ここから本文です。

更新日:2019年12月13日

固定資産税(償却資産)4

4少額減価償却資産の申告には注意が必要です

平成15年度の税制改正により「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例制度(国税)」が創設されましたが、固定資産税(償却資産)の課税対象になりますので申告に含めてください。

 

取得価額

 

10万円未満

10万円以上20万円未満

10万円以上30万円未満

国税(法人税・所得税)

使用可能期間が1年未満又は取得価額が10万円未満のものは、一時に損金(必要な経費)に算入できる。

一括して3年間で損金(必要な経費)に算入できる。
→「一括償却」という。

特例制度の適用を受けた資産は全額損金(必要な経費)に算入できる。
→「即時償却」という。

償却資産(固定資産税)

一時に損金(必要な経費)に算入されたものは課税対象としない。

一括償却の対象とされたものは課税対象としない。

即時償却されたものであっても課税対象となる。(要申告)

※「10万円以上20万円未満の減価償却資産」で、「即時償却」された資産は固定資産税の課税対象となりますが、「一括償却」された資産は固定資産税の課税対象となりません。

 

償却資産の目次へ

 

固定資産とは 固定(土地) 固定(家屋) 都市計画税
縦覧 閲覧 事業所税

固定資産税・都市計画税へ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所財務部資産税課

〒430-0948 浜松市中区元目町120-1 元目分庁舎

電話番号:053-457-2155

ファクス番号:053-472-6910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?