現在の位置  : ホーム > 意識しよう“健康的な食” > はままつ食de元気応援店とは

更新日:2021年6月9日

ここから本文です。

はままつ食de元気応援店とは

2018年9月より、「はままつ食育発信店」が「はままつ 食de元気応援店」にリニューアルしました‼

近年、外食やそうざい、弁当などを利用する人が増えており、健康に配慮した食環境の整備が求められています。
「はままつ 食de元気応援店」は、スーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどで、“栄養バランス”、“野菜摂取”、“減塩”などの健康に配慮したそうざい、弁当などの商品やメニューの提供と健康情報の発信などに取り組んでいるお店です。
食を通じて、気軽に健康づくりができることを大切にし、浜松市と協働で市民のみなさんの健康づくりを応援しています。

また、市民の健康づくり指針「健康はままつ21」にも協賛しています。

<このステッカーが目印です>

はままつ 食de元気応援店ステッカー

「はままつ 食de元気応援店」の取り組み内容

食の健康づくりに関するポスターや資料の提示、及び下記の1~5のいずれかに当てはまる取り組みを実施しています。

1.減塩応援

  • 減塩商品を販売し、減塩に関するPRをしている
  • 減塩商品を開発・製造している
  • 1食あたり主食・副菜・主菜がそろっていて、塩分3.0g未満であるメニュー等の提供があり、その旨の表示をしている

2.野菜応援(きのこ及び海藻は含み、芋は含まない)

  • 野菜を主としたそうざいの提供があり、野菜摂取を促すPRをしている
  • 食事の最初にミニサラダなどの野菜料理を提供しており、ベジファーストのPRをしている。
  • 野菜70g以上を使用した単品料理または1食あたり野菜120g以上を使用しているメニュー等の提供があり、その旨の表示や野菜摂取を促すPRをしている

3.低カロリー応援メニュー

  • 1食あたり主食・副菜・主菜がそろっていて、エネルギー650kcal未満であるメニュー等の提供があり、その旨の表示をしている

4.健康応援メニュー

  • 1食あたり主食・副菜・主菜がそろっていて、エネルギー650kcal未満、食塩相当量3.0g未満、野菜120g以上使用の基準を満たしたメニュー等の提供があり、その旨の表示をしている

5.健康情報発信・啓発

  • 店舗の一角を利用した啓発活動を市と協働で実施する
  • 従業員に対し食事バランス、減塩、野菜摂取など健康づくりに関する取り組みをしている

「はままつ 食de元気応援店」の店舗紹介

「はままつ 食de元気応援店」の取り組みの様子

「はままつ 食de元気応援店」の情報発信の様子

食事をおいしくバランスよくを基本とし、「野菜で健康生活」「減塩で健康生活」をテーマに野菜摂取と減塩を中心に店舗から情報提供及び啓発活動を実施しています。
“栄養バランス”、“野菜摂取”、“減塩”などの健康に配慮したそうざい、弁当などの商品やメニューの提供、そして増加傾向にある糖尿病をはじめとする生活習慣病を予防するための食生活や健康づくりに関する資料掲示などに取り組んでいます。

特集店舗レポート

飲食店・弁当、そうざい店

ステッカーの掲載

 

スーパー

 

減塩ポップ

ベジファーストポップ

浜松市と協働で実施の店頭での啓発活動の様子

 

浜松市と協働で実施する店頭での啓発活動(イベント)の様子

はままつ 食de元気応援店の店頭に市職員、食育ボランティアが出向き、直接市民の皆様へ栄養・健康づくり等の普及啓発を行っています。

(令和元年度の活動の様子)

 

浜松市と協働で実施の店頭での啓発活動の様子

浜松市と協働で実施の店頭での啓発活動の様子

浜松市と協働で実施の店頭での啓発活動の様子

 

健康応援メニュー

市が示した健康応メニューの基準(エネルギー650kcal未満、野菜120g以上、塩分3.0g未満)を満たしたメニューを提供しています。

<このマークが目印です‼>

マーク

オークラアクトシティホテル浜松 和食堂「山里」

「ヘルシー御膳」

ランチ限定(現在は提供しておりません。)

yamazato