緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 行政区 > 天竜区 > 天竜区のできごと > 天竜区2021年2月のできごと > 2月8日(月曜日)、下阿多古小学校6年生が紙すきを体験しました。

ここから本文です。

更新日:2021年3月5日

2月8日(月曜日)、下阿多古小学校6年生が紙すきを体験しました。

上阿多古地区で伝統ある阿多古和紙をつくる和紙職人。大城忠治さんの自宅で、下阿多古小学校6年生が、阿多古和紙でのしおりづくりに挑戦しました。

大城さんをお手本に、子どもたちは一生懸命に紙をすき、小学校で採取した葉っぱや花を挟み、個性あふれるしおりをつくりました。

 

体験を終えた片山さんは「はじめて紙すきをやってみて、難しかったけど、面白かった。またやってみたいです」と話し、また大城さんは「地元の子どもたちに、阿多古和紙づくりを知ってもらうことは、すごく大事なことだと思う」と話してくれました。

作成したしおりは、今年の3月に卒業する6年生から在校生へプレゼントされます。

今回の紙すき体験が、子どもたちにとって、地域の伝統文化である阿多古和紙に興味を持つきっかけになることを期待します。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所天竜区区振興課

〒431-3392 浜松市天竜区二俣町二俣481

電話番号:053-922-0011

ファクス番号:053-922-0049

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?