ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防・検診 > 予防接種 > 令和元年度高齢者インフルエンザ予防接種の費用助成

ここから本文です。

更新日:2019年12月26日

令和元年度高齢者インフルエンザ予防接種

インフルエンザについて

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスを原因とし、急な発熱や全身の倦怠感、関節の痛みなどを特徴とする感染症のことです。
特に高齢者は肺炎などの感染症が重症化することがありますが、インフルエンザワクチンを接種することで、重症化を防ぐことができます。

インフルエンザ予防接種では、4種類(A型2種類・B型2種類)のワクチン株で構成された4価ワクチンを使用します。

助成対象

浜松市民であり、以下の対象者は、助成期間内に1回、インフルエンザ予防接種の費用助成を受けることができます。

  1. 接種当日に65歳以上の人
  2. 接種当日に60歳以上65歳未満
  • 心臓、腎臓または呼吸器の機能に障がいのある人
  • HIVにより免疫機能に障がいのある人

*対象者2の人は、いずれも身体障害者手帳1級程度の疾患を持つ人です。
 接種の際は身体障害者手帳など障がいの程度が分かるものの提示が必要となります。
 身体障害者手帳などをお持ちでない場合は、接種を希望する医療機関にご相談ください。

助成期間と回数

令和元年10月1日から令和2年1月31日までの間に1回

*インフルエンザが流行する前の12月中旬までに接種するとより効果的です。

*医療機関によって予防接種ができる期間が異なりますので、直接医療機関へお問い合わせください。

接種場所

浜松市内委託医療機関

*接種には予約が必要になる場合があります。
*接種希望者は、医療機関へ直接ご連絡の上、接種してください。(浜松市への申込は不要)

費用

自己負担額 1,600円 (医療機関にお支払いください。)

*期間内の2回目以降の接種は全額自己負担です。

以下に該当する対象者は予防接種を無料で受けられます

生活保護費受給世帯に属する人

  • 対象者1に該当する人は、令和元年9月下旬に無料接種券を送付しました。
  • 対象者2に該当する人は、接種する医療機関にご相談ください。

非課税世帯(世帯全員が非課税)に属する人

持ち物

【対象者1の人】

  • 本人確認書類(健康保険証など)

【対象者2の人】

  • 身体障害者手帳など障がいの程度が分かるもの
  • 本人確認書類(健康保険証など)

*対象者2の人は、接種の際に身体障害者手帳など障がいの程度が分かるものの提示が必要となります。
 身体障害者手帳などをお持ちでない場合は、接種を希望する医療機関にご相談ください。

【無料の対象者の人】

  • 無料接種券
  • 本人確認書類(健康保険証など)

*無料接種券は、接種の際、医療機関へご提出ください。
*無料接種券が届かない場合や紛失した場合は、接種前に各区健康づくり課に問い合わせて再交付を受けてください。

その他

医療機関では予約が必要な場合があります。
接種希望者は、かかりつけの医療機関など、市内委託医療機関へ直接ご連絡の上、接種してください。(浜松市への申込は不要)

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部健康増進課

〒432-8550 浜松市中区鴨江二丁目11-2

電話番号:053-453-6119

ファクス番号:053-453-6133

○各区役所担当窓口
中区(健康づくり課/Tel:053-457-2891)
東区(健康づくり課/Tel:053-424-0125)
西区(健康づくり課/Tel:053-597-1120)
南区(健康づくり課/Tel:053-425-1590)
北区(健康づくり課(細江健康センター)/Tel:053-523-3121)
浜北区(健康づくり課/Tel:053-585-1171)
天竜区(健康づくり課/Tel:053-922-0075)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?