緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 行政区 > 南区 > 南区協議会 > 令和2年度 第4回南区協議会 会議記録 > 令和2年度 第4回南区協議会 議事要点

ここから本文です。

更新日:2020年10月14日

令和2年度 第4回南区協議会 議事要点

  • 開催日時 令和2年8月27日(木曜日)午後1時30分~3時7分
  • 開催場所 五島協働センター 1階 ホール 
  • 次第
    1 開会
    2 議事
     (1) 協議事項
     ア 浜松市都市計画マスタープラン改定版(案)のパブリック・コメント実施について
     イ 浜松市総合交通計画中間年(2020)改定版(案)、浜松市地域公共交通網形成計画(案)のパブリック・コメント実施について
     ウ 浜松市緑の基本計画改定版(案)のパブリック・コメント実施について
     エ 令和2年度南区地域力向上事業の提案について
    3 その他
    4 次回の開催予定
    5 閉会 

2 議事

(1)協議事項

ア 浜松市都市計画マスタープラン改定版(案)のパブリック・コメント実施について
≪都市計画課が資料に基づき説明≫

イ 浜松市総合交通計画中間年(2020)改定版(案)、浜松市地域公共交通網形成計画(案)のパブリック・コメント実施について
≪交通政策課が資料に基づき説明≫

ウ 浜松市緑の基本計画改定版(案)のパブリック・コメント実施について
≪緑政課が資料に基づき説明≫

(島津邦博会長)
本日は、パブリック・コメントのやり方についてではなく、今説明した内容について協議するということで良いか。

(緑政課)
本日説明した内容についてご意見をいただければと思う。

(澤根緑委員)
浜松市の計画を聞いて将来が楽しみだなあと思った。昨年度、社会福祉協議会で住民アンケートをとったところ、困っていることで最も多いのは、買い物と通院であった。河輪地区はバスの本数が少なく、高齢者は交通難民の対象になっていると思う。将来的に人口は減り高齢化は進むので、高齢者に優しい浜松市になったらいいと思う。
また、以前友人を舘山寺温泉に招待したことがあるが、舘山寺温泉街に雑草が生えていたり、廃墟のような店舗があったりして、少し恥ずかしい気持ちになった。緑の計画を進める上で、観光面を見据えて、緑を増やしたり景観を良くしたりしていただきたいと思う。

(鈴木美佐男委員)
コンパクトなまちづくりにして集中的に投資するというのは、総論では良い案なのかなと思った。ただ、行動に移したときに我々が住んでいる地域はどうなるのかと不安になった。具体的には、既存の交通網であるJR・遠州鉄道・遠州鉄道バスが中心になると、そこから外れた地域はどうなるのかなと感じた。今後は高塚駅や天竜川駅を都市づくりの拠点にすると伺っており、住宅は指定された地域に建てられていくと思う。そうなれば、拠点から外れた地域は住宅が建たなくなっていき、交通網はますます減っていく。指定された地域とそれ以外の地域との差については、どのように考えているか。

(都市計画課)
都市全体として人口が減っていく中で、市内でまばらに人口が減っていくと、全地域で道路や水道を同じように維持していかなければならなくなり、都市経営が立ち回らなくなってしまう。そのため、住み替えをされる方には、公共交通沿線の地域に住んでいただきたいというまちづくりを提示させていただいている。これは、沿線以外の市街化調整区域等にお住まいの方がただちに住めなくなるという訳ではない。生活が維持できるような形はとっていく。新たに市街化調整区域に人が住んでいく状況になると都市が維持できなくなってしまうため、市街化調整区域で開発が多くできるという状況は是正していきたいと考えている。

(鈴木美佐男委員)
その考え方も良く分かる。中心部の人口は減っていて、周りの人口は増えているのは、どういう理由だと考えているか。

(都市計画課)
浜松市は、市街地縁辺集落制度を展開している。国から全国的に、都市づくりを見直すように提言されている。市街化調整区域を開発できる状況は、人口が増加する時代は良かったが、減少している場合には都市経営が立ち回らなくなってくるため、見直しをしないといけないという認識を持っている。

(鈴木美佐男委員)
人口よりも家を見るべきだと思う。一軒は一軒であるから、これから一つの地域に集中して住んでくださいということになると、そうでない地域はますます家が少なくなっていく。おいていかれたところはずっとそのままである。
交通手段を考えると、現在市バスはなく、遠州鉄道バスは営利企業であるため利用者が少ないところは廃線となる。計画の本編では地域バスに触れていたが、本当にそれだけでいいのか疑問である。同じ浜松市民でも地域によって受けるサービスがだいぶ変わってきてしまうことが考えられる。一つのところにまとまれば投下資本も少なくて済むので、考え方は分かるが、既存で住んでいる人たちを見捨てないような政策をお願いしたいと思う。

(藤田沙奈江委員)
緑の計画の資料を見て、夢を描いているような印象を受けた。河輪地区は耕作放棄地や、ソーラーパネルが増えている。「みどりのオーナーシッププロジェクト」等は、実現できるものなのか、それとも、想像で計画しているのか。河輪地区では、通学路に面した場所に花を植える活動を地域で行っており、小学生も手伝ってくれている。耕作放棄地は、管理する人がいない場合があり、問題となっている。現実に耕作放棄地があるということを見据えて、何か良い案はないかと思う。

(緑政課)
「この指とまれプロジェクト」は、市民の皆様にみどり生活を愉しんでいただきたいという思いがあり、策定委員として加わっていただいたみどりに関する活動家のアイデアをもとに掲載している。アイデアの段階のため、どのように現実にしていくかは、やってみたいという声をいただいて一緒に考えながら進めていきたい。10年間の計画の中でステップを踏みながら、行政として後押しできるような体制を整えていく。やりたいということがあれば、声をかけていただきたいと思う。
耕作放棄地は、本計画の中では、施策方針の一つである「浜松の農業・林業を振興する」と関連する問題である。今後の具体的な事業は、推進プログラムという形で取り組みを進めていく。担当課と事業調整を行っていくため、その中で本日いただいたご意見を担当課に伝える。
南区では天竜川も流れていることから、耕作放棄地や空き地について、防災面についても考えていただきたい。

(伊藤哲朗委員)
都市計画に関して、これまで出た意見に同感である。今までは駅を中心に市街化を進めてきたが、その考え方は見直していくべきだと思う。澤根委員がお話しされたように、高齢者が日常的に行く場所は買い物と病院である。鉄道の利用が少ないことも、高齢者の日常生活の実態だと考えてもらいたい。
市街化調整区域は大きな問題をはらんでいると思う。それは、昭和47年にはっきり線引きして以来、基本的に見直しがされていないことである。東区の話になるが、イオンが線引きになっていて、すぐ横は市街化調整区域で田んぼである。近くの小学校の周りも田んぼである。商業施設や学校の周辺というのは、家を建てて住みたい地域だと思うが、規制によりそれができないのは実態に合っていないと思う。線引きから50年近く経っているので見直してもらいたい。
耕作放棄地は、農業の経験がない場合、草が伸びたら刈るという作業を繰り返すだけである。周りを見ても同じような方が多い。色々原因はあると思うが、農地法が厳しい法律であるということもその一つだろうと思う。農地は簡単に手放すことができず、売ることもできない。今後拡大していく問題だと感じている。また、相続問題は社会現象になると思う。所有者不明の土地は九州と同じ面積だという話があり、その分だけ固定資産税を徴収できていないということである。土地管理は非常に重要である。市町村によっては、地籍調査が進んでいないところもあると聞くが、きちんと行うべきことである。地目も大きな問題で、課税地目と登記地目が違っている土地が多くある。
都市計画は、このような細かな問題にぶつかってなかなか進まないこともあると思うので、行政主導で同時に取り組んでいただきたいと思う。

(島津邦博会長)
他にもご意見のある方がいるかと思いますが、ここで協議の時間を終えたいと思います。資料の中にパブリック・コメントの用紙があるので、ご意見のある方は、こちらに書いて提出してください。

エ 令和2年度南区地域力向上事業の提案について
≪南区区民生活課が資料に基づき説明≫

(宇野雅彦委員)
地震はいつ来るか分からないので、住民の方に防災意識を高めてもらうのは非常に良いことであると思う。地震発生後3日間が大切な期間であるといわれており、マニュアルには3日間でどのような役割をするのかが細かく書いてある。話し合いながら理解を深めるのは大事なことだと思う。

(島津邦博会長)
南区区民生活課は、ただいまの意見を参考にして、「災害に備えるための『減災学習』」を実施してください。

3 その他

≪南区区振興課がブックポスト設置状況について説明≫

(田中三和子委員)
南区は図書館が少ないため、返却場所も含めてもう少し充実しているとありがたいと思う。

(南区区振興課)
中央図書館に、ご意見があったことを伝える。

4 次回以降の開催予定

令和2年度第5回南区協議会
令和2年9月24日(木曜日)午後1時30分から 会場:五島協働センター1階ホール

令和2年度第6回南区協議会
令和2年10月8日(木曜日)午後1時30分から 会場:五島協働センター1階ホール

5 閉会

(島津邦博会長)
以上で、令和2年度第4回南区協議会を閉会する。

 

令和2年9月24日

署名委員 片岡玉代

署名委員 川崎三男

 

令和2年度第4回南区協議会 会議記録へ

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所南区区振興課

〒430-0897 浜松市南区江之島町600-1

電話番号:053-425-1120

ファクス番号:053-425-1695

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?