ホーム > 市政情報 > 行政区 > 天竜区 > 地域力向上事業 > 平成25年度天竜区地域力向上事業事後評価

ここから本文です。

更新日:2014年6月30日

平成25年度天竜区地域力向上事業事後評価

平成25年度の地域力向上事業について、事後評価を行いました。

市民提案による住みよい地域づくり助成事業

評価項目と判断基準

評価項目

判断基準

事業の公益性

  • 区民の福祉の向上につながるなど、公益性があったか。
  • ニーズが高い分野であるか。

事業の効果

  • 区の課題が解決されたか。(今後期待できるか)
  • 事業の効果が広く区民に波及するものであるか。

経済性(費用対効果)

  • 補助金額に見合う効果が得られたか。(今後期待できるか)
  • 区民の理解が得られる補助金額であったか。

評価点

A=高い、B=やや高い、C=やや低い、D=低い

 

No 事業名 提案者(実施者) 事業内容 事業費(千円) 市補助額
(千円)
公益性 効果 経済性 評価コメント
1 二俣の生んだ彫金芸術の巨匠「二橋美衡」と「天竜二俣100景」展 浜松市天竜文化協会

展覧会「彫金芸術の巨匠「二橋美衡」と「天竜二俣100景」展」の開催

  • 会期:6月7日~9日
  • 会場:二俣協働センター
  • 内容:
    1. 「二橋美衡」彫金作品等の展示(所蔵者より借用)50点
    2. 「天竜、二俣」を描いた住民の絵画作品の展示30点
  • 印刷物:
    1. 展示会冊子「二橋美衡展」の発行300部
    2. 100景展パンフ200部発行
    3. PR用ポスター(B2)100枚、案内ハガキ300枚作成
  • 鑑賞者数:600人
470 128 A A A 3日間の会期で予想を上回る600人の鑑賞者数を集めたこと、また、文化協会会員のボランティア活動により少ない費用で効果を上げることができ地域振興につながったことが評価できます。今後も多くの人に関心をもっていただくよう継続した活動を望みます。
2 読本「平野運平」の刊行、講演会の開催 平野運平を顕彰する会
  1. 「読本ブラジル移民の父平野運平」の発行、頒布
    • 規格:A5判、本文170ページ、表紙カラー、本文一色刷り
    • 作成部数:1,500部(1部880円税別)
    • 発行日:8月3日
    • 配布:天竜区内(行政機関、文化学習施設、小中学校)市内図書館150部
  2. 発刊記念講演会の開催
    • 日時:8月3日午後1時30分
    • 会場:二俣協働センター
    • 参加者:80人
1,019 500 B B B 郷土の偉人を紹介することで、郷土愛、道徳観の醸成につながった事業として評価できます。これをきっかけに、今後の顕彰事業へとつなげていくことが期待されます。
3 信濃畑さくらコンサート 春野町長蔵寺応援団

日時:4月6日午前10時30分~午後2時30分

  • 参加者114人
  • 地域ホ゛ランティアスタッフ町内外37人
  • 花木(ハナモモ)の植樹を行い花咲き乱れる春野町長蔵寺を宣伝
  • 地元特産品である茶、しいたけ、野菜を販売
  • 春野にもゆかりのある邦楽グループJI-ONによる二胡の演奏コンサート
217 52 A A A 地域住民もホ゛ランティアスタッフとして参加するなど地域コミュニティの醸成にも寄与している手作りのイベントとして評価できます。助成事業採択の3年を経過しましたが、この「さくらコンサート」を中心として、さらなる交流の輪が広がることを期待します。
4 スポーツ振興綱引普及事業 みさくぼ綱引倶楽部

峠の国盗り綱引き合戦への参加協力

  • 地元での綱引き大会の開催(7月14日開催参加7チーム)
  • 県大会等対外大会への参加(4大会参加)
  • 普及活動指導(年5回実施)
180 85 B B C 綱引き人口の増加、他地域からの参加により、峠の国盗り綱引きの魅力向上や、地域のPR、交流人口の増加につながったことが評価できます。今後も地元での綱引き大会への参加チームを増やし綱引きを通じた交流人口の増加へとつなげていただきたいです。
5 浜松史劇団演劇公演「金原明善」 NPO法人遠州率シアター

天竜川の治水事業に取り組んだ浜松の偉人「金原明善」の人生と偉業を伝える演劇公演

  • 日時:12月1日午後3時
  • 会場:佐久間歴史と民話の郷会館大ホール
  • 来場者数:100人
  • 公募による出演者数:10人(練習期間8月~11月)
1,513 750 A B C 市内の偉人について、演劇を通じて伝承していく取り組みは評価できます。しかし、集客面においては、計画よりも少ない来場者数でした。事前告知PRが不十分でありました。今後の課題として取り組んでください。
6 徳川信康戦国ドラマ普及事業 劇団砂喰社

開催:平成26年3月9日

  • 参加者数:25人(定員40人)
  • 参加費:5,000円
  • 内容:天竜区内に数多く残る戦国時代の史跡を巡るバスツアーの企画、運営、地元協力団体の解説と伴に仮装スタッフによるツアーガイド及び高根城・二俣城跡を題材にした演劇を実施。
  • 行程:天竜二俣駅(乗車)⇒高根城⇒二俣城跡⇒国盗り⇒清瀧寺⇒本田宗一郎ものづくり伝承館⇒二俣商店街散策⇒天竜二俣駅(下車)
497 160 B B B 地元の各種団体が史跡の解説を行ったり、史跡にちなんだ演劇を各所で採り入れたりする事によって、天竜区の歴史的魅力を発信したことが評価できます。一過性のものでなく、今後も魅力ある継続した企画や交流人口の拡大に向けた事業展開を期待します。
7 北遠山里めぐり 北遠山里めぐり実行委員会

開催:平成26年3月15日~30日の土・日・祝日

  • 参加者70軒
  • 訪問者延べ1,933人
  • 山里の暮らしの姿、工房、店等をオープンハウスで体験、見学
  • 来場者は各自で自由に各オープンハウスを訪問
594 252 A A A 天竜区に移住してきた人たちが中心となって、北遠地域の暮らしの「姿」や人々の「温もり」、地域の良さを直接肌で感じていただくこの手法は、多くの交流につながったとして評価できます。口コミは大きなPRにつながります。今後の展開に期待します。
8 オールドカーin K'z ROAD 快走YKG

片山豊氏(浜松市やらまいか大使、春野ふるさと大使)生誕の地、天竜区春野町に設置されたK’zROAD(ドライブコース)を全国にPRし、春野の歴史、文化、自然に触れていただくことを目的として、市民団体により開催。

  • 開催:5月26日
  • 来場者数およそ8,000人
  • 内容:
    オールドカー、Zカーの展示(全150台)、オールドカーパレードラン、レアグッズのオークション、カーグッズ販売や地元物産の販売、春野高校による秋葉太鼓の演奏ほか
1,228 452 B A A 地域住民の企画・運営による事業実施は、これまでの行政主導のイベントにはない盛り上がりを見せています。メディアにも多く取り上げられている点でも、天竜区ならではのイベントとして評価できます。今後の継続を期待します。
9 阿多古川の資源を活かした環境保全事業 阿多古川環境保全協議会

環境保全啓発事業

  • 啓発パトロールの実施
  • 周辺環境整備・啓発グッズの配布による河川環境保全PR

景観形成事業

  • 竹林伐採(荒廃した)河川の清掃美化作業

地域資源活用事業

  • 竹材(伐採した)による堆砂垣の製作
  • 堆砂垣運搬
497 241 A A A 都市部と農村部が共存する市の地域性を活かした他区団体との交流は、河川愛護の枠を越えて双方の地域課題解決に繋がるものと評価できます。
今後も大小の視点での地域課題を解決するとともに、住民のさらなる環境保全に対する意識の向上につながっていくことを期待します。
10 美林天竜・森と川を守るキャンペーン 「龍水の都」文化体験プログラム実行委員会

日時:9月22日

  • 会場:天竜壬生ホール
  • 入場料:500円
  • 入場者数:345人
  • 天竜区民を中心に50人のミュージカルチームを結成
  • 水環境をテーマにしたミュージカル「かっぱの総理大臣」の創作体験、発表公演、舞台公演
1,007 500 B A B 事業実施後のアンケート結果では、来場者の半数以上(118人)が区外の観客であることから、出演者はもとより、観客(流域住民)が豊かな水環境の大切さを考える機会となったことは評価できます。
11 歌と笑いで天竜区を楽しく元気に!文化芸能観賞会展開事業 ミナの森プロジェクト

区内文化会館、ふれあいセンター等で落語、講談、音楽、演歌等の公演を実施

  • 落語・講談
    3日間6回公演、観客115人
  • 音楽
    2日間4回公演、観客98人
  • 演歌
    4日間4回公演、観客188人、9日間14回公演

観客合計402人

2,263 1,108 B B B 文化芸能を観賞できる機会が少ない中山間地域において、これまで行政主導で実施した文化芸能鑑賞会を市民協働で実施したことは評価できます。今後は、内容やPR方法などを工夫しながら、定期的な自主開催ができるように期待します。
12 天竜区で暮らす未来生活人創出事業 天竜商工会青年部水窪支部

天竜区で暮らす未来生活人の募集及び地域PR

  • 区内を巡るバスツアーの開催
  • 参加者12人
  • 天竜焼き陶芸体験
  • 意見交換会の実施

地域の情報提供者の確保(6人)
SNS立ち上げ及び運営(記事投稿数24件)

362 150 B B B 都市部在住者を活用したこの事業は、地域の情報発信の強化と都市内交流という区の2つの課題解決を目指したものであると評価できます。これらの課題は、短期的な取り組みでは解決できないものであることから、今後の継続的な事業実施を期待します。

 

区民活動・文化振興事業、区課題解決事業

評価項目と判断基準

評価項目

判断基準

事業の妥当性

  • 区の裁量事業として実施することの妥当性はあったか。

事業の効果

  • 区の課題が解決されたか。(今後期待できるか)
  • 区民サービスの向上がされたか。

経済性(費用対効果)

  • 事業費に見合う効果が得られたか。(今後期待できるか)
  • 区民の理解が得られる事業費であったか。

評価点

A=高い、B=やや高い、C=やや低い、D=低い

 

No 事業名 担当課 事業内容 市執行額(千円) 妥当性 効果 経済性 評価コメント
1 天竜二俣駅前広場展示車両保存事業 区振興課

天竜二俣駅前のレトロ車両(2両)の清掃・簡易修繕

  • 年間活動37日、参加人数延114人
  • 活動内容
  1. ブルートレインの再塗装(側面)、ディーゼル車の再塗装(屋根)
  2. 内部公開イベント
    8月17日、11月9日
    来場者各日およそ200人
  3. 車両周辺の環境整備
93 A A A 地域のシンボル的な車両を維持することで、地域の魅力発信・交流人口拡大など付加価値を生み出しています。今後は維持・補修だけでなく、車両の存在を区内外に広めていくことで、レトロ・トレインを通じた地域資源の掘り起こしが期待されます。
2 天竜サイクルツーリズム まちづくり推進課

北遠地区を周遊し豊かな景観を一望するサイクルイベント。

  • 開催:9月22日
  • 参加者数:588人(応募総数652人)参加費:4,000円
  • コース:船明ダム運動公園(スタート)~山東~道の駅「いっぷく処横川」~春野おみやげ処「くまの親子」~ホタル公園~春野ふれあい公園~秋葉ダム~道の駅「花桃の里」~船明ダム運動公園(ゴール)
2,400 A A A 県内外から多くの参加者を集め、天竜区の交流人口拡大につながっています。大会をきっかけとし、再訪するサイクリストもあり、道の駅など入込客が増加し、地域経済の活性化に貢献していることは評価できます。今後は、財源確保のため、参加料の見直しや協賛金の確保など、大会運営に関しての工夫を図ってください。
3 二俣未来まちづくり事業 まちづくり推進課

二俣回遊ルート案内板製作・設置

  1. 秋野不矩美術館敷地内設置看板1基
  2. 二俣城址設置看板1基
    • まちあるきマップの増刷1,000部
504 B B B 3年間継続してきた看板設置やマップの作成は、一定の成果が出ていると評価できます。今後は、それだけにとどまらず、看板とマップを活用した事業の実施を検討し、地域の活性化に向け自主的な展開を期待します。
4 すみれの里づくり事業 春野協働センター

春野すみれ展(4月)来場者1,000人

  • すみれの栽培普及活動(フラワーパークとの提携・ガーデンパークとの提携等)
  • 宇宙すみれの育成管理(群馬県上野村への献花等)
  • 宝塚市との交流事業(宝塚市、歌劇団へのすみれ贈呈・歌碑維持管理等)
1,734 A A B これまでの宝塚市・宝塚歌劇団との交流は、地域資源を生かした取り組みとして評価できます。今後も、市民協働のもと、地域が一体となった様々な展開を期待します。
5 蕎麦の里づくり事業 佐久間協働センター

「新そばまつり」を実施するなど蕎麦を利用した市内外住民との交流を通して、蕎麦の生産振興、蕎麦打ちの普及等による地産地消の推進と農山村景観保全を図る。

  • 開催:平成26年1月18日、19日
  • 場所:佐久間協働センター駐車場および歴史と民話の郷会館
  • 内容:そば打ち実演・体験、そばの味くらべ
  • 来場者数:およそ7,500人(2日間)
1,200 B A B 今回はじめて2日間の開催を実施したことで7,500人の来場者があり交流人口の拡大を図られたことは評価できます(前回5,500人、37%増)。今後は出店料の増額など自主財源の確保が課題です。
6 民話の郷イベント・観月会 佐久間協働センター

地域に伝承する民話の語り、獅子舞、飛龍太鼓の披露や農家の月見など伝統行事を通じて、都市部への情報発信を図るイベントを開催

  • 開催:9月21日
  • 場所:佐久間民俗文化伝承館(ホウジ峠)
  • 来場者数:およそ800人
1,248 A B B 地域文化の発信や伝承文化の保存を通じて、800人もの来場者があり、都市内交流と情報発信が図られたことは評価できます。今後も都市部との交流人口拡大に向け事業を展開するよう期待します。
7 みさくぼ祭り 水窪協働センター

水窪まつりでの仮装コンクールの実施

  • 来場者数:およそ20,000人(2日間)
  • 仮装コンクール参加チーム40
  • 会場設営、安全対策費、仮装コンクール報償費、広告宣伝費ほか
3,651 B B B 水窪祭りの仮装コンクールでの観光交流客数は多く、特徴あるまつりで一定の評価ができます。今後は自主財源の増額を進めるよう検討してください。
8 峠の国盗り綱引き合戦開催事業 水窪協働センター

峠の国盗り綱引き合戦の実施

  • 来場者数449人(シャトルバス乗車数)
  • 告知用ちらし等の作成
  • 会場設営、安全対策費ほか
694 B A A 飯田市との交流事業で、話題性があり、水窪地域を市内外及び県外にも効果的にPRすることができたことは評価できます。この事業をきっかけに水窪地域へのさらなる交流人口を増やす方策を検討してください。
9 登山道等事故防止・ヤマビル対策事業 水窪協働センター

既存の登山道の調査を行い、登山客の安全確保を図る

  • 登山道の安全管理
  • ヤマビルの調査
752 B B C 水窪の山々は都市部からも手軽に登山を楽しむことができる地域であり、ヤマビル対策、登山道の整備は、安全な登山をするうえで一定の効果を上げたことと評価できます。
これまでの成果を、NPO法人に確実に引き継いでください。
10 ふるさと大使顕彰事業 春野協働センター

片山豊氏(浜松市やらまいか大使、春野ふるさと大使)の経歴及びフェアレディZの変遷を紹介したパネルの作成及び展示

  • パネル展開催5か所
646 A A B 「片山豊氏」を顕彰するだけでなく、春野はもとより、モノづくりのまち浜松をPRすることのできる事業として評価できます。今後もこのパネルを一つのきっかけに、市民の郷土への愛着、誇りを醸成・向上できるよう期待が高まります。
11 天竜区伝統文化振興事業 まちづくり推進課

国・県等の指定文化財以外で天竜区内に伝わる伝統芸能を保護保存する。

  1. 水窪西浦田楽
  2. 佐久間竜神の舞
  3. 水窪八幡神楽
  4. 天竜神沢おくない
  5. .水窪竜戸神楽
  6. 佐久間松島神楽
  7. 佐久間芋堀日月神社神楽
  8. 春野道中囃子
500 A B B 伝統文化を継承・保存する大切な事業として評価できます。継承・保存をするにあたり保存会の高齢化も考慮し、活動を支えるための新たな工夫が必要です。
12 佐久間ダム竜神まつり開催事業 佐久間協働センター 平成25年は悪天候により、中止。
ただし、告知用ポスター、ちらし作成など準備は実施。
1,215        ―
13 天竜区文化振興事業 まちづくり推進課

天竜区内の文化活動団体及び一般区民の発表会開催

  • 北遠ブロック地域文化交流会:平成26年2月8日~9日、入場者数400人
  • 天竜芸術祭美術展:11月1日~4日、入場者数1,314人
  • 天竜芸術祭芸能発表会:10月27日、入場者数837人
  • 龍山ふれあい文化祭:11月23日~24日、入場者数220人
  • 春野文化・芸能発表会:11月3日、入場者数270人
  • 佐久間芸術祭:11月1日~3日、入場者数250人
  • 水窪地区文化祭:11月2日~4日、入場者数230人ほか
3,320 B B B 地域の文化振興事業として多くの出展数、来場者があり、企画・運営も市民ボランティアにより実施されていることは、中山間地域のコミュニティの醸成も図るうえで評価できます。
14 秋葉ダムマラソン大会開催支援事業 龍山協働センター

秋葉ダムをスタートし、ダム湖畔東岸の桜並木の下を往復する10kmコースのマラソン大会

  • 日時:4月7日開会式:午前9時30分、スタート:午前10時
  • 申込者:635人(定員600人)当日参加者:533人
  • 参加費:3,000円
245 A A A 龍山地域住民774人(平成26年4月)に対し、800人が集まるこのイベントは、地域を盛り上げる機会の一つとなていることで評価できます。これを地域活性化のチャンスととらえた今後の取り組みに期待します。
15 地域スポーツ振興事業 まちづくり推進課

スポーツ大会・スポーツ教室等の開催

  • 春野スポーツ教室:野球他5教室、232人参加
  • 水窪スポーツ教室及び大会:4種目10教室、4種目6大会、講習会1回
  • 水窪親子水泳教室:水窪、佐久間地域の幼稚園児対象、6日間開催
  • 龍山スポーツ大会及び体験会:3種目5大会、3種目体験会)
    地域運動会の開催支援
  • 水窪地区体育祭
    参加者数およそ800人
  • 龍山ふれあい運動会
    参加者数およそ400人
1,330 B A B スポーツ教室では、現役選手などがもつ専門的技能や心構えに触れることで参加者の意識の向上が図られていることは評価できます。また、地域運動会の参加率も高く(地域住民に対する割合…水窪31%、龍山51%)、事業実施による効果も期待できます。
16 区内文化施設を活用した文化振興事業 まちづくり推進課

天竜区内の3地域で、地域にある文化施設を活用し、文化振興事業を実施。

  • 佐久間地域
    1. 映画鑑賞会
      入場者:169人(小学生以下93人)
    2. 講演会
      入場者:174人
  • 龍山地域
    1. 文化講演会
      入場者:144人
    2. 名画鑑賞会
      入場者:53人
  • 春野地域白井鐵造顕彰事業「すみれの里と宝塚歌劇」
    入場者:270人
5,000 B B B 芸術文化に直接触れる機会が少ない天竜区民に対し、ニーズをとらえた事業実施は高い効果が見られると評価できます。今後は、多くの入場者数を集めるだけでなく、内容の検討も必要です。
17 子育て支援・家庭教育推進事業 社会福祉課

親子や家庭の交流を促進、子育て学習を通して家庭教育力の向上を図る。

  • 社会福祉課事業
    1. かがや木教室:参加736人
    2. すこやかキッズフェスティバル:参加およそ400人
  • 委託事業
    1. 母親クラブ活動事業
    2. さくま乳幼児懇談会事業開催回数:6回参加者:延56人
    3. みさくぼ子育て講座事業開催回数:4回参加者:延64人
533 A A A 少子化が著しい天竜区での子育て世代の交流を通した仲間づくりや、子育てに関する学習など、事業実施に対する効果は高いものと評価できます。
18 茶業振興事業 天竜農林事務所

広告宣伝事業

  • 天竜茶及び春野茶をPRするための新聞掲載(各1回)
  • イベントPR
    1. 天竜産業まつり(11月3日)
    2. はるの産業まつり(11月16日、17日)
    3. 世界お茶まつり2013(11月8日、9日)
  • 「お茶の淹れ方教室」の開催
    1. 春野中
    2. 上阿多古小
    3. 下阿多古小
    4. 二俣小
    5. 鏡山小
  • 熟成茶のPR(11月3日)
250 B B B 各種茶品評会での実績やPR効果により、「山のお茶」として高く評価されたことは評価できます。今後は、茶業関連団体と連携をし研修会などを重ねる中で、「山のお茶」のいっそうの品質向上、消費拡大を図っていただきたいと思います。
19 日本一きれいな川のまちづくり事業 春野協働センター

キャンプ禁止区域巡視による指導啓発(業者委託による)

  • 期間:7月1日~9月30日(25日間)指導件数:テント数18張、人数620人
  • 「日本一きれいな川」花文字管理(整枝・草取り・施肥)事業
  • 気田川コミュニティ広場整備事業

春野気田川環境保全協議会負担金

1,060 B B B キャンプ禁止区域の巡視により、事故やトラブルがないこと、また、下流域の河川環境の保全にもつながっていることは評価できます。今後は市民協働で取り組んでいくことになります。他の団体(阿多古川環境保全協議会など)を参考に、今後も効果的な事業の実施を望みます。
20 狩猟従事者事故防止・後継者育成事業 水窪協働センター

猟銃の取扱い指導及び有害鳥獣駆除講習会の実施することにより、区内の有害鳥獣駆除が効果的に実施され、猟銃による事故防止を図る。

  • 有害鳥獣対策に関する講習会(年1回参加人数36人)
  • 有害鳥獣対策に関するアドバイザー事業(新規会員に年1回参加人数2人)
  • 有害鳥獣駆除・銃器の取扱いに関する講習会(年14回参加者110人)
  • 後継者育成の事業(射撃場利用者を対象に年7回参加者60人)
282 A A B 猟友会会員の高齢化が進む厳しい現状の中、新規会員も確保されたことは評価できます。引き続き有害鳥獣被害の拡大防止に向け、活動を通じ、会員数の増、会員の技術向上に努めてください。
21 桜の名所保護事業 まちづくり推進課

剪定や枯枝除去等を行い、桜の名所保護、危険防止対策を行う。

  • 天竜:鳥羽山公園桜剪定42本
  • 龍山:秋葉ダム周辺50本
  • 佐久間:佐久間ダム周辺36本
993 A B C 桜の老木化に伴う危険防止対策やテングス病対策により、桜の名所の保護が図られており評価できます。今後、長期的な対策が必要であるため、効率的な実施や地域と連携しながら進めてください。
22 カタクリの里保護保全事業 水窪協働センター

カタクリの里の維持管理、開花時期に合わせ仮設トイレの設置

  • 4月1日~5月2日
  • 来場者数710人
287 B B B カタクリの群生地として維持管理されており、観光客増加が図られ観光振興につながったことは評価できます。今後、地元主体での管理が進められるようお願いします。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所天竜区区振興課

〒431-3392 浜松市天竜区二俣町二俣481

電話番号:053-922-0011

ファクス番号:053-922-0049

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?