緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 予算・財政 > 予算・決算 > 決算 > 決算速報値(21年度)

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

決算速報値(21年度)

平成21年度 決算について

1 歳入・歳出決算見込額

○ 合計決算額では、老人医療特別会計の廃止等に伴い30億円の減となった。

○ 一般会計では、国の補正予算に対応した緊急経済対策等(定額給付金、緊急経済対策交付金など)の実施に伴い14億円の増となった。

(単位:百万円)

歳入

区分

21年度

20年度

増減

一般会計

284,062

283,426

636

特別会計

184,828

187,997

△ 3,169

合計

468,890

471,423

△ 2,533

歳出

区分

21年度

20年度

増減

一般会計

275,354

273,932

1,422

特別会計

182,653

187,116

△ 4,463

合計

458,007

461,048

△ 3,041

2 平成21年度決算の収支

○ 歳入決算額と歳出決算額の収支差(87.1億円)から翌年度繰越財源(27.7億円)を引いた額である実質的な収支は、一般会計で59.4億円(平成20年度 73.7億円)。

3 財政指標からみる財政状況

○ 財政構造の弾力性を表す経常収支比率は、市税収入の減、扶助費の増により悪化。

○ 市債等の借入金に対する財政負担の比率を表す実質公債費比率、将来負担比率は、前年度より改善。

(単位:%)

項目

21年度

20年度

増減

早期健全化基準

経常収支比率

89.2

86.1

3.1

-

実質公債費比率

12.4

12.8

△ 0.4

25.0

将来負担比率

86.2

89.9

△ 3.7

400.0

4 総市債残高の削減

○ 国の緊急経済対策交付金等を積極的に活用し、所要の事業量は確保しつつ、市債の借入額を元金償還額以下に抑制することにより、総市債残高を89億円削減した。

区分

21年度末

20年度末

増減

総市債残高

5,291億円

5,380億円

△ 89億円

(うち一般会計)

(2,800億円)

(2,861億円)

(△ 61億円)

5 市税の状況

○ 市税収入は1,282億円と、前年度(20年度 1,369億円)に比べ、87億円の減。景気の低迷を反映し、法人市民税で80億円の減収。

○ 個人市民税は、前年度とほぼ同額を維持。22年度については、厳しい雇用状況が反映される見込み。

○ 法人市民税は、景気の低迷を反映し、80億円の減。業種別にみると、製造業(△53.2億円、△73.53%)の減が大。

○ 現年分の収納率は、個人市民税、法人市民税の収納率の減により、0.11ポイント低下。

(単位:百万円)

区分

21年度

20年度

増減

市民税(個人)

50,301

50,295

6

市民税(法人)

8,243

16,240

△ 7,997

その他

69,613

70,378

△ 765

市税 計

128,157

136,913

△8,756

現年分収納率

98.01%

98.12%

△ 0.11%

累積滞納額

8,172

8,199

△ 27

1一般会計決算見込の概要

2市税、交付税など

3財政指標

4市債残高の状況

5会計別歳入歳出決算見込額調

6一般会計決算見込額 前年度との比較

7市税の収入状況

8市税の収入率及び滞納繰越額の状況

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所財務部財政課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2274

ファクス番号:050-3730-0119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?