緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 観光・魅力・イベント > 文化・芸術 > 浜松市博物館 > 令和3年度博物館の逸品まちかど陳列事業 参加事業所・参加団体募集

ここから本文です。

更新日:2021年4月16日

令和3年度博物館の逸品まちかど陳列事業 参加事業所・参加団体募集

浜松市博物館が収蔵している逸品を、民間施設も含めて広く一般市民の利用が見込まれる場所へ一定期間陳列します。

展示場所は、公会堂・店舗内・銀行ロビー・企業ギャラリーなども候補です。地域の歴史学習、イベントなどに合わせてご利用ください。

資料および機材の運搬は、浜松市博物館が行います。

展示資料

浜松市博物館所蔵資料のうちから数点~数十点。

開催地域や主催者側事業主旨に沿った資料をご提案することもできます。

展示期間 令和3年度のうちで、1日間~4週間程度(希望により長短は応じます)。
開催件数 5ヶ所程度を予定。
開催条件 期間中に一般の人びとの来場が見込まれる場所。

開催時間中に常に主催者側が常駐するか、確実な監視があること。

開催が複数日にわたる場合は、夜間警備または確実な施錠施設に限ります。

この事業の開催にあたっては、入場料等を加算しないこと。

備考 展示ケースは、博物館側でも用意できます。会場の確保・開閉場は、主催者側で行ってください。
応募要件 浜松市博物館まで直接お問い合わせください。
審査 内容を調整し、可能な範囲で実施する予定です。事業の採否につきましては、直接お知らせします。

 

むかしの道具

むかしの道具

なつかしい写真

なつかしい写真

これまでの陳列状況

これまでの陳列状況

これまでの陳列状況2

これまでの陳列状況

 

留意事項

博物館の所蔵する資料のうち、国・県・市指定文化財以外を対象とします。

資料はケース内に展示し、手を触れないことを原則とします(写真パネルや体験資料等の貸出はこの限りではありません)。

期間や展示場所によって陳列できる資料に制約が生じることがあります。採択後、当館職員と事前に打合せをお願いします。

期間中の有人監視は主催者側(申込み者)にお願いいたしますが、展示解説や出前講座などで博物館職員が出張することは可能です。

この事業を、他の行事(主催者側が計画する行事)の一部門として開催することも可能です。

展示終了後は、来場者数の報告をお願いします。

連絡先

〒432-8018浜松市中区蜆塚四丁目22-1

浜松市博物館 逸品まちかど陳列事業担当

電話 053-456-2208

ファクス 053-456-2275

mail hamahaku@city.hamamatsu.shizuoka.jp

 

浜松市博物館トップページへもどる

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部博物館

〒432-8018 浜松市中区蜆塚四丁目22-1

電話番号:053-456-2208

ファクス番号:053-456-2275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?