緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 出世の街 浜松 みりょく大集合 > はっけん浜松 > 文化・芸術 > 宝塚歌劇団の育ての親・演出家白井鐵造氏の記念館

ここから本文です。

更新日:2014年9月30日

宝塚歌劇団の育ての親・演出家白井鐵造氏の記念館

白井鐵造氏は、宝塚歌劇団を代表する歌「すみれの花咲く頃」の訳詞者で、この歌を主題歌とする「パリゼット」(1930年8月上演)の演出などで「レビューの王様」と称された人物です。

出身地である浜松市天竜区春野町には、この白井鐵造氏の遺品(グランドピアノ、書斎机、ステレオ等)と宝塚関係の資料(脚本原稿、楽譜、台本、ポスター等)を収蔵、展示した「白井鐵造記念館」があります。また、春野地域の住民は、「すみれ草花愛好会」をつくり、スミレの栽培に取り組んでいます。白井氏の生誕100年にあたる2000年に旧春野町がスミレ200株を宝塚市に寄贈したことから交流が本格化し、2009年2月には愛好会メンバーと鈴木康友市長が宝塚市を訪問するなど、スミレの花を通じた交流が続けられています。

白井鐵造記念館
春野町にある白井鐵造記念館

【場所】浜松市天竜区春野町宮川1768
【TEL】053-989-0200
【開館時間】9時00分から17時00分
【休館日】毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、祝日の翌日、年末年始
【観覧料】無料

お問い合わせ

浜松市役所産業部観光・シティプロモーション課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2293

ファクス番号:050-3730-8899