現在の位置  : ホーム > 意識しよう“健康的な食” > はままつ 食de元気応援店とは

更新日:2023年9月25日

ここから本文です。

はままつ 食de元気応援店とは

市民の皆様の健康意識の向上と糖尿病をはじめとする生活習慣病の発症予防を目指し、市は食品関連業者と連携し、健康に配慮した食を身近に選択できる環境づくりを進めています。
「はままつ 食de元気応援店」は、スーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニエンスストア、飲食店、弁当・そうざい店などで、“減塩”、“野菜摂取”、“栄養バランス”の健康に配慮した食事やそうざい、弁当、減塩商品などの販売を通じて、市と協働で健康情報の発信や食環境づくりに取り組んでいる店舗です。

また、市民の健康づくり指針「健康はままつ21」にも協賛しています。

<はままつ食de元気応援店は、このステッカーが目印です>

◯スーパーマーケットやドラッグストアに掲示 ◯飲食店やそうざいコーナーなどに掲示

はままつ 食de元気応援店ステッカー bejiappu

「はままつ 食de元気応援店」の取り組み内容

食の健康づくりに関する情報発信や下記の1~3のいずれかに当てはまる取組を実施しています。

1.減塩推進

(1)減塩商品の販売

(2)選べる減塩

 (2)-1汁物の「味薄め」や汁物、漬物「無し」の選択ができる

 (2)-2調味料を「少なめ」にできる

 (2)-3料理の味付けを来店者の希望に合わせて調整できる

(3)1食あたり食塩相当量3.0g未満のメニュー等の提供

2.野菜摂取推進(ベジアップ)

(1)野菜を主としたそうざいの提供

(2)食事の最初に野菜料理を提供(ベジファーストの推進)

(3)1食あたり野菜を120g以上使用しているメニュー等の提供

3.栄養バランスメニュー

(1)1食あたり主食・副菜・主菜がそろい、エネルギー650kcal未満、食塩相当量3.0g未満、野菜120g以上使用の基準を満たしたメニュー等の提供

「はままつ 食de元気応援店」の取り組みの様子

「はままつ 食de元気応援店」の情報発信の様子

「食事をおいしくバランスよく」を基本とし、市民の皆様が「減塩」、「野菜摂取」、「栄養バランスの良い食事」を実践できるような食環境づくりに取組んでおり、店舗から健康情報の提供や啓発活動を実施しています。
 

特集店舗レポート

飲食店・弁当、そうざい店

ステッカーの掲載

 

スーパーマーケット

 

減塩ポップ

ベジファーストポップ

浜松市と協働で実施の店頭での啓発活動の様子

 

浜松市と協働で実施した啓発(キャンペーン)の様子

令和4年度「カラダにいいこと始めよう『いいら!減塩』キャンペーン」

令和4年11月の1か月間、「はままつ食de元気応援店」の店舗やホームページなどで減塩に関する情報の発信、減塩に取組みやすい環境づくりに取組みました。

主な取組内容

  • 減塩商品購入に対するポイント付与
  • 減塩コーナーの設置(店内に点在する減塩商品を集約し、商品の紹介や選択しやすい環境を作る)
  • 減塩ミニブックの配布(日々の食生活で実践できる減塩のコツを掲載)
  • 店舗オリジナル減塩レシピ等の配信(ホームページに記載)

減塩商品(みそ) 減塩ミニブック オリジナル減塩レシピ

健康応援メニュー

市が示した健康応メニューの基準(エネルギー650kcal未満、野菜120g以上、食塩相当量3.0g未満)を満たしたメニューを提供しています。

<このマークが目印です‼>

マーク

株式会社いづみ食品

「十八穀米ベジアップ弁当」1日20個限定ベジアップ弁当