緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 手続き・くらし > 税金 > 税務証明 > 固定資産評価通知書の交付を受けたいとき

ここから本文です。

更新日:2024年1月1日

固定資産評価通知書の交付を受けたいとき

固定資産評価通知書

土地及び家屋について、地方税法第422条の3の規定により法務局に通知するもので、登録免許税の算定のために使用されます。

窓口で交付を受けたい場合

いつ

随時

だれが

  • 固定資産の所有者または所有者と同じ世帯の親族
  • 所有者が被相続人の場合は法定相続人
  • 所有者が法人の場合は代表者
  • 納税管理人
  • 司法書士

代理の可否

可能(委任状等が必要)

方法

直接窓口へ

受付窓口

  • 資産税課(元目分庁舎3階)
  • 資産税課 北税務グループ(北行政センター2階)
  • 資産税課 天竜税務グループ(天竜区役所2階)
  • 税務総務課(本庁舎3階)
  • 中央区、浜名区の区民生活課
  • 東、西、南の各行政センター
  • 支所
  • 協働センター
    ※北部、南部、中部、西部、可美、雄踏、細江を除く。
  • ふれあいセンター
    ※光明、二俣を除く。
  • 市民サービスセンター

受付時間

平日(月~金) 午前8時30分~午後5時15分

休日

土・日曜日、祝日、12月29日~1月3日
(赤佐市民サービスセンターは月曜日休み)

提出する書類

添付書類

所有者が被相続人の場合は相続人であることが証明できる書類

代理人等の場合は委任状等

持ち物

手数料

無料

注意すること

  • 法人が申請する場合は、代表者が署名もしくは代表者印を押印した委任状か、代表者印を持参してください。
  • 納税義務者ごとに取り扱い、単有と共有で所有する場合や共有の構成者・持分割合が異なる場合も複数の納税義務者扱いとなります。
  • 納税義務者が同じ場合、土地と家屋は、同じ証明書に記載されます。
  • 1枚には1区ごとに5件記載されます。
  • 固定資産税の賦課期日(1月1日)後に土地・家屋の所有権移転があった場合は、その事実を確認するため、登記事項証明書等が必要となる場合があります。

このページのトップへ↑

郵便で交付を受けたい場合

いつ

必要な日から10日程度前

 

だれが

  • 所有者
  • 司法書士
 

代理の可否

可能(委任状等が必要)

 

方法

郵送

 

受付窓口

資産税課
〒430-0948 浜松市中央区元目町120番地の1 元目分庁舎

 

提出する書類

 

添付書類

  • 申請者の官公署発行顔写真付き身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証等)のコピー
  • 返信用封筒(切手を貼り、受取人の住所・宛名を記入)
  • 代理人等の場合は委任状等
  • 所有者が被相続人の場合は相続人であることが証明できる書類
 

手数料

無料

 

注意すること

  • 法人が申請する場合は、代表者が署名もしくは代表者印を押印ください。
  • 納税義務者ごとに取り扱い、単有と共有で所有する場合や共有の構成者・持分割合が異なる場合も複数の納税義務者扱いとなります。
  • 納税義務者が同じ場合、土地と家屋は、同じ証明書に記載されます。
  • 1枚には1区ごとに5件記載されます。
  • 固定資産税の賦課期日(1月1日)後に土地・家屋の所有権移転があった場合は、その事実を確認するため、登記事項証明書等が必要となる場合があります。
 

このページのトップへ↑

固定資産評価通知書の年度表示について(平成31年度分)

「平成31年度」と「令和元年度」は同一年度であり、通知書の表示が「平成31年度」であっても、通知書の効力に影響はありません。

税務証明書等の年度の元号表記について(PDF:439KB)

 

→ 税務各種証明書(個人)へ戻る

→ 税務各種証明書(法人)へ戻る → 税金インデックスへ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所財務部資産税課

〒430-0948 浜松市中央区元目町120-1 元目分庁舎

電話番号:053-457-2155

ファクス番号:053-472-6910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?