緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 行政区 > 天竜区 > てんりゅう暮らしの見本帖 > 天竜川で鮎釣りを楽しむ人

ここから本文です。

更新日:2019年3月31日

天竜川で鮎釣りを楽しむ人

「鵜よりもね、魚がどこにいるか知っているんだ」(PDF:199KB)

初夏の風物詩

6月1日、午前4時。空にはまだ星を見ることができる。普段であれば、多くの人が寝静まり、聞こえるのはウグイスのさえずりくらいだが、この日ばかりは様子が違う。天竜川の河原には、鮎の解禁日を心待ちにしていた釣り人たちが、続々と車に乗って集まってきた。中には、前日から泊まり込みで場所取りをしていた人たちもいる。釣り人たちの朝は早い。

ある釣り人から待ち合わせに指定された時間も午前4時。釣り人の家は、天竜川の目と鼻の先にある。予定の時間ぴったりに赤のウインドブレーカー、麦わら帽子、長靴のいでたちで現れたのは阿隅さん。この道50年以上の大ベテランだ。

「残念だけど、今日は釣れそうにない。鮎がいないんだよな」と阿隅さんの第一声。竿を投げる前から、釣れるかどうか、鮎がいるのかどうかが分かるという。阿隅さんはこう続ける。「みんな、鮎が跳ねているかでだいたい見極めている。でもね、跳ねてる鮎は実はあんまり釣れないんだ。俺はね、川底の石の色をよーく見る。鮎がどれだけコケをなめているかをね」。

そういわれて川に目をやるが、素人が見てもよく分からない。阿隅さんの話しでは、鮎が多くいる場所は、石が黒光りをするほどになるらしい。そして、この辺りの川は、どうもそういった状態ではないのだそうだ。

「俺はね、鵜よりも魚がどこにいるか知っているからさ」。阿隅さんはそう言って笑った。しかし、それもまんざら嘘というわけではない。阿隅さんの日常は、毎朝の愛犬との散歩で始まる。365日、天竜川の堤防沿いを歩く。わずかな川の変化も見逃さない。

達人の技 マジックショーのごとく

「みんながいるところで釣るのも何だし、少し穴場に行こうか」という阿隅さんの後を追う。長靴姿だが、岩場を歩くのがとにかく速い。こちらはスニーカーを履いていたが、その速さにとても追いつかない。「足場が悪いから、ゆっくりこいよ」阿隅さんはそう気遣ってくれた。子どもの頃から通い続ける天竜川は、文字通り阿隅さんの庭なのだ。

午前4時30分。少しずつ東の空が白んでくる頃、阿隅さんは慣れた手つきで糸を垂れ始めた。「そうだな、10分後には1匹目が釣れればいいところかな」時計を見やってそういった。実際に初物を釣り上げたのは、予告通り10分後。まるでマジックでも見ている気分だ。この手品にタネや仕掛けがあるのか聞いてみたが、特別なことはしていないと笑う。「まぁ、誰でも同じように釣れるわけじゃあないんだけどね」と阿隅さん。川の中の魚を、自分のところだけに集める術でもあるのだろうか。

達人の流儀 2時間一本勝負

毎年、解禁日である6月1日から、4時に家を出て、釣りに出かける日々が続く。ただし、長時間、河原にいることはない。「例えば、6時8分に天竜浜名湖線の電車が鹿島の鉄橋を渡る。そしたら、その日の釣りはおしまい」。阿隅さんの鮎釣りは、4時から6時までの2時間一本勝負だ。「釣れない釣りはしない」というが、現に日が昇った後では鮎は全く釣れなくなるという。今では、仕事もリタイヤし、朝から晩まで釣り三昧の生活もできるのだろうが、1日2時間までというのは、現役時代からの一貫したスタイル。ちなみに2時間で、どのくらい釣り上げるのか聞いてみたが、簡単には答えてくれなかった。内緒にするからとお願いすると「隣の人の3倍くらいかな」としばらくしてから教えてくれた。

この日も午前6時になると、阿隅さんは愛犬の散歩があるからと、意外なほどあっさり竿を片付け始めた。魚籠の中には40匹ほど。鮎がいないとは言いながら、他の釣り人たちに比べると、その数はやはり3倍近い。

「やっぱり今日はだめだったな」と阿隅さん。どうも納得がいかない様子だ。それでも「また、明日だな」と語る目は少年のよう。こうして、太公望のいつもの6月がいつものように始まる。阿隅さんは、先ほどと同じさっそうとした身のこなしで、その場を後にしていった。

―午前6時15分。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所天竜区区振興課

〒431-3392 浜松市天竜区二俣町二俣481

電話番号:053-922-0011

ファクス番号:053-922-0049

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?