緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2019年7月25日

備蓄について

そうだ!!「携帯トイレ」も備蓄しよう!

災害時に備えた食料、飲料水の備蓄は少しずつ浸透してきましたが、「携帯トイレ」の備蓄も忘れてはいけません。生きる上で、食べること飲むこと「排せつすること」はセットです。もし、水道が止まってしまったら、いつもの様に水を流すことができませんし、下水道が破損した場合には、水を流しても排せつ物が流せなくなる場合もあります。トイレを気持ち良く使うことができないと、体調を崩したり、災害関連死につながる可能性もあります。あなた自身と家族を守るため、「携帯トイレ」も備蓄しましょう!

チラシ「そうだ!!「携帯トイレ」も備蓄しよう!」(PDF:1,715KB)(別ウィンドウが開きます)を参考に携帯トイレの備蓄について考えてみましょう。

災害時の備蓄は「食べ慣れた食品」も活用しましょう!

大規模地震直後は、物流がストップすることが予想されます。家庭で1週間分程度の水、食料の備蓄を用意しましょう。とはいえ、1週間分の備蓄を用意するのは大変です。災害時の備蓄は「食べ慣れた食品」も活用しましょう!

静岡県が平成27年度に行ったアンケート調査では、備蓄をしていると回答した世帯は85%ですが、7日分の備蓄をしている世帯は6.3%という状況です。普段からの買い置きやローリングストック(回転備蓄)を習慣づけて、大規模災害に備えましょう!

自宅での生活継続に向けて

チラシ「災害時の備蓄は「食べ慣れた食品」も活用しよう!」(PDF:2,156KB)を参考に備蓄食料について考えてみましょう。

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所危機管理監危機管理課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2537

ファクス番号:053-457-2530

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?