ここから本文です。

更新日:2017年8月30日

福祉交流センターのオルガン

福祉交流センターのパイプオルガン

浜松市福祉交流センターの「交歓の広場」に設置されているオルガンは、ドイツのクライス社の製作によるもので、1660本のパイプにより、26色の音色を出すことのできる本格的な中規模オルガンです。柔らかい音色を特色としており、残響音のすばらしさは専門家から高い評価を得ています。また、正面に見える美しいパイプは特に純度の高い錫鉛合金で作られています。
公共施設としては、全国で5番目に設置され、定期的に演奏会を開催しています。
楽器の街から音楽の街を目指す浜松のシンボルのひとつとして市民の情操のかん養と音楽を志す人の夢をはぐくむのに大きな役目を果たしています。

「第160回定期演奏会」を開催します

伝統あるオルガン演奏会は、160回を迎えます。今回は、小林氏、湯口氏によるオルガンデュオによる演奏をお届けします。

生演奏でお届けするオルガンの音色を全身で感じ、日常では出会えない感動を味わってみませんか。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

日時

平成29年10月4日(水曜日)午後7時開演

場所

浜松市福祉交流センター

(浜松市中区成子町140番地の8)

演奏者

小林英之(こばやし ひでゆき)
東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院修了。ドイツ、フランクフルト音楽大学卒業。各地での独奏会のほか、アンサンブルへの参加も多い。N響、新日フィル、都響、読響等の定期演奏会にソリストとして出演。また、東京芸術劇場をはじめ各地のホールでオルガン関連事業の企画を担当。
上野学園大学教授。東京芸術劇場オルガニスト。

 

湯口依子(ゆぐち よりこ)
東京藝術大学オルガン科卒業、同大学院修了。ドイツウエストファーレン州立教会音楽学校卒業。リサイタル等のソロ活動およびアンサンブル活動等を行う。
日本福音ルーテル市ヶ谷教会オルガニスト。ルーテル学院大学講師、同大学オルガニスト。青山学院女子短期大学講師、桜美林中学・高等学校オルガニスト。

演奏曲目

 L.v. ベートーヴェン : フルート時計のためのアダージョ
S. ウェスリー : デュエット
G. メルケル : ソナタ ニ短調 Op.30 他

入場料 無料(当日、直接会場へお越しください。)
主催 浜松市

問い合わせ

浜松市福祉総務課 電話:053-457-2326

電子メール:fukushisomu@city.hamamatsu.shizuoka.jp

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部福祉総務課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2326

ファクス番号:050-3730-5988

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?