緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

第1回 区版避難行動計画策定会議(西区)

※会議資料は、地図や写真が入っているためサイズが大きいものがあります。ご注意ください。

次第

~区の災害特性と災害の基礎知識を知り、避難行動計画に掲載したい内容を考える~

  1. はじめに
  2. 自己紹介 資料1(PDF:122KB)
  3. 策定会議の目的と全体スケジュールについて 資料2(PDF:165KB)
    • 策定会議の目的と避難行動計画の活用イメージの確認
    • 全体スケジュールの確認
  4. 区の災害特性と災害の基礎知識について 資料3(PDF:9,162KB)資料4(PDF:9,285KB)
    • 自然条件(気候、地形・地質など)
    • 社会環境(人口・世帯、災害に関する施設配置、自主防災隊の状況など)
    • 過去の災害履歴と想定される災害
    • 災害の基礎知識
  5. 「避難行動計画」に掲載したい内容について 資料5(PDF:60KB)
    • 避難行動計画(概要版)のイメージ
    • 過去の災害体験や区の災害特性等を踏まえ、避難について、市民として「知りたいこと」「不安なこと」、市民に「知らせたいこと」などを考えます。
    • 各自の意見を出し合い、参加者で意見を共有します。
  6. 次回の予定(現地調査について)
    • 次回(現地調査)の案内と調査場所について意見交換

要旨

【日時】 平成24年5月10日(木曜日)午後2時~4時

【場所】 西区役所

1 概要・要旨

  • 策定会議の目的と全体スケジュールの確認する
  • 区の災害特性と災害の基礎知識について知る
  • 「避難行動計画」に掲載したい事項について検討する
  • 第2回策定会議は、平成24年6月7日(木曜日)午前9時30分~正午に開催

2 避難行動計画に掲載したい事項

[1]災害の基礎知識

  • 正確な地震予測
  • 津波到達時間
  • 津波の想定浸水高
  • 津波の浸水経路(河川の遡上)
  • 地震と津波の連動性

[2]その他の知識

  • 季節、時間帯による交通量(避難ルートが通れない可能性あり)
  • 各家庭における備蓄品
  • 緊急時の持ち出し品
  • 自主防災隊の機能(災害発生時の自主防災隊の対応方法)
  • 家庭内における避難経路の設定方法(安全な避難経路の選び方)

[3]意識啓発

  • 一人ひとりの避難計画を作成する
  • 近隣との話し合い

[4]情報収集・伝達

  • 迅速な避難情報伝達の体制
  • 津波情報の伝達方法
  • 情報の種類

[5]発生前の減災の方法

  • 高い場所への移転の周知
  • 家具固定化による人命の確保
  • 減災方法

[6]災害発生後の対応

  • 地震発生後の避難のタイミング
  • 地震発生時にとるべき行動ポイント
  • 災害別の避難方法(徒歩、自動車、車いす等)

[7]防災マップ

  • 化学薬品等の危険物の所在地表示
  • 精度の高い(最新被害想定を用いた)ハザードマップ

[8]高齢者・要援護者の対応

  • 災害弱者の支援

[9]今後の課題(ソフト対策)

  • 災害本部立ち上げまでの対策
  • 避難所の運営方法
  • 被災した際の支援・援護

[10]今後の課題(ハード対策)

  • 海岸の高潮対策
  • 高潮対策のための土砂確保(土嚢用)
  • 保船による2次災害の防止
  • 津波避難ビル等の避難地の確保
  • ライフジャケット等の設備の充実
  • 埋立地の対策(液状化の防止)
  • 避難所の耐震化
  • 落橋防止策

3 保留・課題となった事項

[1]避難行動計画について

  • 今後発表される想定津波高などの情報を本計画へ反映する。
  • 市民が親しみを持てる名称(冊子タイトル)を検討する。
  • 各地区での活用を大前提として本計画を策定する。

[2]第2回策定会議について

  • 第2回策定会議の現地調査は、事務局案に新たな候補地として新川周辺や舘山寺などを加えてルートを再検討する。

話し合いにより作成した模造紙の写真

各区の策定会議の進行状況

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所危機管理監危機管理課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2537

ファクス番号:053-457-2530

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?