緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2018年8月22日

平成29年度 第4回北区協議会 議事要点

開催日時 平成29年7月27日(木曜日) 午後1時30分~3時2分

開催場所 北区役所 3階 31・32会議室

 次第

  1. 開会
  2. あいさつ
  3. 議事
    (1) 協議事項
     ア 平成29年度浜松市北区市民活動表彰について
    (2) 報告事項
     ア 浜松地域遺産の認定について
  4. その他
    (1) 地域の情報等について
    (2) 次回の開催について
    (3) その他
  5. 閉会

1 開会

2 あいさつ

3 議事

(佐藤会長)
 本日の会議の議事録署名人に7番佐藤雅義委員、11番鈴木弘委員を指名する。
 本日は、都合により議事の順番を入れ替えて進行する。

(2) 報告事項

ア 浜松地域遺産の認定について
 【文化財課から、資料に基づき説明を行った。】
 
(山田寿美子委員)
 平成28年度における推薦は、どのような団体からのものであったか説明を求める。また、浜松地域遺産の認定数の制限はどうか。

(久米文化財課長補佐)
 推薦団体は主に、郷土歴史研究会、自治会、NPO法人、無形民俗文化財保護団体連絡会等であった。また、浜松地域遺産の認定数に制限を設ける予定はない。

(伊藤委員)
 浜松地域遺産に認定されたことが、推薦者以外の市民に知られていないように思われる。現在、地域に対してどのような告知方法をとっているか説明を求める。

(久米文化財課長補佐)
 浜松地域遺産の認定状況は現在、市ホームページで公表している。また、推薦団体等の個別の告知を通じ、郷土の宝として地域で継承されることを期待している。

(伊藤委員)
 地域の文化資源が浜松地域遺産に認定されたことで、具体的に何が変わるのか説明を求める。

(久米文化財課長補佐)
 浜松地域遺産の認定を経て、文化資源を持つ地域の方が誇りを持ったり、文化資源の継承促進に繋げたりすることを期待している。

(小出北区長)
 指定文化財等のような保護や修繕等に対する補助金がない代わりに、現状変更を禁止する等の制約を設けない市独自の制度であり、文化資源を地域の財産として周知し、保全・継承や地域活性化のための活用が促進されることを期待するものであることをご理解いただきたい。

(伊藤委員)
 浜松地域遺産は今後、指定文化財等に指定される可能性があるという認識でよいか。

(小出北区長)
 地域遺産に認定された文化財は地域の貴重な財産であり、指定文化財等になり得る要素を持っていれば、市文化財保護審議会等で審議をした結果、指定文化財等に指定・登録される可能性はある。

(鈴木義男委員)
 地域の文化資源が浜松地域遺産に認定されたことによる成果や、地域活動等への波及事例を示されたい。

(山下委員)
 浜松地域遺産に認定された「満州道路」の概要について説明を求める。

(久米文化財課長補佐)
 三方原台地の開拓地の中央部約5キロメートルにわたり整備された道路で、旧軽便鉄道と共に戦後の開拓者として入植した方の生活に不可欠な道路であった。

(佐藤会長)
 浜松地域遺産に認定した文化財を知らしめるための、看板やパンフレット設置等の予定はどうか。

(久米文化財課長補佐)
 今のところ予定はない。

(2) 報告事項

ア 区協議会からの意見・要望付き答申への対応状況について
 【スポーツ振興課並びに北区区振興課から、資料に基づき説明を行った。】

(鈴木義男委員)
 三ヶ日体育館施設廃止後の跡地利用や代替施設の利用調整について、地域要望は概して受け入れられたものと理解している。

 

(1) 協議事項

ア 平成29年度浜松市北区市民活動表彰について
 【北区区振興課から、資料に基づき説明を行った。】

(石原委員)
 候補団体は農村歌舞伎の後継者の育成を目的とし、一定の成果も見受けられる。区内の他団体の共通課題である後継者不足の解消の参考となり得るもので、表彰に値すると思われる。

(小枝委員)
 候補団体の表彰は妥当である。市長賞表彰も期待する。

(鈴木弘委員)
 候補団体を選考した経過について説明を求める。

(峰野区振興課副主幹)
 関係各課から推薦のあった15団体を、区行政推進会議において有効性、発展性、公益性、協働性、自立性、継続性の6つの観点から審査し、評点が最も高かった団体を候補団体とした。

(山内委員)
 候補団体の構成員のうち、子供の構成を示されたい。

(峰野区振興課副主幹)
 小学生から高校生で、横尾・白岩地区以外の子供も含まれる。

4 その他

(1) 地域の情報等について

(大西委員)
 第三都田地区工場用地の分譲について情報提供する。

 ≪産業振興課から、資料に基づき説明を行った≫

(山下委員)
 北区の介護認定調査に要する日数が、他区と比較し長期間であると聞き及んでいるが、状況はどうか。

(藤野長寿保険課長)
 平成28年度における介護認定調査に要した日数は、他区と比較し著しく長期間であるとは認識していない。なお、北区では月に約400件の申請があり、介護認定調査員11名が調査に出向き、書類が整い次第全区で介護認定審査会を行っている。

(山下委員)
 介護認定調査員が不足しているとも聞き及んでいるが、対応の状況はどうか。

(藤野長寿保険課長)
 介護認定調査員の不足は市全体の課題であると認識しており、区からも状況の改善を求めているところである。

(大野正孝委員)
 三ヶ日地区で発行した「かわら版三ヶ日」と、8月6日に開催する「三ヶ日花火大会」ついて紹介する。

(2) 次回の開催について

次回の開催について8月24日木曜日に、北区役所3階会議室31・32会議室で開催することで了承された。

5 閉会

(山本典子副会長)
 以上で、平成29年度第4回北区協議会を終了する。

平成29年度第4回北区協議会 会議記録

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所浜名区北行政センター (区振興担当)

〒431-1395 浜松市浜名区細江町気賀305

電話番号:053-523-1168

ファクス番号:053-523-1907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?