ここから本文です。

更新日:2018年3月20日

西区大山町・三方原馬鈴薯農家 磯貝将太さん

写真:磯貝氏1

思いやりをもって育てた作物は、自分にとって子どものような存在。
多少身体がつらい時でも、できることは全部してあげたい。

Q.「就農して何年目ですか?」
A.「だいたい3年半ほどになります。」
Q.「就農したきっかけ(動機)を教えてください」
A.「就農する前、僕は会社勤めをしていましたが、週末は馬鈴薯を作る祖父を手伝う生活をしていました。小さい頃から農業を手伝っていたのですが、土いじりが好きですし、自分の作ったものでおいしいと喜んでもらえることが嬉しくて、やっぱり自分には農業が向いていると感じていました。そんな折、母校の静岡県立農林大学校の先生から、学内で職業訓練農業科をはじめるので受けてみてはどうかという勧めがあり、カリキュラムを受けた後、就農しました。」
Q.「農業の魅力や、やりがいを感じるところはどんなところですか?」
A.「すごく単純なことなんですが、“手を掛けたものがしっかりといいものになった時”が一番嬉しい時です。食べた人に喜んでもらえるように、自分なりにこだわってできる限りの手間をかけて作っているつもりですが、そんな想いができたものに反映された時がすごく嬉しいです。台風や悪天候などで色々な苦労をしても、いいものが収穫できた時には、それまでの苦労が吹っ飛びますね。」
Q.「反対に、苦労した又は苦労しているところはどんなところですか?」
A.「やはり自然相手ということです。また、栽培技術に関しても色々と悩むことはありますが、近くに指導してくれる先輩農業者がいることがとても幸せなことです。農業の難しさのひとつは、1年に1回しか作れないこと。10年やっても10回しか作れない。ベテランになるには時間がかかる奥の深いものだと感じています。馬鈴薯の産地として、地域一体となって受け継いできた技術が品質に繋がっているものですが、こうして相談できる先輩が周りにいることがとても心強いです。」

写真:磯貝氏2 写真:馬鈴薯の収穫1 写真:馬鈴薯の収穫2

Q.「ズバリ、磯貝さんにとって農業とは!?」
A.「農家の人はみんなそうだと思いますが、思い入れをもって手をかけ作った作物は、自分にとって子どものような存在です。多少身体がつらい時でも、最後に出荷するところまでできることは全部してあげたい。そんな作業の連続が、自分にとっての農業ではないかと思います。」

Q.「これから先の夢は?」
A.「いつも技術の指導をしてくれている酒井一さんという方が僕の師匠なんですが、師匠に少しでも近づきたい。師匠に認めてもらえるだけのいいものを作ることが、恩返しになるのかなと思っています。そして、いずれは『この人が作ったものだったら大丈夫』と名前で信頼してもらえるような農家になるのが目標です。また、産地として、三方原馬鈴薯のブランドをより一層広めていきたいと思います。他の産地もがんばっている中でブランド力の競争は激しいものですが、これだけ品質の高い馬鈴薯は他にはないと思います。自分たちの力で、もっともっとブランド力を高めていきたいです。」

Q.「最後に、作られている農産物のPRを!」
A.「三方原馬鈴薯は、きれいな白い外観やほくほくした食感が売りですが、食べた時の鼻に抜ける風味がすごくいいのも特徴です。この風味の良さが、僕なりのおいしい馬鈴薯の条件だと感じているのですが、他の産地のものと比べても三方原馬鈴薯の風味は随一だと思います。ぜひ、塩だけをかけたシンプルな形で味わってみてください!」

写真:馬鈴薯の収穫3 写真:磯貝氏3

(平成27年6月取材)

三方原馬鈴薯

写真:三方原馬鈴薯 三方原台地の酸性土壌の赤土と太陽の光をいっぱいに受けて育つ「三方原ばれいしょ」。でんぷん質が豊富で肌のきれいな高品質なばれいしょとして全国で高い評価を受けている。ほくほくかんのある「男しゃく」、煮くずれしにくい「メークイン」の2品種が栽培されている。

 

 ←フェイスブック連載「新規就農者インタビュー」へ戻る 

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部農業水産課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2333

ファクス番号:053-457-2214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?