ここから本文です。

更新日:2016年3月23日

UCLG ASPACコングレス2014台北

開催日

2014年9月2日(火曜日)~6日(土曜日)

開催地

台湾・台北市

内容

UCLG ASPAC執行理事会・評議会・総会

執行理事会・評議会・総会1以下の議題で話し合いが行われました。

◆執行理事会

  • 各地域の活動報告
  • 2015年、2016年の会議予定
  • 委員会とワーキンググループの活動報告執行理事会・評議会・総会2
  • UCLG ASPAC中長期計画

◆執行理事・評議員選挙

  • 執行理事、評議員の選出

◆総会

  • 評議員の任命

◆評議員、会長選挙

  • 執行理事の任命
  • 会長、共同会長の選挙

浜松市長がUCLG ASPACの執行理事、評議員に選出されるとともに、会長に済州特別自治道知事(韓国)が選出されました。

また、2015年秋の執行理事会・評議会がインドネシア・ワカトビで開催され、2016年秋のコングレスが韓国・全羅北道で開催されることになりました。

「適応都市:より良い生活のための都市発展」をテーマとした国際会議

「市長フォーラム」及び「セッション1:スマートシティの開発と応用」に浜松市長がパネリストとして参加しました。

◆市長フォーラム

市長フォーラム

9か国・地域から12名の首長がパネリストとして参加し、「都市ガバナンスにデザインと取り入れる」をテーマに、各都市の特徴的な都市経営について発表が行われました。

浜松市長も同フォーラムにパネリストとして参加し、市町村合併により都市機能が集積する地域、工業や農業が盛んな地域、浜名湖や太平洋に面した観光や水産業が盛んな地域、北部の森林地域と多様性溢れる都市となった一方で道路等のインフラの維持管理など行政コストを必要とする多くの要因を抱え、「行財政改革日本一」を目指した効率的な都市経営を行っている事例等について発表しました。

 

◆セッション1:スマートシティの開発と応用

セッション1「スマートシティの開発と応用」をテーマに4か国・地域のパネリストが、持続的に発展する社会の構築を目指した取組について発表しました。

浜松市長も同セッションのパネリストとして参加し、東日本大震災後の国のエネルギー政策の見直しや自治体におけるエネルギーの安定確保に向けた動きについて紹介するとともに、エネルギーに対する不安のない社会の実現に向けた本市の取組について発表しました。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部国際課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2359

ファクス番号:050-3730-1867

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?