緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 行政区 > 天竜区 > てんりゅう暮らしの見本帖 > ヤマメつかみ取り大会を企画する人

ここから本文です。

更新日:2019年3月31日

ヤマメつかみ取り大会を企画する人

「一人ひとりの得意分野で、地域おこしに取り組んでいるんです」(PDF:242KB)

チャイムとともにヤマメに向かう
人、人、人

正午を告げるチャイムが鳴ると、600人もの人が一斉に川に入っていった。見上げると青い空と工事中の三遠南信道路。今年で20回目を迎えるヤマメつかみ取り大会が始まる。

川の至るところに作られた堰は、ヤマメの格好の隠れ場となる。「今年は川の水量が少ないなあ」このイベントを主催するここほれワンワン塾(以降、ワンワン塾)の代表である板橋さんはつぶやいた。昔に比べても川の水量は減っているように感じるという。

今まで4か所ほど会場を移してきたが、しばらくはこの会場での開催が続いている。ふと目を移すと、川を埋め尽くすほどの、人、人、人。大人から子どもまで、皆、ヤマメを捕まえようと必死になっていた。放流したヤマメは3,300匹程度。堰の隙間から泳いでくるヤマメを、座り込んで待ち構える人や水中を見据えて魚の影を追い、タイミングを計って手を出す人。捕まえ方のスタイルは人それぞれだが、ほどなくして「捕まえたー!」という歓声があちらこちらからあがり始めた。

町外から人を呼べるイベントとして

大人も童心に返り、ひたすらヤマメを追うが、時間が経ってコツをつかんだ子どもにはかなわないようだ。水を浴び、全身びっしょりになった男の子が、捕まえたヤマメを得意そうに見せてくれた。用意したビニール袋には、これでもかというくらいヤマメが入っている。楽しい?と聞くと、「うん」と即座にうなずいた。

スポーツ少年団などで日頃付き合いがある団体や、毎年恒例にして参加する人など、町外からの参加者が8割ほどにもなる。「町外から人を呼べるイベントができることは、とても重要だよね」と板橋さんは率直に語ってくれた。人口の減少傾向が続く水窪にとって、交流人口が増えることは願うべきことである。この日は、水窪から転出した家族も多く見受けられたと聞いた。

自然が相手 だから難しい

ワンワン塾のメンバーは、土建業者や電気会社、大工等で構成されていて、個々の得意分野を生かし、さまざまな活動を行っているそうだ。このイベントでも、会場の整備や出店の設営などを自前でやり、今回は、中学生のボランティアスタッフを加えた総勢30人ほどが運営にあたっている。

自然が相手であるため、大雨が降った後だったり、逆に雨が少なかったりした時には、開催の有無や準備等の判断が難しいそうだ。前日にヤマメを放流しておいたら、夜中に捕られてしまったこともあるという。「それから見張りを付けるようにした」と苦笑いしながら板橋さんは話してくれた。20年続いたこともあり、運営ノウハウも培われた。トイレ設置などの会場整備や参加料の徴収方法など、経験を踏まえて改善し円滑な運営を目指している。

炭火の香ばしい薫りがどこからともなく漂ってきた。さっそく、捕まえたヤマメを焼いている。ワンワン塾や女性の会などの出店もあり、自然に囲まれたこの空間で、夏休みの1日を過ごすのもいいかもしれない。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所天竜区区振興課

〒431-3392 浜松市天竜区二俣町二俣481

電話番号:053-922-0011

ファクス番号:053-922-0049

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?