ホーム > 市政情報 > 行政区 > 東区 > 浜松市東区俳句の里づくり事業 > 第2回高校生俳句選手権(2018開催)

ここから本文です。

更新日:2019年9月10日

第2回高校生俳句選手権(2018開催)

高校生俳句選手権チラシデータ(PDF:1,017KB)

高校生俳句選手権優勝校は「静岡県立浜名高等学校チーム」!

試合内容は「平成30 年度 高校生俳句選手権 大会結果」(PDF:100KB)をご覧ください。

試合の様子

29日に開催された「高校生俳句選手権」は、出場した「静岡県立浜北西高等学校」、「静岡県立浜名高校」、「静岡県立浜松東高校」、「浜松修学舎高校」の各チームが、「山」と「海」の兼題より作った俳句を発表し合い、俳句を作った背景や意味、言葉や気持ちなどについて議論を交わしました。トーナメント方式にて競技した結果、今大会は「静岡県立浜名高等学校チーム」が優勝となりました。

 

【高校生俳句選手権会場の様子】

試合風景3

 

【出場各校の様子】

浜名チーム
浜名高校チーム

浜松東チーム
浜松東高校チーム

修学舎チーム
浜松修学舎高校チーム
浜北西チーム
浜北西高校チーム

 

【優勝した浜名高校チーム】
浜名高校優勝のコメント

 

【優勝のコメント】
「昨年に引き続き今年も出場し、さらに優勝できとても嬉しい。会場の皆さん応援ありがとうございます」

試合の幕間には、参加校によるパフォーマンスが実施され、浜松修学舎高等学校ダンス部によるチアダンス、浜松東高等学校書道部の披露がありました。また、浜松応援大使のH&A.も会場に駆けつけ、俳句応援ソング「俳句で5・7・GO!」を熱唱し、会場が盛り上がりました。

【会場の様子】
修学舎ダンス部 H&A. 浜松東高校書道部

 

【大会終了後、出場者、出演者で記念写真を撮影しました】
集合写真

高校生俳句選手権とは?

高校生俳句選手権は、高校生が学校別でチームを組み、俳句の作品としての評価判定と鑑賞力を競います。俳句の出来栄えだけでなく、俳句の詠まれた背景や言葉の選択、仮名遣いの意図などを議論し合うことで、お互いの句を詠み合い、内容を深めることができます。また、観客がいる中で実施することから、俳句の良さ、面白さが出場する高校生だけでなく、会場内の観客にも伝わるため、会場全体で俳句を楽しむことができます。

ルールについて

  1. 学校別のチーム(3名)に別れて対戦を行います。
  2. 1句づつ兼題(俳句を作るときのお題)に従って作った俳句を披露し、制限時間内に内容や句や言葉の意図などについて質疑応答を行います。
  3. 先鋒句、中堅句、大将句の3本勝負です。
  4. 両チームの句に対して議論が終了すると、審判員が旗を揚げて判定を行い勝敗を決めます。
    判定は、俳句の「作品点」と「鑑賞点」を合計した点で行います。

開催日時

  1. 日時、平成30年9月29日(土曜日)午後1時30分から午後4時30分
  2. 場所、イオンモール浜松市野シンフォニーコート(浜松市東区天王町諏訪1981-3)

出場する高校

静岡県立浜北西高等学校、静岡県立浜名高等学校、静岡県立浜松東高等学校、浜松修学舎高等学校

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所東区区振興課

〒435-8686 浜松市東区流通元町20番3号

電話番号:053-424-0115

ファクス番号:053-424-0131

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?