ここから本文です。

更新日:2016年1月21日

次世代エネルギーパーク計画

認定書(平成24年10月5日)

 次世代エネルギーパークは、自治体が企業等と連携し、エネルギーに関する新たな取組を見学、体験できるような施設整備を行う取組で、1.再生可能エネルギー設備や体験施設等を一か所にまとめて中核拠点を形成したもの(拠点集中型)と、2.地域内に点在する再生可能エネルギー設備を結びつけ、地域全体をエネルギーパークとする形態(広域連携型)があります。 

 経済産業省が、平成19年度から、こうした施設整備及びその運営計画の認定を行い、その普及広報・利用促進に取り組んでおり、平成25年度までに全国56計画を認定しています。

 浜松市の「次世代ダイバーシティエネルギーパーク計画」は、平成24年10月、静岡県内で初めて認定されました。この度、6施設を新たに追加し合計24施設になりました。

 

経済産業省資源エネルギー庁ホームページ(別ウィンドウが開きます)

浜松市次世代ダイバーシティエネルギーパーク

次世代ダイバーシティエネルギーパークパンフレット(PDF:1,913KB)

(1)概要

 日本トップクラスの日照時間と豊かな自然に恵まれた広大な市域全体をエネルギーパークに位置づけ、太陽光、太陽熱、風力、水力、バイオマスなどの豊富かつ多種多様な新エネルギー施設や資源を「シーサイドゾーン」、「レイクゾーン」、「フォレスト・リバーゾーン」に区分し、地域別・テーマ別に体験・体感・学習することができます。

(2)対象施設

 静岡県内初の公有地によるメガソーラーなどの太陽光発電設備、「地球のたまご」などの太陽熱利用設備、「佐久間ダム」などの水力発電設備、「浜松風力発電所」による風力発電設備、「浜松市西部清掃工場」などのバイオマス発電設備、「SOLAE(電器堂)」などのエネルギー体験施設、「光産業創成大学院大学」などのエネルギー関連施設など、規模や種類が異なる官民合わせた24施設をエネルギーパーク対象施設として位置づけています。

浜松市次世代ダイバーシティエネルギーパーク対象施設一覧

レイクゾーン

シーサイドゾーン

フォレスト・リバーゾーン

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所産業部エネルギー政策課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2503

ファクス番号:050-3730-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?