現在の位置  : ホーム > 意識しよう“健康的な食” > 減塩はなぜ大事?

更新日:2021年3月11日

ここから本文です。

健康的な食ってどんなこと? 教えて!家康くん

減塩はなぜ大事?

食塩のとり過ぎはなぜ良くないの?

食塩のとり過ぎは高血圧と関連があり、血圧が高い状態を放置すると、腎臓病や心疾患、脳血管疾患などの引き金になります。

1日の食塩摂取目標量はどれくらい?

男性は7.5グラム未満、女性は6.5グラム未満が目標ところが、平成28年県民健康基礎調査によると、食塩を目標量よりも1日約2グラム多くとっていました。日本人は、男女ともに食塩をとり過ぎている傾向にあります。

(参考)平成28年県民健康基礎調査 平均食塩摂取量(グラム)

減塩のコツを教えて!家康くん

  • かける前にまず味見をするのじゃ!

    味をみずに調味料をかけていませんか?まずは味を確認し、本当にその味付けでたりないのか考えましょう。

  • 栄養成分表示で食塩をチェックするのじゃ!

    食品のパッケージの裏などにある栄養成分表示で、その食品の食塩相当量が分かります。

  • 香辛料や酢、減塩調味料を上手に使うのじゃ!

    良い香りの料理はうす味でも美味しく食べられます。ポン酢や減塩調味料だからといって、安心して使いすぎることもあるので注意しましょう。

  • だしの旨みや新鮮な材料で素材の味を生かすのじゃ!

    鰹ぶし、昆布、しいたけなどの天然だしの美味しい味を楽しみましょう。顆粒だし、濃縮だしには、食塩が含まれていることが多いので、とり過ぎに注意しましょう。

  • 野菜、果物を上手に取り入れるのじゃ!

    野菜や果物にはカリウムが豊富で、ナトリウムの排泄を促して血圧を下げる働きがあります。

  • お酒のおつまみには要注意なのじゃ!

    お酒のおつまみには味の濃いものが多いです。

(参考)ふじのくにお塩のとりかたチェック(静岡県)

血圧を下げる第一歩は減塩から!今からできる減塩レシピ

管理栄養士がおすすめ!旬の野菜を使った簡単、おいしい減塩レシピを紹介します。
1品の食塩は「1.0g前後」です。
このレシピは、市と株式会社杏林堂薬局と地方創生に関する包括連携協定により、浜松市医師会主催の「減塩・低カロリープロジェクト」の取り組みの一環として作成しました。杏林堂薬局各店舗でも配布しています。
※秋レシピは9月、冬レシピは12月、春レシピは3月に公開予定です。お楽しみに!

夏レシピ

香味野菜や香辛料を使った暑い夏におすすめレシピ!

  • 牛肉と野菜のさっぱり和え
  • 夏野菜のカレー炒め
  • アボガドとオクラのわさびポン酢
  • キャベツとわかめのレモン醤油
 

秋レシピ

少し肌寒くなった秋にホッと体が温まるレシピ!

  • とうがんの中華あんかけ
  • かぶのラタトゥイユ風
  • さばのごま味噌煮
  • チンゲン菜とシーフードのクリーム煮
 

冬レシピ

旬の素材を使ったクリスマスやお正月にもおすすめレシピ!

  • フライパン・キッシュ
  • チヂミ風もちサンド
  • たらのおろし南蛮
  • 切干大根のごまチーズサラダ
 

春レシピ

春に旬をむかえる新物野菜を美味しく食べるレシピ

  • 春野菜の鶏むね肉巻き
  • 新たまねぎのハムチーズステーキ
  • シャキシャキ“ニラたけ”炒め
  • 超簡単!豆苗の塩こんぶ和え
 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。