緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 手続き・くらし > 税金 > 税金インデックス > 令和6年度定額減税しきれないと見込まれる方への給付金(調整給付金)について

ここから本文です。

更新日:2024年5月16日

令和6年度定額減税しきれないと見込まれる方への給付金(調整給付金)について

1.調整給付金の概要

令和5年に策定された国の経済対策に基づき、定額減税として「令和6年分所得税」及び「令和6年度分個人住民税」について、納税義務者本人、控除対象配偶者及び扶養親族(16歳未満の扶養親族を含む)の合計人数に対して、所得税額から1人あたり3万円、個人住民税所得割額から1人あたり1万円が控除されることとされました。

この合計人数から算出される定額減税の可能額が、定額減税前の令和6年分所得税額又は令和6年度分個人住民税所得割額を上回り、定額減税しきれないと見込まれる場合、市より差額(調整給付金)を給付する予定です。

2.調整給付金の対象者

定額減税可能額が、所得税又は住民税(注1)を上回り、定額減税しきれないと見込まれる納税義務者。ただし、納税義務者本人の合計所得金額が1,805万円以下である場合に限ります。

(注1)令和6年分推計所得税額又は令和6年度分個人住民税所得割額

3.支給確認書の送付時期

調整給付金の支給対象となる納税義務者の方には、令和6年7月下旬に市から支給確認書を送付する予定です。
その他詳細が決まりましたら、ホームページ等でお知らせいたします。

4.調整給付金の算出方法

調整給付金の算出式

調整給付金(注2)「A_個人住民税分控除不足額」+「B_所得税分控除不足額」

(注2)1万円単位に切り上げて算出されます。

A_個人住民税分控除不足額の算出方法

個人住民税分控除不足額

個人住民税分控除不足額の確認方法

個人住民税分控除不足額(定額減税しきれない額)の確認方法は下記をご参照ください。

所得税分控除不足額

令和6年分所得税額は令和6年中には確定しないため、令和6年度個人住民税の賦課情報から国の算定ツールを使用して、令和6年分推計所得税額(定額減税しきれないと見込まれる額)を算出する予定です。

5.その他

その他詳細が決まりましたら、ホームページ等でお知らせいたします。

 

6.詐欺にご注意ください!

「手伝う」とかたって、皆様の大事な財産を奪おうとする者がいます。

給付金に関連して、国、県、市などが以下のようなことをすることは絶対にありません。

  • 現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること

  • 受給にあたり、手数料の振込を求めること

不審なメールは、URLをクリックしたり、添付ファイルを開いたりしないでください。

 



このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所財務部市民税課

〒430-0948 浜松市中央区元目町120-1 元目分庁舎

電話番号:053-457-2162

ファクス番号:053-472-6910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?