緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 行政区 > 中区 > 中区交通安全の取り組み

ここから本文です。

更新日:2021年10月7日

中区交通安全の取り組み

生命のメッセージ展を開催します

内容

知ってるつもり!?交通安全

事故から自分の身を守るための方法や事故にあわない、あわせないポイントを歩行者・自転車・自動車別にパネル展示します。

交通安全について知ることで事故を減らし、ワースト1脱出を目指しましょう! 

いのちは語る

交通事故で尊い命を奪われた被害者の等身大パネルや遺品の靴などを展示します。

交通事故の悲惨さや命の大切さを学びましょう。

生命パネル展チラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(画像クリックで拡大表示されます。)

日時:令和3年12月15日(水曜日)~12月20日(月曜日)10時00分~17時00分※12月20日は15時00分まで

場所:遠鉄百貨店6階 ギャラリーロゼ

※入場無料

※新型コロナウイルス感染状況により、開催時間変更または中止になることがあります。ご了承ください。

浜松市中区交通安全の手引きを作成しました(令和3年10月7日更新)

●中区は幹線道路が多く、渋滞が発生しやすい環境にあります。市内の交通事故の約30%は、中区で発生しております。

●中区の交通事故傾向として、車両と車両の交通事故のうち、約40%が追突によるもので、人と車両の交通事故の約50%は横断中に起こっています。また、市内の交通死亡事故の65%が65歳以上の高齢者です。(手引き表紙中段にグラフあり)
●「あせりや相手が止まるだろう、ゆずるだろうという思いこみ」が事故につながっていると考えられます。
●交通事故を防ぐため、「事故にあわない・あわせないポイント」を手引きとしてまとめました。ぜひご覧ください。

手引きの内容

ドライバーの皆さんへ

  1. 中区市街地事故多発マップ・3つの事故のもと「あせり 油断 暗がり」
  2. 追突事故と事故予防のポイント
  3. ドライバーの危険予想3つの心得
  4. 中区2年連続「交通死亡事故ゼロ連続200日」を達成!

自転車の皆さんへ

  1. 負傷者に占める中学・高校生の割合と主な違反
  2. 未成年でも高額な賠償責任を負うことも・・・
  3. 実は危ない!死角
  4. 「ながら運転」は危険!
  5. 自転車安全利用5則
  6. 事故にあってしまったら

歩行者の皆さんへ

  1. 信号機のない横断歩道でドライバーの約5割が停まらんら!
  2. 自分の身を自分で守る方法その1「道路横断 3つのポイントを守るだに」
  3. 自分の身を自分で守る方法その2「反射材 暗い夜道で ばかめだつ」
  4. 反射材は中区まちづくり推進課で無料配布中(令和5年3月まで・おひとり様1個まで)

ダウンロードはこちら

浜松市中区交通安全の手引き(PDF:3,743KB)

※両面長編綴じにて印刷していただくと、冊子形式になります。
※印刷した冊子は、中区まちづくり推進課でも受け取ることができます。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所中区まちづくり推進課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2778

ファクス番号:053-457-2786

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?