緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 手続き・くらし > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産税Q&A > 固定資産税、都市計画税の「Q&A」205

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

固定資産税、都市計画税の「Q&A」205

Q&A番号:205
土地、家屋の名義人が亡くなった場合の固定資産税は?

Q205

  1. 先日父が亡くなりましたが、父名義の土地、家屋にかかる固定資産税はどうなるのでしょうか?相続人は、母と弟と私の3人です。
  2. 2期分までの支払いは口座引き落としにより済んでいますが、父名義の口座は銀行で閉鎖されました。今後の支払いはどうすればよいでしょうか。

A205

  1. 固定資産税は、賦課期日(課税年度の1月1日)現在の登記簿上の所有者に課税されます。

     納税義務者の方が年度の途中で亡くなられた場合は、相続人の方に納税義務が継承されます。相続人の3名で、それぞれの相続持分に応じて連帯納税義務を負うことになります。(法定相続における相続持分は、配偶者が1/2、子がそれぞれ1/4になります。)

     納税については、相続人の代表者の方にお願いしています。浜松市内に住所を有していた方が亡くなられた場合は、死亡届出日の翌月10日頃に「固定資産税の相続人代表者届書兼現所有者申告書」を市役所より発送します。浜松市外に住所を有していた方が亡くなられた場合は、お電話にてご連絡ください。申告書を送付します。(現に所有している者の申告制度)

     「固定資産税の相続人代表者届書兼現所有者申告書」に必要事項を記入のうえ、代表者の方のマイナンバーカードまたは通知カードと官公庁発行の顔写真付き身分証明書などの写しを添付し提出してください。
    ※以下の書類がある場合は、その写しを併せて提出してください。
     ・家庭裁判所で検認済の遺言状
     ・公正証書遺言状
     ・遺産分割が完了している場合は、遺産分割協議書
     ・調停分割の場合は、調停調書の謄本
     ・審判分割の場合は、審判所の謄本
     ・相続放棄をした場合は、相続放棄受理通知書

     なお、翌年の1月1日までに相続登記等の所有権移転登記が完了しない場合には、提出された「固定資産税の相続人代表者届書兼現所有者申告書」の内容や本市の調査結果を踏まえ、翌年度の納税義務者を決定します。

    (お問い合わせ)資産税課
    ・管理グループ(元目分庁舎3階) 電話:053-457-2157
    ・北区税務グループ(北区役所2階) 電話:053-523-2879
    ・天竜区税務グループ(天竜区役所2階) 電話:053-922-0015
     
  2. 金融機関で口座が閉鎖された場合のお支払い方法ですが、現金で納付していただく場合は、納付書を相続人の代表者の方へお送りします。引き落とし口座の名義を変更する場合は、金融機関で変更の手続きが必要となります。

    まずはお電話にてお問い合わせください。
    (口座に関するお問い合わせは税務総務課へ。電話:053-457-2261)

 

固定資産税、都市計画税の「Q&A」へ戻る

固定資産税・都市計画税へ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所財務部資産税課

〒430-0948 浜松市中区元目町120-1 元目分庁舎

電話番号:053-457-2155

ファクス番号:053-472-6910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?