ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 学芸員資格取得のための博物館実習について

ここから本文です。

更新日:2020年3月10日

学芸員資格取得のための博物館実習について

博物館実習とは

当館では、学芸員資格の取得をめざす学生のために、博物館法施行規則第1条に定められた博物館実習を行っており、毎年各大学からの実習生を受け入れています。

令和2年度博物館実習生の受け入れについて

別添の「博物館実習実施要綱」の受入条件に該当する学生を受け入れます。(定員に達したため、受付を終了します)

博物館実習実施要項(PDF:322KB)

実習期間

令和2年8月3日(月曜日)~8日(土曜日)6日間

実習期間は6日間を基本としますが、日数は大学の指定により増減可能です。

浜松市内の大学とは、日程・実務内容(カリキュラム)について協議することができます。

募集人員

12名(同一大学は2名まで)

募集期間

実習を希望する学生は、令和2年1月上旬から3月末までに当館の内諾を得てください。定員に達した場合、募集期間であっても受付を終了します。

内諾を得た学生は大学へ、実習受け入れのための依頼文書を提出するように依頼してください。

大学からの正式文書による実習依頼は、令和2年4月1日から4月30日までの間に受付します。

大学からの正式な実習依頼の提出をもって受け入れ受諾とします。

受入条件

大学において、学芸員養成課程に関する単位を取得または履修中の学生に限ります。実習参加時点で博物館法施行規則第1条に定める博物館に関する科目の単位を取得済もしくは取得見込みの学生で、未履修の者は認めません。さらに以下の条件を満たし、大学事務局からの依頼を受けた学生を受け入れます。

  1. 実習期間における居住地または滞在拠点(帰省先)から無理なく通勤できる学生。(県西部・愛知県東部の大学へ通学する学生もしくは、本市を含む県西部出身の学生を原則とします。)
  2. 大学の指定する実習日数について、原則すべて参加すること。
  3. 当館の運営・諸事業について前向きに参画すること。
  4. 実習期間中、災害障害保険・賠償責任保険等へ必ず加入すること。
  5. 当館が地域史を主とする歴史系博物館であることを承知していれば、専攻は問いません。

 

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?