感じてください!

わくわく感謝祭1
(JPG:460KB)

わくわく感謝祭2
(JPG:339KB)

イベント名

WacWac(わくわく)感謝祭2016

日時 10月23日(日曜日)
午前10時から午後3時(雨天開催)
会場 三立木材株式会社(天竜区二俣町阿蔵182)

天竜材利活用推進キャンペーン「woodでgoodな家づくり」実施中!

 浜松地域材利用促進協議会(※)が、9月から天竜材利活用推進キャンペーン「woodでgoodな家づくり」を行っています。 このキャンペーンは関係者の車にPRマグネットを貼り付けた宣伝活動やキャンペーン用ホームページ(別ウィンドウが開きます)の作成により、地元・浜松市内における天竜材使用の機運を盛り上げるとともに、「天竜材の家百年住居る事業費補助金事業」を通じて天竜材使用を推進することを目的に、実施するものです。
 みなさん、これを機に天竜材に興味を持っていただくとともに、マグネットのついた車を探してみてください。

(※)一般社団法人浜松地域材利用促進協議会は、市内の森林・木材・建築の関係団体が地域材の利用促進を目的に活動している会であり、現在、浜松市の「天竜材の家百年住居る事業費補助金事業」の運営事務委託を担っています。

補助金マグネット

名称 天竜材利活用推進キャンペーン「woodでgoodな家づくり」
期間 平成28年9月~平成29年1月【5か月間】
対象 一般市民
内容
主催 一般社団法人浜松地域材利用促進協議会
問合  一般社団法人浜松地域材利用促進協議会

(TEL:053-423-3010、FAX:053-423-3012)

 “山の日”制定記念イベント「山で遊ぶ休日」を開催しました

 平成28年から国民の祝日「山の日」になった8月11日、浜松市では、みなさんが天竜の山に親しみ、森林・林業を学べるようなイベント「山で遊ぶ休日」を開催しました。

 当日は、親子参加を中心に46人のみなさまが、森を歩きながらの森林教室や間伐体験、木工体験(ヒノキのお箸づくり)などを楽しみました。
 午後の森林レクリエーションでは、ヨーロッパの林業関係者が発案した「LEAFプログラム」を基に行われ、講師の指導の基、目で見えない袋の中の植物を探したり、間伐の意味を学んだり、立っている木の高さを測るなど、森林・林業を楽しみながら学べるプログラムを行いました。

 参加者からは、「自然の中で楽しく過ごせた」「間伐は工夫して伐っていてすごいと思った」などの感想が聞かれました。初めての「山の日」が、素敵な思い出になったのではないかと思います。

山の日3 山の日2
山の日4 山の日1

山の日5

FSC店舗「浜松信用金庫於呂支店」が全国林業改良普及協会から取材を受けました

 平成28年7月13日、FSCの店舗「浜松信用金庫於呂支店」が全国林業改良普及協会から取材を受けました。
 これは、林野庁「合法木材利用促進事業」の一環として、全国林業改良普及協会が行う「合法木材に関する知識の取得、理解を助ける映像教材」の中で、全国の優良施設として選定されたためです。

 浜松信用金庫於呂支店は、金融機関の建築物としては全国初の「FSCの店舗」と認められた店舗で、昨年10月にオープンしました。当日は、浜松信用金庫の職員のみなさんが、地元・天竜材を使用した理由や木質化を行ったことによる職場環境の変化、お客様の反応等を説明しました。

 取材の結果は、年内に全国木材組合連合会のホームページ(別ウィンドウが開きます)で紹介される予定です。ご期待ください。

取材の様子1 取材の様子2

北浜東小学校での木育講座の様子をご紹介します

木育講座1

木育講座2

木育講座3

 浜松市では、環境に配慮された地元の天竜材(FSC認証材)使用の啓発のため、FSC製品の学童机と椅子を市内の小学校にモデル的に導入するとともに、児童たち向けに「木育講座」を開いています。今回は新しい机・椅子となった浜北区・北浜東小学校1年生の講座の様子を取材しました。

 森と木のことを教えてくれる先生は、天竜森林組合の職員・松下さんと、浜松市林業振興課の藤江主任です。
森の大切なはたらきや、浜松の森林・林業のコトをクイズ形式でひとつひとつ紹介するほか、「サンちゃんと森の妖精」という絵本では、違法伐採の現状や、適切に管理された森の木を使うことの大切さを説明しました。

 『木は酸素を出してくれてるんだよね。』『森って山をくずれないようにしてくれてるんだ。』『それじゃあ動物の居場所がなくなっちゃうの?』『えー、このマークそういうマークなのー。』などなど、元気いっぱいに講座を受けてくれた児童のみんなは、新しく気づいてくれたこともたくさんあったようです。

 2人の先生からは最後に、「今から30年後の社会を支えているのはここにいるみんなです。環境のこと、森や木のことをしっかりと知って、正しい選択ができるようになって欲しい。」という話がありました。

 6年間の学校生活の中でFSC認証材の机と椅子を大切に使ってもらいながら、地域のこと、環境のことを知ってもらうきっかけになればいいですね。

浜松市ホームページ「はままつのFSC森林認証

木育講座4

木育講座5

木育講座6

“天竜の森×デザインプロジェクト”パンフレット製作が決定しました

 専門学校「浜松デザインカレッジ」グラフィックデザイン科と浜松市のコラボレーション企画“天竜の森×デザインプロジェクト”では、学生さんたちに、山のことや環境のこと、林業のことを現場で学んでいただきながら、環境にやさしい『浜松産木質ペレット』の普及啓発のため、子ども向けの絵本や企業向けの冊子などを企画していただきました。

 こちらのプロジェクトでは、10チームに分かれて学校での授業やプレゼンテーションなどに取り組んできてもらいましたが、このたび、伊藤さん・小池さん・只野さんによるB-3チームのデザイン案が採用され、浜松市のパンフレットとして発行されることになりました。
 内容は、新たに家を建てようと考える人に木質ペレットストーブの魅力を伝え、購入を検討していただくもので、他のチームの皆さんの良いアイデアも取り入れながら、最終的な形にまとめて発行が予定されています。半年をかけて、浜松デザインカレッジの学生さんたちが練り上げた素敵な冊子です。完成が楽しみですね。発行の際には、こちら新着ニュースでもお知らせいたしますので、ぜひ楽しみにお待ちください!

ホームページはこちら→「天竜の森×デザインプロジェクト

パンフレット制作決定

浜松信用金庫於呂支店でFSCのPR展示実施中!

はましん於呂支店展示1

はましん於呂支店展示2

 昨年10月に新店舗が完成した浜松信用金庫於呂支店は、金融機関の建築物として全国で初めて「FSCの店舗」と認められました。
 今回、この取組を紹介するとともに、地元天竜材(FSC認証材)やFSC森林認証等をPRする展示を2月5日(金曜日)まで開催しています。
 会場には、天竜材やFSC森林認証のPRパネルをはじめ、実際の柱・桁(FSC認証材)や子どもさんが遊べる木製ジャングルジムも設置されています。
 また、1月26日(火曜日)には、店舗の建設に関わった地元工務店(三立木材(株))による「住宅相談会」が開催されます。
みなさん、ぜひお越しください。

【展示期間】
 平成28年1月12日(月曜日)~2月5日(金曜日)
 午前9時から午後5時

 

「Japan Home & Building Show 2015」に浜松市ブースが出展します

 平成27年11月18日(水曜日)から20日(金曜日)、東京ビッグサイトで「Japan Home & Building Show 2015」が開催され、その中で、浜松市ブースを出展します。 「Japan Home & Building Show 」は、日本最大の住宅・建築関連専門展示会で、約35,000人の来場者が見込まれています。

 浜松市ブースでは、『天竜の森は、FSC認証林。』をテーマに、画像で天竜美林を紹介するとともに、天竜材(FSC認証材)の製材品(ラミナ材)等を展示します。
 また、ブースにお越しいただいた方に、今年度製作した「浜松マグネット」を無料配布することなどで、天竜材のプロモーションを行い、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会関連施設での天竜材使用や天竜材(FSC認証材)の販路拡大を目指したPRを行います。

 浜松市ブースの場所は『東5ホールコマ番号5D-019』です。ぜひお越しください。


「ジャパンホームショー2015」の概要
日時:平成27年11月18日(水曜日)~20日(金曜日)
場所:東京ビックサイト(有明・東京国際展示場)

公式ホームページ
Japan Home & Building Show 2015(別ウィンドウが開きます)

ジャパンホームショー1
ジャパンホームショー2

ジャパンホームショー3

全国の金融機関では初の「FSCの店舗」が完成しました

はましん於呂支店

はましん於呂支店2

 平成27年10月19日(月曜日)、「FSCの店舗」として認められた浜松信用金庫於呂支店の新築移転オープニングセレモニーが行われました。本店舗は、「FSCプロジェクト認証制度(※)」を活用し、全国の金融機関として初めて「FSCの店舗」と認められた施設で、式典では、審査を行ったアミタ株式会社から浜松信用金庫の御室健一郎理事長にFSC証明書が贈呈されました。

 浜松市の森林は、約4割がFSC認証林と認められており、現在、市町村別認証取得面積は全国1位です(約43千ha)。
 浜松市では、この広大な認証面積や全国屈指のFSC認証材供給能力を基に、現在、2020年東京オリンピック・パラリンピックでの天竜材(FSC認証材)使用を目指しており、本店舗が「FSCの店舗」と認められたことは、この取組の大きな追い風となるでしょう。

FSCプロジェクト認証制度とは(アミタ株式会社)(別ウィンドウが開きます)

はましん於呂支店3
はましん御室理事長のあいさつ

はましん於呂支店4
FSC認証贈呈式

はましん於呂支店5
店舗内の様子

「第29回もくもくまつり2015」が開催されました

平成27年9月13日(日曜日)、浜松市ギャラリーモール・ソラモにおいて、「第29回もくもくまつり2015」が開催されました。

「もくもくまつり」は、今回で29回目となる伝統のあるイベント。今年は、場所を例年の遠州鉄道「第一通り駅」高架下からソラモに変え、木工キット工作やワークショップ、チェンソー体験のほか、こども大工さんによるミニチュアハウスの棟上げと模擬上棟式を行い、浜松市長とこどもたちとのお餅投げ、お菓子投げも行いました。

浜松市もブース出展のほか、「東京五輪での天竜材使用を目指した取組」の紹介を行い、天竜美林や天竜材、木質ペレットのPRを行いました。また、FSC認証材のPRのため新たに作製したノベルティ「浜松マグネット」も大人気。多くの方に森林・林業の大切さをお伝えすることのできた1日となりました。

もくもくまつり151

もくもくまつり152

もくもくまつり153 もくもくまつり154 もくもくまつり155
もくもくまつり156 もくもくまつり157 もくもくまつり158

FSC認証材PRグッズ「浜松マグネット」が完成!!

天竜材を、FSC認証材を、もっとみなさんに紹介したい…。

この思いが形になりました。FSC認証材PRグッズ「浜松マグネット」は、天竜材(FSC認証材)の流通促進を目的に、市内の企業、団体が連携して製作しました。デザインは株式会社キシル、製造は天竜森林組合、加工は作業所せきれい、コーディネートは浜松市の4者連携です。

マグネットは、天竜ヒノキで作られており、もちろんFSC認証材で作ったFSC認証製品。デザインは、浜松の特産品である鰻、みかん、お茶。どれも、すごくかわいい出来になっています。

今回、9月13日(日曜日)に開催される「第29回もくもくまつり2015」の浜松市ブースのクイズの景品として初登場します(数量限定)。
お楽しみに!!

デザイン

株式会社キシル(浜松市中区佐鳴台)

製造 天竜森林組合(浜松市天竜区船明)
加工 特定非営利法人せきれい(浜松市天竜区二俣町)
コーディネート 浜松市

【第29回 もくもくまつり2015】
日時:平成27年月13日(日曜日)9時30分開会
場所:浜松市ギャラリーモール・ソラモ

天竜の森ノベルティ1

天竜の森ノベルティ2

(クリックすると拡大表示されます)

天竜の森×デザインプロジェクト”特設サイトを開設しました

天竜の森×デザインプロジェクト1

今年度、専門学校「浜松デザインカレッジ」グラフィックデザイン科3年生のみなさんと協働して進める“天竜の森×デザインプロジェクト”特設サイトがOPENしました。
 こちらは、浜松市のFSC認証材から生まれる木質ペレットの普及啓発を目的としたパンフレット等について、学生のみなさんに企画・提案していただく産官学協働のプロジェクトです。学生のみなさんの自由な発想で、どんなアイデアが出てくるのか楽しみですね!
 なお、各チームのプレゼンテーションは、今年の9月に行われる予定です。浜松市フェイスブック「いいら!」(別ウィンドウが開きます)では、定期的に進捗状況をリポートし、その内容は特設ホームページへも随時更新していく予定です。ぜひご覧ください。

 →特設サイト“天竜の森×デザインプロジェクト”

 天竜の森×デザインプロジェクト2 天竜の森×デザインプロジェクト4 天竜の森×デザインプロジェクト3

 

1ページ / 2ページ / 3ページ / 4ページ

 

 

FSC森林サミット
「はままつの農林水産業」に戻る

浜松市のFSC取得業者


このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所産業部林業振興課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2159

ファクス番号:053-457-2214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?