ここから本文です。

更新日:2020年11月6日

耐震補強工事

木造住宅耐震補強助成事業

補助対象

昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅

  • 建物の一部が木造以外の場合は、対象とならないことがあります。
  • 1敷地につき1棟のみの申請となります。2棟以上の申請はできません。

現況の一階上部構造評点を0.3ポイント以上向上させ、かつ1.0以上にする耐震補強工事

静岡県耐震診断補強相談士が在籍する建築士事務所が作成した補強計画に基づき、浜松市木造住宅耐震補強助成事業施工事業者に登録した事業者が施工する耐震補強工事

補助金額

耐震補強工事に要する費用に対して1敷地あたり次の表の区分による補助金額を上限とする。

(※1)高齢者同居世帯等・・・所有者が居住し、以下のいずれかを満たす世帯

 [1]65歳以上の者が居住
 [2]身体障害者手帳の交付を受けている者が居住
 [3]中学生以下の者が居住

(※2)高齢者のみ世帯等・・・所有者が居住し、以下のいずれかを満たす世帯

 [1]65歳以上の者のみが居住
 [2]身体障害者手帳の交付を受け、身体障害程度等級が1級又は2級の者が居住
 [3]介護保険法による要介護者又は要支援者が居住
 [4]療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者が居住

 

(※3)耐震補強のPRを行う住宅・・・以下の必須条件及び選択条件を満たすもの

 [1]必須条件・・・工事期間中に耐震補強PR看板を設置するもの
 ※「耐震補強PR看板」とは、浜松市において登録施工事業者に貸与しているもの
 [2]選択条件・・・以下のいずれか1つ以上を実施
 ・工事期間中に現場見学会を実施するもの
 ・工事完成後に完成見学会を実施するもの
 ・工事完成後に住宅所有者等が耐震補強工事を実施するきっかけを記載した文書及び耐震補強工事後の住宅の写真を浜松市に提出するもの

 

(※4)在宅避難対応住宅・・・以下の全てに該当するものをいう。

 [1]新型コロナウイルス感染症に関して重症化リスクの高い者が居住するもの
 [2]補強前の1階のIw値が0.7未満のもの
 [3]補強後の1階のIw値を1.2以上又はそれと同等以上の効果が認められるもののとするもの
 [4]寝室、居間にある家具で、寝る場所、座る場所、出入口周辺に転倒する可能性のある家具の固定を行うもの(家具の固定を既に実施している場合は、家具の固定を行うものとみなす。)
 [5]耐震補強のPRを行う住宅であるもの

(※1、2、4については、借家は対象外です。)

手続き・書類

申請手続き・申請書類について

注意事項

補助制度を利用する場合は、事前に申請手続きが必要となります。手続きをする前に施工事業者と契約等を進めてしまった場合は、補助の対象となりません
また、この補助を利用するには、『浜松市木造住宅耐震補強助成事業施工事業者名簿』に登録している事業者に工事を依頼する必要があります。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所都市整備部建築行政課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2471

ファクス番号:050-3730-5234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?