ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 病気の知識 > 海外で知っておきたい感染症の知識

ここから本文です。

更新日:2018年12月17日

海外で知っておきたい感染症の知識

病気の予防について

渡航(前、中、後)に注意すること、予防接種実施機関の情報など

 

病気をしない楽しい旅行を!

これから海外旅行に出掛けられる皆さん、今回はどちらへの旅でしょうか?習慣も風俗も違う国を訪ねるのは、とても楽しいことです。しかし、海外で病気に感染して帰国するケースも多く、よく知られているものには赤痢やコレラなどがあります。加えて最近ではエイズが大きな問題となっています。
ここには、海外でこうした感染症にかからないための注意が掲載されています。旅行先の衛生事情や、かかりやすい病気とその予防方法を知り、楽しい思い出だけが残る旅行にしましょう。

 

海外渡航者の感染症予防について

海外へ渡航される方も多いことから、安全で快適に旅行し帰国いただくために、感染症の正しい知識と予防方法について厚生労働省ホームページに情報が掲載されています。

 

飲食物などから感染する病気

病名

主な発生地域

症状

コレラ

東南アジア、南アジア、アフリカ、中近東など

下痢、嘔吐、体力の消耗、からだの冷え、脈が弱くなる

腸チフス

東南アジア、中東、中南米、東欧、アフリカなど

かぜに似た症状、頭痛をともなう高熱、食欲の減退、唇のかわき、表情がぼんやりする、皮膚に赤い斑点

赤痢

栄養・衛生状態の悪い地域

発熱、下腹部痛、水様便、激しい下痢(最近は数回の下痢、軽度の発熱で経過する例も増えています)

細菌性
食中毒

非衛生的な地域

食事後数十分~数十時間後に起こる下痢、吐き気、腹痛

ペスト

中国、ベトナム、アフリカ、南米、インドなど

発熱(38度以上)、悪寒、頭痛、不快感、筋肉痛、そけい部・腋下・頸部等のリンパ節の膨張
※ペスト菌を持ったノミの咬傷によっても感染します。

A型肝炎

世界的に分布(特に東南アジア)

40度前後の高熱、黄疸、全身倦怠感

その他注意を要する病気

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部保健所 生活衛生課

〒432-8550 浜松市中区鴨江二丁目11-2

電話番号:053-453-6118

ファクス番号:053-453-6230

浜松市役所健康福祉部保健所 浜北支所

〒434-8550 浜松市浜北区貴布祢3000

電話番号:053-585-1398

ファクス番号:053-585-3671

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?