緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2021年12月27日

水道料金について

1.水道料金でまかなう経営

  • 浜松市の水道事業の経営は、地方公営企業法という法律に基づき「独立採算制」で行っています。
  • 「独立採算制」により、水道事業の経営に必要な費用(総括原価(詳細は項目3で説明))は、基本的に税金ではなく水道をお使いのみなさまからいただく水道料金によってまかなわれています。

2.水道料金の仕組み

  • 浜松市の水道料金は、「基本料金」と「従量料金」の組み合わせによる料金体系になっています。
  • 「基本料金」は、水道メーターの口径に応じて決まる料金です。
  • 「従量料金」は、使用水量に応じて決まる料金です。また、水を多く使うほど単価が上がる「逓増制(ていぞうせい)」を採用しています。

図1

3.総括原価

  • 「総括原価」は、その性質別に3つの費用(需要家費、固定費、変動費)に分類されます。
  • 3つの費用のうち、「固定費」が最も多くかかります。

図2

4.水道料金の体系

  • 総括原価のうち「需要家費」及び「固定費」は、使用水量に関係なくかかるため、本来は基本料金で回収することが望ましい費用です。
  • 「需要家費」及び「固定費」をすべて基本料金で回収した場合、基本料金が高くなってしまうため、浜松市では従量料金で水道料金の大部分を回収する仕組みとなっています。

図3図4

  • 直近では、消費税率の変更に伴う改定を除き、H19年7月に合併に伴う料金一元化を目的とした料金改定(平均改定率△17.0%)を行っています。

図5

5.他都市との比較

  • 浜松市の水道料金は、令和元年度決算時点で政令指定都市18市の中で2番目・近隣市町の中で最も安い水準になっています。※県営水道を主体とする千葉市と相模原市を除く

 

<20立方メートルの水を使用したときの家庭用料金(一般用・口径13mm)>

図6

図7

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所上下水道部上下水道総務課

〒430-0906 浜松市中区住吉五丁目13-1

電話番号:053-474-7012

ファクス番号:053-474-0247

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?