ホーム > 産業・ビジネス > 産業振興 > 水産業 > 浜松市の水産業 > 第7回阿多古川「やな漁場」(魚心・農業水産課)

ここから本文です。

更新日:2017年8月14日

第7回阿多古川「やな漁場」(魚心・農業水産課)

清流のまち浜松魚心水心7-1

素材は、竹と木の枝。そこにあるものを使い、工夫を凝らした昔ながらのやな漁。

「魚心」担当の農業水産課では、“やな漁”の各ポイントを巡回する阿多古川漁業協同組合の坪井さんを取材させていただきました。

“やな漁”とは、産卵のために川を下る通称「落ちアユ」と呼ばれるアユを捕る漁法で、地域によってさまざまなかたちで行われています。
阿多古川でのやな漁は、川にいくつかある瀬に竹を組んで流れを堰き止め、川の脇におびき寄せられたアユを捕るものです。近くで集めた竹で堰をつくり、「四ツ手網」と呼ばれる大きな網で捕るそうです。

強い日差しが降り注ぐ中、この日の坪井さんは半日かけて合計10カ所のポイントを回りました。阿多古の夏もとても暑いですが、川辺の木陰はそよそよと風が吹いて気持ちがいいです。

 清流のまち浜松魚心水心7-2 清流のまち浜松魚心水心7-3

やな場と周りの様子を確認した後は、川辺のゴミ拾い。紙くずや空き缶など、河川敷を改めて見渡してみるとところどころに見つかるゴミの回収を、私たちも一緒になってお手伝いさせていただきました。

ちょうど近くのお宅では、「四ツ手網」を見せていただくこともできました。四ツ手網は1メートル四方の網で、組合員の方が手作りされるそうです。素材は、竹と木の枝。そこにあるものを使い、工夫を凝らした昔ながらのやな漁には、地域の伝統の技が感じられました。

また機会があれば、やな漁の様子もぜひ取材させていただきたいと思います。

清流のまち浜松魚心水心7-4 清流のまち浜松魚心水心7-5 清流のまち浜松魚心水心7-6

 

 ←フェイスブック連載「清流のまち浜松の魚心×水心」へ戻る

 

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部農業水産課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2333

ファクス番号:053-457-2214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?