ここから本文です。

更新日:2014年9月29日

浜松市道路施設ユニバーサルデザイン指針18

2 道路施設ユニバーサルデザイン指針策定

(2)対象施設・項目 3)安全施設 歩行者自転車用柵<歩行者自転車用柵>

○基本的な考え方

歩行者等が路外や車道へ転落したり、車道をみだりに横断するのを防ぎ、安心して通行できるものとします。また、景観に配慮した色彩や意匠とします。

○整備指針

(1)防護柵は原則として「防護柵の設置基準・同解説」「景観に配慮した防護柵の整備ガイドライン」に準拠し設置する。
(2)設置箇所は以下とする。

  • a.盛土、崖、擁壁、橋梁、高架などで歩行者等が転落する危険がある区間
  • b.歩行者等の道路の横断が禁止されている区間
  • c.都市内の道路で走行速度が低く、単に歩道等と車道とを区別することにより歩行者等の安全を確保することができる区間
  • d.連続した植樹帯のある道路には横断防止を目的とする防護柵は設置しないものとする。

(3)転落防止を目的とする柵の高さは1.1mを標準とする。また縦格子を基本とし、格子間隔は15cm以下とする。
(4)横断防止を目的とする柵の高さは0.7~0.8mとする。
(5)色彩は、ダークブラウンやダークグレー等、良好な景観形成に配慮したものとする。
(6)防護柵のボルト・ナット類及び端部は、歩行者の衣類等が引っかかりにくい処理を行う。
(7)車道と歩道の分離を目的に設置された防護柵について、道路のカーブ区間以外では車止め、縁石等に代替し景観に配慮する。

○整備水準

  • (1)(2)(3)(4)(6)は原則として市全域で適用する。
  • (5)は市全域で推奨し、原則として交通バリアフリー重点整備地区、山間地、観光施設周辺で適用する。
  • (7)は市全域で推奨する。

○整備事例

写真:歩道等と車道の区別に植樹を兼ねた車止めを使用し、景観に配慮した例

写真:歩道等と車道の区別及び横断防止に植樹帯を設置した例

←前のページへ戻る目次次のページへ進む→

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所土木部道路企画課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2232

ファクス番号:050-3737-0045

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?