ホーム > 市政情報 > 行政区 > 中区 > 中区協議会 > 平成26年度 第1回中区協議会 議事要点

ここから本文です。

更新日:2018年9月4日

平成26年度 第1回中区協議会 議事要点

開催日時

平成26年4月22日(火曜日)午後1時30分~3時20分

開催場所

市役所 本館2階 21会議室

次第

1. 開会
2. 区長あいさつ
3. 委嘱書交付
4. 自己紹介
5. 区協議会委員研修(区協議会の役割について)
6. 議事
 (1)協議事項
 ア 会長及び副会長の選任について
 イ 平成26年度中区地域力向上事業「区民活動・文化振興事業、区課題解決事業」について
 (2)報告事項
 ア 平成26年度中区地域力向上事業「市民提案による住みよい地域づくり助成事業」の選考結果について
 イ 中区区政運営方針2014について
7 その他
 (1)次回以降の開催日程について
 (2)その他
8 閉会

1 開会

2 区長あいさつ(島野区長からあいさつ)

3 委嘱書交付

島野区長から各委員へ、市長からの委員委嘱書を交付

4 自己紹介(委員及び区役所職員自己紹介)

事務局から配付資料の確認

5 区協議会委員研修

≪事務局から区協議会の役割について説明≫
 ー質問・意見なしー

≪事務局から中区協議会の運営について説明≫
(区振興課)
 開催頻度については、原則として偶数月の隔月開催とし、必要に応じて奇数月も開催する。開催日程は毎月決定しておき、必要がない場合に取りやめる方法で、年10回程度の開催を目安としたい。その点いかがか。
(多数)
 異議なし。
(区振興課)
 開催日程について、事務局案としては、できれば月の25日前後の平日、午後1時30分からの開催としたい。25日前後の理由は、案件提出課からの協議事項の送付、議案調製、議案の事前送付、会議終了後の協議会だよりの作成日程等を考慮すると、25日前後となる。時間についても、各課からの説明等もあることから基本的には、平日の午後1時30分からとしたい。
(多数)
 異議なし。

6 議事

(1)協議事項

ア 会長及び副会長の選任について
≪事務局が、資料に基づき選任方法について説明≫
(区振興課長)
 前回平成24年の改選時と同様に、初めに会長を委員からの推薦で決定し、副会長は会長の指名により決定する方法でよいか。
(多数)
 異議なし。
(区振興課長)
 それでは、会長候補者の推薦をお願いする。
(佐藤委員)
 齋藤委員を推薦する。齋藤委員は、中区の自治会連合会長であり地域の実情も承知していて、いろいろ面倒をみている方で適任者と思うので推薦する。

≪満場一致で齋藤委員を会長に選任≫

 新会長と会議進行の打ち合わせのため10分間休憩

(区振興課長)
 齋藤会長から副会長の指名をお願いする。
(中条会長)
 中山委員を指名させていただきたい。

≪正副会長就任のあいさつ≫

≪議長交代≫

≪会議録署名人の指名≫
 齋藤会長から、青野敦子委員及び神井正委員を指名。

イ 平成26年度中区地域力向上事業「区民活動・文化振興事業、区課題解決事業」について
≪中区・区振興課が説明≫
(川合委員)
 市街地交通事故ストップ作戦事業に関連して、中区内には自転車専用レーンがどのくらいあるのか。自転車専用レーンの効果についても知りたい。
(区振興課)
 分かりかねるので、所管課に確認し追って回答する。
(齋藤会長)
 この事業の主目的は、交通事故ストップのための啓発事業か。
(区振興課)
 中区は、浜松駅を中心に高校生などが自転車で通学するケースも多く、交通事故の危険性が多いので、交通事故の多発箇所のハザードマップを作成したり、自転車の走行ルールを啓発する事業である。
(青野委員)
 自転車も一方通行のところは一方通行をしなくてはいけないと先日初めて聞いたが、そうした啓発も行ってもらいたい。
(区振興課)
 自転車も軽車両であるので、交通ルールは自動車と同程度である。そうした啓発も機会があればしていきたい。
(畑委員)
 高校生の自転車走行ルールについて楽しく紹介となっているが、ルールは楽しくではなく、正しく紹介をしてもらいたい。
(区振興課)
 委員の言うとおりである。ルールを守るように正しく伝えて行きたい。
(中野委員)
 ナンバー2の人形劇事業について、先日、医療の関係で在宅介護の問題点をPRするのに演劇が効果的であると感じた。社会活動をされる方がこのようなツールを利用してPRすることは良いことであると思うが、この事業はどのような内容か。
(区振興課)
 乳幼児向けの人形劇体験講座と成人向けの人形劇制作養成講座を計画したが、成人向けの事業については、最終的に予算の関係で本年度は実施しないこととした。乳幼児向け人形劇体験講座については、昨年に引続き実施していく。
(谷口委員)
 ナンバー1の夏休みおたのしみこども演劇公演事業であるが、内容欄では、実施時期が10月から12月となっているがどうか。また、どのような事業か。
(区振興課)
 演劇公演事業は昨年度も実施したものである。10回程度演技指導を受け、最終的に発表会を実施する。実施時期は、内容欄に記載のある10月から12月に実施する予定である。事業名欄の夏休みが誤謬であるので削除をお願いしたい。
(佐藤委員)
 この議案とは直接関係無いが、最近街中で映画の撮影が行われているが市では承知しているのか。
(齋藤会長)
 先日、新宿スワンという映画の撮影が肴町などで行われていた。聞くところによると、新宿での撮影が出来なくなっていて有楽街などを新宿に見立てて撮影をしたようである。
(区振興課)
 肴町などで撮影を行っていたことは承知している。市では、フィルムコミッションを行っており、観光交流課などで撮影の誘致等もおこなっている。
(西村委員)
 交通を遮断するのであれば、事前に市民への告知が必要ではないか。
(区振興課)
 所管課に伝えたい。
(河合委員)
 まちなか協議会としては、事前に連絡を受けていた。見る側のマナーの問題もあって有名な役者がいて殺到してしまった。市がもう少し絡んでもらうのと、ガードマンがもう少し制止できればよかったと思う。お店によっては、集客があり潤ったところもあったようである。浜松市としては、できるだけ賑わいのあるもので、子どもの教育にも良いものを呼んでもらいたい。
(中山副会長)
 地域力向上事業の全体像が分かる資料を以前にもらったように思うが、そうした資料がないと分かりにくいのではないか。
(区振興課)
 平成25年度から事業が改正されたので、追って資料を提出する。
(谷口委員)
 事業は委託事業で行うのか。
(区振興課)
 区民活動・文化振興事業、区課題解決事業については、基本的に委託事業である。例えば、演劇の事業については、本年度はまだ委託先が決まっていないが、昨年度は劇団たんぽぽに委託をして演技指導と公演を実施した。

(2)報告事項

ア 平成26年度中区地域力向上事業「市民提案による住みよい地域づくり助成事業」の選考結果について
≪中区・区振興課が説明≫
(藤下委員)
 3件が採択で、3件が不採択ということだが追加募集をするのか。
(区振興課)
 助成事業の当初予算額440万円に対し、採択した事業は、152万2千円であり予算の半分以上が残額となっている。今後、二次募集についても検討していきたい。
(齋藤会長)
 申請が少なくて寂しい感じがするがどうか。
(区振興課)
 以前には、20件近く申請があった年もあったが、昨年は9件、今年は6件の申請であった。中区の地域力向上事業としては、申請から3年継続して実施し、もう申請できない事業や、団体等が自主的に運営できている事業も多くある。また、全市的なイベントで中区内が会場となっている事業もあり、中区民のための地域力向上事業となると若干事業が限定されてしまうように感じる。

イ 中区区政運営方針2014について
≪中区・区振興課が説明≫
(河合委員)
 防犯灯の設置が資料にあるが、今日、ニュースで放送されていたが、東京都では防犯カメラの設置を行い安心安全なまちづくりを目指すとのことであった。中区として防犯カメラの設置の考えはあるか。
(区振興課)
 過去には、地域力向上事業で浜松駅周辺に防犯カメラを設置したことはあるが、現在では、地域力向上事業での設置はできないことになっている。他の事業でも、中区としては現在設置の計画はない。
(河合委員)
 まちなか防犯センターに居ると夜間喧嘩なども見られる。商店街については、2分の1の補助や3分の1の補助などがあるが、行政としてなんとか補助ができないか協議をしてもらいたい。
(区振興課)
 中区としては難しい。所管課である市民生活課には、その旨伝えていきたい。
(齋藤会長)
 市の中心街では、産業振興で補助をもらい防犯カメラや防犯灯、街路灯を設置しているところもある。その点で、地域がやるのか、商店街がやるのかわかりにくい部分もある。大きな道沿いはいいが、路地裏が危険であるので、そうしたところを何とかしてもらいたいという意見であったと思うので所管課に伝えてもらいたい。
(藤下委員)
 参考までに、市役所の中には防犯カメラはあるのか。プライバシーの問題もあるが、市役所で花壇が荒らされる事件もあったので設置してはどうか。
(区振興課)
 市役所内には設置していない。
(藤下委員)
 いろいろな事件があるので、市役所にも設置しておいた方がよいのではないか。
(区振興課)
 社会福祉課には警察官OBを非常勤職員として配置している。
(齋藤会長)
 防犯カメラは抑止的な効果もあるので、中区としても所管課に伝えてもらいたい。
(中山副会長)
 市役所の危機管理として、市役所も足元を固めた方がよいのではないか。市役所の安全は、市民に通じるものである。市民を守るという意味で施設管理の所管課に働きかけてもらいたい。
(区振興課)
 受付の業務などもあるので守衛は24時間で常駐はしている。
(中山副会長)
 人による対応も必要であるが、抑止力としての効果が防犯カメラにはあるので必要ではないか。
(区振興課)
 市民安全の所管である市民生活課と庁舎管理の所管である資産経営課に申し伝える。
(髙橋委員)
 防犯灯のLED化については、5年間で実施する計画であるが、このように年次計画がはっきりしていると自治会としても取り組みやすい。年次計画的に行えるものは出来るだけそうしてもらえると見通しがつきやすいのでそうしてもらいたい。
(区振興課)
 防犯灯のLED化については、自治会へは5年間で取替えをお願いしているが、市の予算としては毎年度毎年度、単年度の予算計上をしている。

7 その他

(1)次回以降の開催日程について

≪次のとおり決定≫
 5月22日(木曜日) 午後1時30分~ 21会議室
 6月25日(水曜日) 午後1時30分~ 21会議室
 7月23日(水曜日) 午後1時30分~ 21会議室

(2)その他

≪事務局より5月から市庁舎で服装の軽装化を実施する旨を報告≫

8 閉会

(区振興課長)
以上をもって、平成26年度第1回中区協議会を終了する。

平成26年5月22日
署名委員 青野敦子
署名委員 神井正

平成26年第1回中区協議会 会議記録へ▲

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所中区区振興課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2210

ファクス番号:053-457-2776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?