緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 手続き・くらし > 浜松市の上下水道 > 水質情報【浜松市の上下水道】 > 水道 > 浜松市の水道水等について(水道水及び浄水汚泥の放射性物質測定結果)

ここから本文です。

更新日:2021年2月1日

浜松市の水道水等について(水道水及び浄水汚泥の放射性物質測定結果)

浜松市上下水道部では水道水及び浄水汚泥の放射能濃度を測定しています。

水道水

平成23年11月14日に測定を開始して以降検出されていません。

令和3年1月29日分測定結果

検体名

放射性セシウム-134

放射性セシウム-137

大原浄水場

不検出

不検出

不検出とは検出下限値未満であることを示します。

<検出下限値>

  • 放射性セシウム-134:1.0Bq/kg
  • 放射性セシウム-137:0.7Bq/kg

平成24年4月1日より、水道水中の放射性セシウムの管理目標値は10Bq/kgです。

浄水汚泥(水道水をつくる過程で発生するもので、川の水に含まれる「にごり成分」を凝集沈殿し、脱水させたもの)

令和3年1月29日分測定結果

検体名

放射性セシウム-134

放射性セシウム-137
浄水汚泥 不検出 不検出

不検出とは検出下限値未満であることを示します。

<検出下限値>

  • 放射性セシウム-134:5.8Bq/kg
  • 放射性セシウム-137:5.7Bq/kg

脱水汚泥等の放射性セシウム濃度が、8,000Bq/kg以下の場合には、管理型処分場に直接埋立処分が可能とされています。

【参考】水道水等の放射能に関するQ&A

 

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所上下水道部浄水課

〒433-8102 浜松市北区大原町50

電話番号:053-436-1307

ファクス番号:053-437-7928

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?