緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 予算・財政 > 予算・決算 > 決算 > 決算(19年度)

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

決算(19年度)

平成19年度 決算について

※平成19年度一般会計決算及び特別会計決算は、平成20年11月17日浜松市議会本会議において認定されました。

※平成19年度健全化指標(実質赤字比率・連結実質赤字比率・実質公債費比率・将来負担比率及び資金不足比率)は監査委員の審査に付し、その意見を付けて平成20年9月30日浜松市議会本会議において報告いたしました。

健全化指標につきましては、「浜松市トップ」→「市政の取組」→「市の政策(IR情報・財政)」→「健全化判断比率・資金不足比率」でご覧いただけます。

※なお、平成19年度企業会計決算は、平成20年9月30日浜松市議会本会議において認定されました。
企業会計決算の詳細につきましては、「浜松市トップ」→「市政の取組」→「市の政策(IR情報・財政)」→「公営企業・公社等の財政状況」でご覧いただけます。

平成19年度浜松市決算について発表します。

1 歳入、歳出決算額

(単位:百万円)

区分

歳入

歳出

18年度

19年度

増減

18年度

19年度

増減

一般会計

255,152

271,510

16,358

244,990

261,803

16,813

特別会計

187,190

228,214

41,024

184,549

228,472

43,923

合計

442,342

499,724

57,382

429,539

490,275

60,736

2 実質収支

一般会計における実質収支は61.0億円の黒字(平成18年度 83.8億円)。

実質収支の圧縮は、商工基金への積み立てや財政調整基金の取り崩し取りやめなどで、基金総額を増加させたことによるもの。

3 財政指標からみる財政状況

(単位:%)

項目

浜松市

早期健全化基準

財政再生基準

実質赤字比率

黒字

11.25

20.00

連結実質赤字比率

黒字

16.25

40.00

実質公債費比率

12.9

25.00

35.00

将来負担比率

124.3

400.00

-

早期健全化基準よりも大幅に低い値であり、指標から見た財政状況は健全。

政令指定都市移行に伴う財政指標への影響は軽微。

経常収支比率(扶助費等義務的な経費の割合)は、他政令指定都市を大幅に下回っているものの、ここ数年上昇傾向。

4 市税

1,374億円(平成18年度 1,264億円)前年比110億円の増。主に所得税から個人市民税への税源移譲によるもの。

5 市債残高

全会計ベース19年度末残高5,493億円(平成18年度 5,631億円)。

一般会計ベース19年度末残高2,960億円(平成18年度 3,060億円)。

元金ベースのプライマリーバランスは、全会計ベースで138億円の黒字、一般会計ベースで100億円の黒字。

1一般会計決算の概要

2市税、交付税など

3財政指標

4市債残高の状況

5会計別歳入歳出決算額調

6一般会計決算額 前年度との比較

7市税の収入状況

8市税の収入率及び滞納繰越額の状況

9市税決算額

平成19年度 水道事業下水道事業決算について

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所財務部財政課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2274

ファクス番号:050-3730-0119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?