ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

蜆塚遺跡の建物跡


第三貝塚(手前)から復原家屋群をのぞむ


カヤを葺いて再現した縄文時代の家


第二貝塚、貝殻で地面がやや盛り上がっています


第三貝塚、発見された柱穴や炉跡の位置を立札で示します

蜆塚遺跡には、縄文時代後期(約4000~3000年前)の住居を推定して再現した萱葺き建物のほか、発掘された柱の跡などの位置が示されています。また、東海地方有数の貝塚が保存され、その貝層断面を発掘当時のまま見学することができます。

浜松市博物館トップページへもどる 蜆塚公園に戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?